アオリイカの釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    富津岬の北側に位置するこじんまりとした漁港。西側の埋立地には、車で乗り入れと駐車が可能。

  • 釣り場写真

    内房有数の大型港。東京湾の口部に近いため非常に潮通しが良く、シーズン問わず多くの魚種が釣れる事で知られる。港の東側は多くが立入禁止区域となっているが、西側だけでも十分な釣りスペースがある。もともと干潟だった場所を埋め立てて作られた港のため、根が少ないのも嬉しい。

  • 釣り場写真

    鳥居崎公園は木更津港の脇に位置し、市民プールや広場などがある。お土産物屋や食事処もあるため、ファミリーフィッシングにもってこいのポイントだ。大きな駐車場が護岸のすぐそばにあるのも嬉しい。

  • 釣り場写真

    浜金谷港は東京湾を横断するフェリーの発着場でもある。海底は基本的に砂地だが、堤防の外側がテトラになっているのでこの周辺に魚が居着いている。砂利を積んだ大型の船などが行き来するので、水深があり、型狙いで入釣する釣り人も多い。周辺施設は充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真

    金谷港は、クロダイ釣りの名所として地元の釣り人に知られている。金谷川の河口があるので汽水域の魚を狙うこともできる。堤防はどれも外海に面する側がテトラ帯になっているのでこの周辺に魚が居着いている。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • 釣り場写真
    龍島港 エリア:安房

    龍島港は左右を砂浜に囲まれた港で、海底は岩礁帯である。港内左手に位置し、沖に向かって延びる堤防はこの釣り場の中で最も人気の高いポイントであるが、入釣が制限されており、15:00〜翌7:00は入釣することができない。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    勝山港 エリア:安房

    勝山港は湾奥に位置する静かな漁港で、風や波の強い日でも安心して竿を出すことができる釣り場。しかし堤防の外側はテトラが敷き詰められており、港内はギョッ線が多く係留されているので、竿を出せるところは限られる。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 釣り場写真
    岩井袋港 エリア:安房

    岩井袋港は西ヶ崎の南側、深く切り込んだ入江の奥に位置する漁港。一帯は岩礁帯で水深もそこそこある。シロギス狙いの釣り人が多かったが最近はエギンガーも多く訪れる。周辺施設は駐車場があるくらいなので、入釣の際は必要な物を準備しておきたい。

  • 釣り場写真
    富浦新港 エリア:富浦

    富浦新港は大房岬の付け根にある漁港で、周囲の漁港と比べてテトラが敷き詰められているところが少なく、竿を出せるところが多いのが特徴。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真
    丸山堤防 エリア:館山

    丸山堤防は中級者以上向けの釣り場であり、堤防の先端付近は満潮時に水没するほか、中腹以降は傾きのある足元に苦しむことになる。入釣経路は住宅地を通ることになるためくれぐれもマナー違反をしないこと。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真
    築港堤防 エリア:館山

    築港堤防は湾の奥に位置する堤防で、湾に位置していながら潮通しが良い。水深もそこそこあるので、堤防釣りを充分に楽しむことができるが、駐車スペースが限られるので休日でも釣り客はそこまで多くない。主な釣り場はやはり堤防の周辺で、その他は常時船が係留されているので竿を出すのはおすすめしない。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 釣り場写真
    沖ノ島護岸 エリア:館山

    沖ノ島護岸は海上自衛隊舘山航空基地を囲む護岸帯。沖ノ島への入口に車を横付けできることもあり、多くの釣り客で賑わう。護岸の足元は石積みがあり、竿一本分むこうまでは石積みが沈んでいる。それから先は岩礁帯、更にその先は砂地が混じる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 釣り場写真

    大小7つの漁港、堤防からなる釣り場で、最近拡張された浜田堤防以外は規模の小さな堤防。国道からやや離れていることもあり、地元の釣り人が多い。一帯の海底は岩礁混じりなどで魚影が濃い。アマモが繁茂するので釣りづらい時期もある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり非常に充実している。

  • 釣り場写真

    乙浜港は南房でも有数の規模の大きな漁港で、通年で釣り客が訪れる超人気フィールド。港内の水深は6mほどで、船道が2本あるのため潮通しも良い。様々な魚種をターゲットにでき、広い駐車場とトイレが整備されており、また近くに釣具店があるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 釣り場写真

    南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 釣り場写真
    天津港 エリア:鴨川

    外房でも有数の規模の大きな漁港で、最寄り駅から徒歩で10分ほどしか離れていないこともあって、人気の釣り場である。足場の良い堤防、磯場があるなど、釣り場としてはバリエーションに富んでいるのが特徴。広い堤防には車の乗り入れも可能だ。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。家族連れの釣り客も多い。

  • 釣り場写真

    「寄浦港」は人気の高い釣り場であったが、テトラから釣り人が転落する事故が相次ぎ、現在は場所によってはフェンスが張ってあり、入釣することができない。「小湊港」は禁漁区や船が多く係留されていることもあって、竿を出せる場所が少ない。「ルアー禁止」、「エギング禁止」などの注意書きがされていることもあり、制限がなのかと多い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    松部港 エリア:勝浦

    松部港は背後を小高い山に囲まれているため、強風時の貴重な逃げ場である。よほどの強風出ない限り基本的に竿を出すことができる。最近の工事でテトラが敷き詰められてしまい、竿を出せるところが少なくなってしまったが、休日になると多数の釣り人が押し寄せる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

  • 釣り場写真

    かつてそれぞれ別々の港であったが拡張工事の繰り返しによって現在はひとつの港として機能しているようだ。いずれも浅い岩礁帯の上に立地しており、堤防ながら磯物が狙えることで人気が高い。テトラ周りで食ってくることが多いので、ハリスを太めにして、強引なやりとりに備えよう。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP