ギンガメアジ(メッキ)の釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    保田港、吉浜埋立地の周辺には漁協直営のレストランや、24時間営業の入浴施設、道の駅、観光施設などがあり、釣り人だけでなく一般のお客さんもよく訪れる。保田港港内自体は釣りが制限されているので留意しておこう。周辺施設にはトイレ、駐車場があり、食堂なども充実している。

  • 釣り場写真

    南房最大の漁港で、「千倉港」、「平舘港」が合わさった形で立地している。赤灯台の下周辺以外は基本的にどこからでも竿を出すことができる。どこでも車を横付けして釣りができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。周辺の港で釣り人の残すゴミが問題になり、入釣が制限されているゲースがあるので、マナー違反はしないこと。

  • 釣り場写真
    松部港 エリア:勝浦

    松部港は背後を小高い山に囲まれているため、強風時の貴重な逃げ場である。よほどの強風出ない限り基本的に竿を出すことができる。最近の工事でテトラが敷き詰められてしまい、竿を出せるところが少なくなってしまったが、休日になると多数の釣り人が押し寄せる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

  • 釣り場写真
    勝浦港 エリア:勝浦

    勝浦港は日本有数のカツオの水揚げ量を誇る漁港である。最近の工事で竿を出せるところは少なくなってしまったが依然として外房を代表する人気の釣り場である。現在釣りが楽しめる場所は魚市場前の護岸、と堤防周辺に限られる。周辺施設日は駐車場とトイレがあるが近くに釣具店はないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    飯岡港は広大な漁港で、しらす漁や沖釣りの基地として知られている。通年で色々な魚をターゲットに出来るので人気の高い釣り場である。この港は、シケ日よりもナギの方が調子がよいのが特徴。海底の様子がコロコロ変わるので、海底の様子を充分に観察してのぞたい。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP