ヒラメの釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真
    富浦新港 エリア:富浦

    富浦新港は大房岬の付け根にある漁港で、周囲の漁港と比べてテトラが敷き詰められているところが少なく、竿を出せるところが多いのが特徴。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真

    大小7つの漁港、堤防からなる釣り場で、最近拡張された浜田堤防以外は規模の小さな堤防。国道からやや離れていることもあり、地元の釣り人が多い。一帯の海底は岩礁混じりなどで魚影が濃い。アマモが繁茂するので釣りづらい時期もある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり非常に充実している。

  • 釣り場写真
    勝浦港 エリア:勝浦

    勝浦港は日本有数のカツオの水揚げ量を誇る漁港である。最近の工事で竿を出せるところは少なくなってしまったが依然として外房を代表する人気の釣り場である。現在釣りが楽しめる場所は魚市場前の護岸、と堤防周辺に限られる。周辺施設日は駐車場とトイレがあるが近くに釣具店はないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    大原港 エリア:いすみ市

    周辺地域に規模の大きな漁港がいくつかあるが中でも最大級に規模の大きな漁港。ターゲットに出来る魚種も豊富で、足元も安定しており、さらには車を横付けできることから非常に人気の高い釣り場である。ヒラメなどのうれしい外道があたることもある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    広大な九十九里地域にあるフィールドで、サーフ、堤防などがあり、各種釣法で楽しむことができる。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。ところどころに離岸流があり、海に落ちたら沖に向かって流されてしまうので注意が必要。

  • 釣り場写真

    広大なフィールド。浜からはいくつかの突堤が沖に向かって突き出している。水深が場所によってまちまちで、釣りにならないところもあるので、海底の様子をよく観察したい。車を横付けできないところも多いので、自転車を持参している釣り人も多い。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • 釣り場写真

    ヨットハーバーの建設にともなって新しくできた堤防で、東日本大震災の影響で工事が進んでいるところもあり、竿を出せないところが多い。潮通しが良いのが特徴で水深は深い所で7mほど。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    犬若港 エリア:銚子

    犬若港は沖に向かってのびる長大なテトラ堤があるのが特徴。堤防の中腹には周辺でも屈指の磯釣り場がある。潮通しが能く、水深があるので魚種が豊富でm魚影も濃いのが特徴。水温が高い活性があがり、エサ取りに悩まされるのが難点である。周辺施設には駐車所があるくらいなので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    遊漁船基地として能く知られている漁港とその近くにある堤防は魚種が大変豊富で活性が高いのが特徴。テトラや根など海底が変化に飛んでいるのが特徴。周辺施設には駐車場とトイレがあるが釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    銚子外港 エリア:銚子

    銚子外港は広い護岸帯を有しており、車が横付けできることもあって、人気の釣り場だ。付近には河口があり、汽水域の魚を狙うこともできる。イワシからヒラメ、マゴチまで多彩な魚種をターゲットにできる優良な釣り場である。周辺施設には駐車場があるくらいで、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP