サヨリの釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    内房有数の大型港。東京湾の口部に近いため非常に潮通しが良く、シーズン問わず多くの魚種が釣れる事で知られる。港の東側は多くが立入禁止区域となっているが、西側だけでも十分な釣りスペースがある。もともと干潟だった場所を埋め立てて作られた港のため、根が少ないのも嬉しい。

  • 釣り場写真

    千葉港の北側に位置し、天気の良い日には展望台から富士山やスカイツリーなどが臨める袖ヶ浦海浜公園。主なターゲットは、シロギスやサヨリ、メバルなどで、春には江戸前の味アオヤギが採れる。

  • 釣り場写真

    JR長浦駅から程近い場所にある商業港。長浦港とは通称で周囲の道路標識には袖ヶ浦港と表記されている。駅側は立入禁止となっており、沖側の舗装されていない場所が釣り場となる。釣り場まで車で乗り入れる事が出来るのが嬉しい。

  • 釣り場写真

    千葉県内唯一となる海釣り施設。市原市営の施設で、釣具の販売・レンタルやレストランなど設備も充実している。釣り場には手すりが設置されており、指導員が釣りの技術指導をしてくれるため、初心者・ファミリーでも安心して楽しむことが出来る。

  • 釣り場写真

    千葉港内で唯一の釣り場である中央埠頭は、夜景スポットとして有名な千葉ポートタワーから程近い場所にある整備された護岸。柵がしっかりと設置されているので、子供連れでも安心して楽しむことが出来る。

  • 釣り場写真

    東京ディズニーリゾートの東側にある浦安電波塔の周囲は、潮通し抜群の好漁場。埋立地のため、潮位が低い時は海底に沈められた敷石が露出してしまうので、護岸からでは釣りにならない。

  • 釣り場写真
    富浦新港 エリア:富浦

    富浦新港は大房岬の付け根にある漁港で、周囲の漁港と比べてテトラが敷き詰められているところが少なく、竿を出せるところが多いのが特徴。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。

  • 釣り場写真
    沖ノ島護岸 エリア:館山

    沖ノ島護岸は海上自衛隊舘山航空基地を囲む護岸帯。沖ノ島への入口に車を横付けできることもあり、多くの釣り客で賑わう。護岸の足元は石積みがあり、竿一本分むこうまでは石積みが沈んでいる。それから先は岩礁帯、更にその先は砂地が混じる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 釣り場写真

    大小7つの漁港、堤防からなる釣り場で、最近拡張された浜田堤防以外は規模の小さな堤防。国道からやや離れていることもあり、地元の釣り人が多い。一帯の海底は岩礁混じりなどで魚影が濃い。アマモが繁茂するので釣りづらい時期もある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり非常に充実している。

  • 釣り場写真

    根本港は以前まで規模の小さな漁港であったが最近拡張故事がなされたので、規模が大きくなった。この港の周囲は岩場が多く投げ釣りには向かないが、海底が岩礁帯なので堤防から磯物を狙えることができるということで人気の高い釣り場だ。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    砂取港は浅い海岸に作られた漁港で、海底は岩礁帯。港内外ともに水深が浅いので、濁りが入りやすい。港は3本の堤防があるが左手の堤防は途切れ途切れになっており入釣できない。釣り場は車を寄せやすいこともあり、家族連れの釣り客が多く入釣する。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    比較的穏やかな海外線の中でも磯がちな漁港で、周囲が小島や岩で覆われている。港内の右側には駐車スペースがあるが、基本的には漁港関係者のためにも整備されているので、迷惑駐車には気をつけたい。漁業関係者方の迷惑になるような行為は慎むこと。

  • 釣り場写真
    原港 エリア:白浜・千倉

    原港は砂場と岩場のちょうど境目に気づかれた規模の小さな漁港で、海水浴場と隣接している。西側は凹凸のある岩場になっているのが特徴。潮通しがよく、外海の荒れる日は実績が高い。周辺施設には駐車場があるだけだ。

  • 釣り場写真

    乙浜港は南房でも有数の規模の大きな漁港で、通年で釣り客が訪れる超人気フィールド。港内の水深は6mほどで、船道が2本あるのため潮通しも良い。様々な魚種をターゲットにでき、広い駐車場とトイレが整備されており、また近くに釣具店があるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    道の駅「千倉潮風王国」の両脇にそれぞれ「大川港」、「千田港」が立地している。「大川港」は磯に囲まれているので、釣りをする人はこの磯場に入釣する。「千田港」は付近一帯でも大型の漁港であるが、堤防の先端は釣りが禁止されているので意外にも竿を出せるところが少ない。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 釣り場写真

    南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 釣り場写真

    南房最大の漁港で、「千倉港」、「平舘港」が合わさった形で立地している。赤灯台の下周辺以外は基本的にどこからでも竿を出すことができる。どこでも車を横付けして釣りができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。周辺の港で釣り人の残すゴミが問題になり、入釣が制限されているゲースがあるので、マナー違反はしないこと。

  • 釣り場写真

    白子港は南房の岩礁エリアに立地する漁港だが港の北側は長い砂浜があり、港内は砂地と岩礁帯が入り混じっている。白子港は港内に車を乗り入れることができない上、近辺に駐車スペースはない。迷惑駐車は控えよう。周辺施設には駐車場(期待できない)とトイレがある。

  • 釣り場写真

    和田港は以前は複数あった漁港が統一されたもので、イシダイやサヨリの名所として知られている。港の堤防の外側はテトラ帯になっており、この周辺は魚影が非常に濃い。港内は基本的に砂地で各種小物釣りを楽しむにはよいポイントである、周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店がある。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP