メバルの釣れる千葉の釣り場

  • 釣り場写真

    富津岬の北側に位置するこじんまりとした漁港。西側の埋立地には、車で乗り入れと駐車が可能。

  • 釣り場写真

    海岸の埋め立て工事の際に作られた運河。夏場の日中には付近の良型のハゼが数多く上がる。

  • 釣り場写真

    木更津港は、アクアラインの開通まで川崎との間をカーフェリーが行き来していた場所。大型船向けに作られた港のため、周囲に比べて水深があり、良型のハゼが多く釣れる。車で釣り場すぐそばまで乗り入れることが出来、場所によってフェンスが設置されているので、子供連れでも安心して釣りを楽しめる人気のスポット。

  • 釣り場写真

    東京湾に造られた大型の沖堤防郡。木更津港から渡し船を利用して移動する。一つ一つの堤防は数百メートル以上の長さがあり、3人並んで歩けるほど幅もあるため、ライフジャケットを着ければ安心して釣りを楽しめる。魚種も豊富でクロダイやメバル、カサゴ、カワハギなどを中心に様々なターゲットが狙える。

  • 釣り場写真

    千葉港の北側に位置し、天気の良い日には展望台から富士山やスカイツリーなどが臨める袖ヶ浦海浜公園。主なターゲットは、シロギスやサヨリ、メバルなどで、春には江戸前の味アオヤギが採れる。

  • 釣り場写真

    JR長浦駅から程近い場所にある商業港。長浦港とは通称で周囲の道路標識には袖ヶ浦港と表記されている。駅側は立入禁止となっており、沖側の舗装されていない場所が釣り場となる。釣り場まで車で乗り入れる事が出来るのが嬉しい。

  • 釣り場写真

    クロダイの落とし込み釣りの名所として知られる長浦突堤は3本の堤防の総称。南の長浦港寄りから第一、第二、第三堤防という呼び名がつけられており、それぞれに違った魅力がある。企業の敷地に囲まれており陸から直接ではなく、渡し船を利用して移動する必要がある。

  • 釣り場写真

    姉ヶ崎港は国道16号線に面した小型船向けの小規模港。堤防内に車で乗り入れ、駐車する事ができる。堤防内が混雑している場合は、16号側の護岸にも駐車可能。

  • 釣り場写真

    千葉県内唯一となる海釣り施設。市原市営の施設で、釣具の販売・レンタルやレストランなど設備も充実している。釣り場には手すりが設置されており、指導員が釣りの技術指導をしてくれるため、初心者・ファミリーでも安心して楽しむことが出来る。

  • 釣り場写真

    養老川河口の北に位置する五井沖堤は、陸つづきの市原堤防と沖合にある五井堤防の2つからなる。市原堤防は陸つづきだが、東電の発電所敷地内に繋がっているため、渡し船を利用する必要がある。位置としては市原港が近いものの、渡し船は千葉港から出ている。

  • 釣り場写真

    千葉港内で唯一の釣り場である中央埠頭は、夜景スポットとして有名な千葉ポートタワーから程近い場所にある整備された護岸。柵がしっかりと設置されているので、子供連れでも安心して楽しむことが出来る。

  • 釣り場写真

    東京ディズニーリゾートの東側にある浦安電波塔の周囲は、潮通し抜群の好漁場。埋立地のため、潮位が低い時は海底に沈められた敷石が露出してしまうので、護岸からでは釣りにならない。

  • 釣り場写真

    下州港は宮津岬の南側に位置する、規模の大きな漁港。港内には数本の突堤がある。基本的に港内は砂地で、左右には埋立地がある。テトラ帯が多いのでこの周辺を狙うことになる。場所によっては足場が悪いので注意が必要である。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 釣り場写真

    大貫港は宮津岬の南側に位置する中規模の漁港。突堤がいくつもあり、釣り座が豊富にある。足場も良いので地元の釣り人が多い。港内は水深が底まで泣く、砂地。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 釣り場写真

    新舞子堤防はおよそ7kmに渡る砂浜で、浜からは2本の突堤が延びている。場所によっては沖にテトラが沈められており、この周辺では投げ掛かりに注意する必要がある。周辺施設には駐車場、コンビニ、釣具店があり割と充実している。

  • 釣り場写真

    竹岡港は全体的に浅瀬の釣り場で、付近に駐車場がないため、訪れる釣り人が少なく、のんびりと釣りが楽しめる釣り場。左手には白狐川の河口があり、汽水域の魚が多く棲み着いている。周辺施設はほとんどなにもないに等しいのであらかじめ必要な物を準備してから入釣しよう。

  • 釣り場写真

    萩生港は浅瀬につくられた漁港で、海底は砂地混じりになっている。浅瀬なので大潮・満潮などのタイミングで入釣すると釣果が望める。この釣り場は竹岡駅から徒歩で5分のところに立地していることもあり、連日釣り人の姿が絶えない。周辺施設には駐車場があるくらいなので、必要なものを準備してから入釣しよう。

  • 釣り場写真

    新田浦港は現在は漁港としては使われていない港。海底は砂地混じりで、藻場がたくさんあり、この周辺に多くの魚が居着いている。一部堤防が古いせいで満潮時には水没するポイントがあるが、全体的には足場が安定しているので家族連れの釣り人も多い。周辺施設はほとんどなにもないので、必要な物は準備してから入釣しよう。

  • 釣り場写真

    浜金谷港は東京湾を横断するフェリーの発着場でもある。海底は基本的に砂地だが、堤防の外側がテトラになっているのでこの周辺に魚が居着いている。砂利を積んだ大型の船などが行き来するので、水深があり、型狙いで入釣する釣り人も多い。周辺施設は充実しており、駐車場、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真

    金谷港は、クロダイ釣りの名所として地元の釣り人に知られている。金谷川の河口があるので汽水域の魚を狙うこともできる。堤防はどれも外海に面する側がテトラ帯になっているのでこの周辺に魚が居着いている。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP