マツカワガレイの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    本別漁港 エリア:函館

    本別漁港は投げ釣りの人気ポイント。港内には「本別川」が流れ込み、そこそこ魚の寄りがよろしい。チカをメインに狙う人も多く、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    沼尻漁港 エリア:函館

    沼尻漁港は最近の工事で外防波堤が港口を覆うようにできあがってしまったので、魚の入りに影響がありそうだが、訪れる釣り人のほとんどがチカ狙いなのであまり影響はなさそうである。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    白老港 エリア:室蘭

    白老港は1.5kmの長大な「東防波堤」が特徴的な釣り場。シーズンをすぎるとあまり釣れないので釣り人は少ないが、最盛期は釣り人でごった返す。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真
    富浦漁港 エリア:室蘭

    富浦漁港は胆振エリアの中でも比較的小規模の漁港で、堤防が一本のびているだけのシンプルなつくりをしている。この釣り場はターゲットが豊富で、チカなどの小物を始め、カレイ類、底物類が釣れる。釣り場の近くに駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    富浜漁港 エリア:苫小牧

    富浜漁港は近くに好釣り場の砂浜があるので、漁港自体に訪れる釣り人が少ない。港内は水深があまりないので、魚の入りがよろしくない。数、サイズもあまり期待できない。釣り場の近くに駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    門別漁港 エリア:苫小牧

    門別漁港は3月の冬枯れの時期を除けば釣り人の姿が絶えることのない人気スポット。日高エリアの中では小規模の港だ。最近は札幌から遠征してくる釣り客が増えたらしい。釣り場の近くには駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    鷲別漁港 エリア:室蘭

    鷲別漁港は登別市にある港で、規模は中規模。地元の釣り人の間ではマツカワガレイの好釣り場として認知されている。釣り場の近くに駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    伊達海岸 エリア:室蘭

    伊達海岸は「駅裏」のポイントが釣り番組に取り上げられるようになってから人気があがってきた釣り場だ。主な狙い者はカレイ類などの平もの。どこからでも釣れるとあって、初心者にもおすすめの釣り場だ。釣り場の近くに駐車できるスペースがあるが、トイレはない。近くにコンビニがあるのでこまったときはそちらを利用しよう。

  • 釣り場写真

    フィハップ海岸はなかなか個性的な名称の釣り場だ。地元の釣り人の間ではアブラコとカジカの有望ポイントとして知られている。 周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    シノダイ岬はなかなかフィハップ海岸の左側に位置している岬地形のフィールド。地元の釣り人の間ではアブラコとカジカの有望ポイントとして知られている。周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP