ホッケの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真

    弁天島は温泉客や観光客が立ち寄る景勝地としても知られている。島の周辺は温排水の影響で冬場でもそこそこ水温があるので型が安定する傾向にある、周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    兜千畳敷は柏原発の温排水の影響で一年中魚の寄りがよい。カレイ類は真夏の8月以外はほとんど一年中を通して狙うことができる。この釣り場は磯場の中では比較的足場がよいので、初心者でもおすすめの釣り場である。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    江ノ島海岸は昔からアメマス釣りの好釣り場として知られてきた。シーズン中はルアーとそれからフライフィッシャーマンでごった返す。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大平海岸は河口の位置が変わりやすいので、年によって釣り座の位置がころころ変わるのが特徴である。主な釣り物はカレイ類などの底物が中心になる。釣り場の周辺には釣り人が利用できる駐車スペースがあり、トイレもあるので女性、子供を連れての釣行も心強い。歩いていける距離にコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    鷹ノ巣岬は大型のマガレイが釣れることで知られている釣り場である。釣り場のキャパシティは最大で10名ほどなので。磯場の割には足場も安定しており、海底は砂地。初心者でも十分楽しめるだろう。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    太櫓漁港はファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い釣り場。船の出入りがあまり多くないので、安心して竿を出すことができる。周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    ツラツラ岬は北海道を代表する好釣り場のひとつである。周辺は道立自然公園にも指定されていて、荘厳な雰囲気が漂う。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    鮎川海岸は冬から春にかけてのマス釣りで有名な好釣り場。両側を河川に囲まれているので、魚の寄りが大変よろしい。遠瀬の釣り場で、深くても水深は5メートルほどである。周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    鮪ノ岬は地元の釣り人の間ではアブラコの超名所として認識されている。岬自体は美しい夕日と桜で知られている景勝地だ。先端部分は足元からいきなり深くなるので、ラインの様子には気を配る必要がある。沖合30メートルあたりから砂地が始まるので、このあたりの魚の居付きが素晴らしい周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    元和漁港・突符岬は元和台公園の下側にある小さな漁港。冬は足元が凍ることもあるので、その時は別の場所に釣り座を移すべき。釣り場の周辺には釣り人が利用できる駐車スペースがあり、トイレもあるので女性、子供を連れての釣行も心強い。歩いていける距離にコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。困ったときは車をとばして近くにある道の駅の施設を利用しよう。

  • 釣り場写真

    江差港・鴎島は奥尻島へのフェリーの発着点として知られている。港内は概ね砂地でそこそこ水深があるので数も型もそこそこ期待できる。初心者からベテランまで幅広い層の釣り人を魅了する釣り場だ。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    小砂子大橋下は地元の釣り人の間ではカジカとクロガシラガレイの好釣り場として認識されている。釣り場の近くに網が入っていることがあるので、キャストの際は十分に注意する必要がある。周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    奥末河・二越川河口は地元の釣り人の間でアメマス、サクラマスの好釣り場として知られている。近年はルーアやフライでマス類を専門に狙う人が増えてきた印象。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大鴨津川・小鴨津川河口は江良漁港のすぐ左側に位置するフィールド。一帯はきれいな砂浜地形で根掛りが少なく、初心者を率いての釣行も安心である。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    日浦岬・日浦漁港はかなりの名ポイントでありながら同時に攻略するのが非常に難しいことでも知られている。足元が不安定な上に、潮の流れもめちゃくちゃ早いので、ベテラン向けのフィールドである。釣り場の周辺には釣り人が利用できる駐車スペースがあり、トイレもあるので女性、子供を連れての釣行も心強い。歩いていける距離にコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    旧日鉄桟橋跡は地元の釣り人の間では大物が狙えることで知られている。この釣り場は網が入っていることが多いので、キャストする際には十分に注意する必要がある。そもそも釣りにならない場合もあるので、釣り座を選定する前に状況をよく確認する必要がある。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    湯泊岬 エリア:留萌

    湯泊岬は本格的な磯釣りが楽しめる釣り場。初心者ひとりでの入釣は控えたいところである。足元は岩礁帯だが、遠投すれば砂地帯が広がる。周辺には釣り人向けに整備された駐車場がなく、釣り場の中にはトイレもない。歩いていける距離にコンビニもないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP