アメマスの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    旭浜(鬼脇)漁港は、利尻島の東側に有る漁港である。規模としては小さめの漁港で、海底は変化に飛んでおり、ゴロ石、砂地、根が入り混じっている。この釣り場はルアー釣りでターゲットを狙う人が多いという特徴がある。投げ釣りの釣果はあまりきかれない。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    内路漁港は礼文島の北側に位置している港である。海底はおおむね岩盤で、これに砂地や根が入り混じる。魚影の濃さは島内の釣り場の中でもトップクラスで、良型がヒットする傾向があり、多くの釣人を魅了する。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    浜益(郡別)漁港は、周辺の漁港と比べて大漁の話がきかれないのであまり入釣する人は多くない。ゆっくりと魚釣りを楽しむにはもってこいの釣り場である。港内からチカも狙えるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の周辺には駐車スペースくらいしかないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    入舸(いりか)漁港は、入江のような地形につくられた漁港である。無茶をしなければ港内は足元が安定していて、初心者も安心して釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    余別(来岸)漁港はプレジャーボートの基地として利用されている。規模の小さな港で、周辺の釣り場と比較してあまり魚影が濃くない。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真

    以前はアカハラ、カレイ類の好釣り場として知られていた尻別漁港だが、最近はサクラマスやアメマスを狙う釣り人が多くなった。時期になると河口海岸に多くのルアーマンが押し寄せる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    須築(すっき)漁港は、北海道の南、せなた町の北端に位置している漁港。周辺の海岸は断崖絶壁が続く。水深があるので良型が期待できる魅力的な港だ。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    虻羅(あぶら)漁港は、左右が岩場や岩盤帯で囲まれているが防波堤の周囲は砂地で構成されているなど、釣り座によってアプローチを変えるのが必要な釣り場。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    瀬棚港は釣れる魚種がとても豊富で四季を通じて竿を出すことができる魅力的な釣り場である。道内では珍しく(?)渡船を利用して沖堤防に入釣することができる。規模が大きな釣り場だが、最盛期は釣り人でごった返す。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真

    豊浜漁港は、もともと岩礁であったところにつくられた港なので根掛りが多発する釣り場である。道内でメジャーな釣り物であるホッケやカレイ類などを狙うことができ、数も型も安定する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    国縫(くんぬい)漁港は、個性的な形状をした港で砂時計の上半分のような形をしている。周辺は砂地で、港内ももちろん砂地。釣り場から300メートル離れたところに駐車場があり、トイレもそこにあるので女性や家族を連れての釣りも安心である。

  • 釣り場写真

    鵜泊(太櫓)漁港は海面からいくつも岩が顔を出しているので、根魚主体の釣り場のように思われるが、港の左半分は基本的に砂地なのでカレイ類なども相手にできる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    鵜泊漁港は、堤防の沖側にもれなくテトラが入っている釣り場。根魚がメインの釣り場になるかと思われるが、カレイ類や、マス、サケなどを狙う人が多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    静浦(赤神)漁港は「静浦漁港」の隣にある漁港。地元の釣り人からは「赤神漁港」と呼ばれる。近くには「赤神川」が流れるので河口部は砂地が多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    苫小牧東港は一年を通じて釣り人が足を運ぶポイント。釣り物が多彩でとても人気のある釣り場だ。港はシンプルな構造をしていて、帝王がいくつかあるだけだ。道内でも珍しくマイワシを専門に狙う人が多い。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真
    門別漁港 エリア:苫小牧

    門別漁港は3月の冬枯れの時期を除けば釣り人の姿が絶えることのない人気スポット。日高エリアの中では小規模の港だ。最近は札幌から遠征してくる釣り客が増えたらしい。釣り場の近くには駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    歌別漁港 エリア:日高

    歌別漁港は日高エリアの中でも中規模の漁港。マス類、サケ類の好釣り場。シーズンになると多くの釣人で賑わう。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真
    床潭漁港 エリア:厚岸

    床潭漁港は釧路エリアの中では中規模の港である。意外に入釣者が少なく、落ち着いた雰囲気の中でのんびりと魚釣りを楽しむのに適している。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがないのがネックだが、港内にトイレがあるので女性や家族を釣れての釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    網走港は道東でも屈指のサケ釣り場。港内には毎年300万匹ものサケが放流される。サケのほかにもアメマス釣りで人気が高い。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP