カラフトマスの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真

    宗谷港は、宗谷岬のすぐ右側にある岸壁につくられた港である。地元の釣り人の間では『大岬漁港』の名前で親しまれている。海底はコンブや岩礁などが混在しているので、根掛りが多発する。水深はそこまでなく、3メートル程度であるが、チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真
    音標漁港 エリア:枝幸

    音標漁港は、「音標岬」の地形を利用して作られた港で、海底が変化に富んでいるのが特徴である。岩礁帯、砂地、にいくつもの根が交差しているので、魚影の濃さと、多彩さはピカイチである。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    問牧漁港 エリア:枝幸

    問牧(といまき)漁港はカラフトマスの高実績ポイント。カラフトマスが釣れる場所として真っ先にここを思い浮かべる釣り人は多いだろう。周辺施設には港内の公衆トイレがあるくらいで、釣り場の周辺には釣り人向けに整備されたスペースがなく、コンビニも少し離れているので注意したい。

  • 釣り場写真
    目梨泊漁港 エリア:枝幸

    目梨泊漁港は、オホーツク海に付き出している「目梨泊岬」の地形を利用して作られた港で、海底は岩場なのでゴツゴツしている。港内はいつも波風がおだやかなので、釣りやすい。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    旭浜(鬼脇)漁港は、利尻島の東側に有る漁港である。規模としては小さめの漁港で、海底は変化に飛んでおり、ゴロ石、砂地、根が入り混じっている。この釣り場はルアー釣りでターゲットを狙う人が多いという特徴がある。投げ釣りの釣果はあまりきかれない。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    貰人漁港 エリア:厚岸

    貰人漁港は釧路エリア東橋に位置している漁港だ。カラフトマスが釣れる時期になると釣り人で混雑する。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真
    尾岱沼漁港 エリア:根室

    尾岱沼(おだいとう)漁港はホッカイシマエビで知られる野村湾にある漁船の基地としても有名。根室エリアの中でも規模の大きな漁港で釣り物が多彩なのが特徴。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    ウトロ漁港はホッケのルアー釣りで人気の高い釣り場。北海道の中で最もホッケのサイズに期待がもてる釣り場だ。そのほかの釣り物も種類が豊富でサイズも期待できる素敵な釣り場である。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    知布泊漁港は地元の釣り人の間では「日の出漁港」という名称で知られている。釣り物が豊富で、釣り人の姿が絶えない人気ポイント。港の入口が、国道から見えにくいところにあるので見落とさないように。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    網走港は道東でも屈指のサケ釣り場。港内には毎年300万匹ものサケが放流される。サケのほかにもアメマス釣りで人気が高い。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    沙留漁港はオホーツクエリアを代表するような超人気スポット。釣り物が多彩で、年中何かしら釣れるので、釣り人の姿が途切れることがない。近くを流れる「沙留川」のおかがで魚の寄りがよろしい。コンビニが近くにないので、軽食や水分など、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    オッカバケ漁港はなかなか個性的な名称の港だ。根室エリアの中では小規模な港で、近くを「オッカバケ川」が流れており、カラフトマスの寄りがとてもよい。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

  • 釣り場写真

    知円別漁港は根室エリアの中ではそこそこ規模の大きな港である。港内に「チエンベツ川」が流入していて、魚の寄りがよく、人気の高い釣り場である。見かけの割に根掛りが多いのが難点である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    鱒浦漁港はオホーツクエリアの中では小~中規模の漁港である。港内各所にポイントが広がっていて、魚影も濃いので年中釣り人の姿が絶えることがない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    能取(湖口)漁港はオホーツクエリアの中では小規模の漁港。漁港とはいえど「能取湖」の湖口の両岸から海に向かってテトラ堤がのびているという構造をしているだけだ。テトラにならないで湖の突堤から竿を出す人が多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    常呂漁港はオホーツクエリアの中では割りと小規模な漁港で、オホーツクエリア有数のサケ釣り場として人気が高い。とくに最盛期を迎える10月は釣り人が大勢で押し寄せるので大変混雑する。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    沖根婦漁港 エリア:根室

    沖根婦漁港は小規模な港。形状もシンプルで、目立った特徴はない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    床丹漁港 エリア:根室

    床丹漁港は床丹川河口の南、北導流堤と船揚場からなる小さな漁港である。一年を通して釣り目的で訪れる人は見られない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP