サクラマスの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    以前はアカハラ、カレイ類の好釣り場として知られていた尻別漁港だが、最近はサクラマスやアメマスを狙う釣り人が多くなった。時期になると河口海岸に多くのルアーマンが押し寄せる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    上の国漁港は近くを流れる大河川の影響で栄養が豊富。そのためカレイ類の魚影が濃く地元の釣り人に愛されている。地元の釣り人だけでなく、函館や札幌から釣り人が訪れる。シーズン中は釣り人でごった返す魅力的な釣り場である。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真
    函館港 エリア:函館

    函館といえば世界的にも夜景の美しい場所として知られている。「函館山」と「亀田半島」を結ぶ砂地続きの地形が生んだ自然の造形美によってもたらされたものであるが、この地形の西側全域に広がっているのが函館港である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    国縫(くんぬい)漁港は、個性的な形状をした港で砂時計の上半分のような形をしている。周辺は砂地で、港内ももちろん砂地。釣り場から300メートル離れたところに駐車場があり、トイレもそこにあるので女性や家族を連れての釣りも安心である。

  • 釣り場写真

    福島(白符)漁港は岩盤帯の上につくられた港である。規模が小さくて、どこから狙っても根掛りする可能性がある。港の左右が河川に囲まれているので、かなり期待できそうな感があるが、水深があまりないので、良型は期待できない。港内には砂があまり堆積していないので根掛りが多発する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    平浜漁港は小規模な釣り場で、港から堤防が一本のびるだけのシンプルな構造。最近はサクラマス釣りが人気になってきて、専門に狙う人も多くなった。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

  • 釣り場写真

    白泉漁港は規模の小さな釣り場で、港から堤防が一本のびるだけのシンプルな構造をしている。この堤防の先端は岩場と連結しているので、この周辺はよく釣れる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    白老港 エリア:室蘭

    白老港は1.5kmの長大な「東防波堤」が特徴的な釣り場。シーズンをすぎるとあまり釣れないので釣り人は少ないが、最盛期は釣り人でごった返す。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真

    苫小牧東港は一年を通じて釣り人が足を運ぶポイント。釣り物が多彩でとても人気のある釣り場だ。港はシンプルな構造をしていて、帝王がいくつかあるだけだ。道内でも珍しくマイワシを専門に狙う人が多い。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真
    歌別漁港 エリア:日高

    歌別漁港は日高エリアの中でも中規模の漁港。マス類、サケ類の好釣り場。シーズンになると多くの釣人で賑わう。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真
    釧路港 エリア:釧路

    釧路港は国内でも規模の大きな港で、大きく西港と東港とに分けることができる。有望な釣り座のほとんどが西港に集中しているのが特徴である。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。軽食や水分を準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    千代ノ浦漁港は釧路エリアの中でも中規模な釣り場である。親水公園、遊具広場などをはじめとして、周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    ウトロ漁港はホッケのルアー釣りで人気の高い釣り場。北海道の中で最もホッケのサイズに期待がもてる釣り場だ。そのほかの釣り物も種類が豊富でサイズも期待できる素敵な釣り場である。周辺の施設は充実していて、釣り人が利用できる駐車スペースとコンビニがあるほか徒歩圏内にトイレがあるので家族連れの釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    弁慶岬~軍艦岩は昔から知られているホッケの好釣り場である。釣り場以前に観光の名所として知らているので、釣り人以外にも訪れる人は多い。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    江ノ島海岸は昔からアメマス釣りの好釣り場として知られてきた。シーズン中はルアーとそれからフライフィッシャーマンでごった返す。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    奥末河・二越川河口は地元の釣り人の間でアメマス、サクラマスの好釣り場として知られている。近年はルーアやフライでマス類を専門に狙う人が増えてきた印象。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大鴨津川・小鴨津川河口は江良漁港のすぐ左側に位置するフィールド。一帯はきれいな砂浜地形で根掛りが少なく、初心者を率いての釣行も安心である。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP