スナガレイの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真

    知来別漁港は、知来別川が港内に流入している。そのため、大雨の後は、塩気を好む魚はあまり釣れない傾向にある。そのような日をのぞけば、いつでも十分に釣りを楽しむことができる。春から秋にかけてのクロガシラの実績は高く、多くの釣人が足を運ぶ。近くには駐車場くらいしかないので、釣りに必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    音標漁港 エリア:枝幸

    音標漁港は、「音標岬」の地形を利用して作られた港で、海底が変化に富んでいるのが特徴である。岩礁帯、砂地、にいくつもの根が交差しているので、魚影の濃さと、多彩さはピカイチである。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    乙忠部漁港 エリア:枝幸

    乙忠部(おっちゅうべ)漁港は、国道から見えないので、あまり混雑しないように思われるが、地元の釣り人には投げ釣りの一級ポイントとして認知されていて、必ず釣れるとの評判がある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    石狩湾新港は、札幌の「海の玄関」とよばれているだけあって、規模が非常に広く、整備も行き届いているので、足場も良好。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。石狩川の恩恵を受けているので、通年で魚釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    千走漁港は、もともとカレイ釣りで知られている。外海が荒れている時にアメマスが港内まで避難してくるので大釣りができることも。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがあるほか、ちはせ川温泉、道の駅「よってけ!島牧」などの観光名所がある。

  • 釣り場写真

    忍路漁港は周囲が断崖に囲まれているので、港内の海底環境も荒ように思われるが、あまり根掛りしない釣り場である。春先はカレイの釣り客で賑わう。「釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 釣り場写真

    黒岩漁港は砂地につくられた港。そのため、港内、港外とも根掛り無縁の砂地。のんびりとカレイ類などを相手に魚釣りを楽しむことができる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    国縫(くんぬい)漁港は、個性的な形状をした港で砂時計の上半分のような形をしている。周辺は砂地で、港内ももちろん砂地。釣り場から300メートル離れたところに駐車場があり、トイレもそこにあるので女性や家族を連れての釣りも安心である。

  • 釣り場写真

    長万部(おしゃまんべ)漁港は砂地海岸につくられた港で、根掛りとは無縁の砂地地帯。冬場の北西よりの風に強く、冬場は重宝したい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    川汲漁港 エリア:函館

    川汲漁港はチカ釣りの好ポイント。それ以外の魚種を狙う人は少ない。冬のコマイとチカのシーズンを除けば訪れる人が少ない。港内最奥は何も期待できないので訪れる価値はない。周辺施設はあまり充実していないが港内にトイレがあるので女性を連れての釣行も安心である。

  • 釣り場写真

    川汲(安浦)漁港はチカ釣りの名所と知られていた。近年は以前ほどの爆釣するという話はきかれなくなった。港口がせまいので、いったん大群が入ると港内に居着く傾向があるので釣れだすと安定した釣果が期待できる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    臼尻漁港 エリア:函館

    臼尻漁港は、周辺の釣り場と比較しても規模が大きく、釣れる魚種が豊富なのが特徴。意外に港の最奥部はあまり釣れないので基本的には港口周辺を狙うことになる。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真
    石倉漁港 エリア:函館

    石倉漁港は国道に面してはいるものの、意外に訪れる人が少ない釣り場である。人気の釣り物の数釣りがあまり期待できないので盛況することはあまりない。のんびりと魚釣りを楽しむのに適している。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    落部漁港は港口が計ふたつあるが、どちらも狭いので港内の魚の入りはよろしくない。狙うなら港口近辺か、外海側を狙うのが良い。船舶の往来がそこそこ激しいので十分に注意しよう。最近になって入れなくなった場所もあるので昔馴染みの釣り人は戸惑うかもしれない。港内はトイレがあるので家族連れ、女性連れの釣り人も安心して入釣できる。

  • 釣り場写真

    落部(東野)漁港はサケ船の基地として知られている。港内にはサケが入ってこないので、狙う魚はカレイ類や底物が中心になる。大雨のあとは近くをながれる「野田追川」の影響で濁りが入るので釣りにならない。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    山越漁港は新しい港で、左右を川に囲まれていて大雨のあとに濁りが入ると釣りにならない。あまり爆釣したという話は入ってこないが、カレイ類が安定して釣れるのでそこそこ人気の高い釣り場である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    八雲漁港は入り口が港からあまり見えないところにあるので釣り人が少ないポイント。爆釣したというような話はあまり聞かれないが、春に安定してカレイ類を釣ることができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    八雲(山崎)漁港はハモ釣りで人気のポイント。あまり訪れる人が多くないので、のんびりと魚釣りを楽しむのに適している。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    大中漁港は砂地海岸の上につくられた港で、港内、外海のどちらも海底が砂地。根掛りはあまりしないので安心だ。釣り物もカレイ類が中心。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP