サンマの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真
    頓別漁港 エリア:枝幸

    頓別漁港は、頓別川河口と豊寒別側河口につくられた港である。海水と淡水の入り交じる河口域では色々な魚を相手にすることができる。沖合はカレイ類の実績が高く、イシモチもよく釣れる。港内にむけて竿を出す人は少ないが、ちょい投げでも十分にチカ、、ニシンなどを狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    福島(白符)漁港は岩盤帯の上につくられた港である。規模が小さくて、どこから狙っても根掛りする可能性がある。港の左右が河川に囲まれているので、かなり期待できそうな感があるが、水深があまりないので、良型は期待できない。港内には砂があまり堆積していないので根掛りが多発する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    鱒浦漁港はオホーツクエリアの中では小~中規模の漁港である。港内各所にポイントが広がっていて、魚影も濃いので年中釣り人の姿が絶えることがない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP