サケの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真
    羽幌港 エリア:留萌

    羽幌港は、周辺の河川(羽幌川、福寿川)の影響で濁りがでやすい傾向がある釣り場。この濁りによって魚の警戒心が薄れるので、日中でも難なくカジカやコマイなどを釣り上げることができる。この港はフェリーも往来するので、水深が深く、大型も比較的簡単に釣れる。水釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    音標漁港 エリア:枝幸

    音標漁港は、「音標岬」の地形を利用して作られた港で、海底が変化に富んでいるのが特徴である。岩礁帯、砂地、にいくつもの根が交差しているので、魚影の濃さと、多彩さはピカイチである。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    乙忠部漁港 エリア:枝幸

    乙忠部(おっちゅうべ)漁港は、国道から見えないので、あまり混雑しないように思われるが、地元の釣り人には投げ釣りの一級ポイントとして認知されていて、必ず釣れるとの評判がある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    山臼漁港 エリア:枝幸

    山臼漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴の釣り場で、北側にはおおむね砂地でこれに根がいくつか入り組んでいて、南側は岩礁帯と砂地が入り混じっている。とりあえず投げ釣りでのぞめば何かしら釣れるとはいわれるものの、根掛りはある程度覚悟しておく必要がある。周辺に駐車場くらいしかないので、必要な物は予め準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    問牧漁港 エリア:枝幸

    問牧(といまき)漁港はカラフトマスの高実績ポイント。カラフトマスが釣れる場所として真っ先にここを思い浮かべる釣り人は多いだろう。周辺施設には港内の公衆トイレがあるくらいで、釣り場の周辺には釣り人向けに整備されたスペースがなく、コンビニも少し離れているので注意したい。

  • 釣り場写真

    西稚内漁港は地元の釣り人にサケが釣れることで知られている港である。港は稚内市街からほど近いところにり、規模は小さめである。近年のサケの放流事業により、サケ釣りの名所になった。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    抜海漁港は、以前は投げ釣りの好釣り場として知られていたが、最近の改修工事の影響で、港口が狭くなった影響で魚の入りが悪くなり、今ではサケの好釣り場として認知されるようになった。近くには釣り人が駐車できるスペースが確保されておらず、近くにコンビニなどがないが、港内にトイレがある。

  • 釣り場写真

    鴛泊(おしどまり)港は、利尻島観光の拠点となる海の玄関口。この港は大型の漁船が往来するので、水深がある。海底は変化に富んでいて、岩盤、砂地、コンブなどが混在している。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真

    新湊漁港は、利尻島内の漁港の中では規模が大きい。海底はおおむね岩礁帯で、根が走っており、根掛りが多発する。ロックフィッシュがメインの釣り物になるが秋にはサケが回遊してくることもある。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 釣り場写真

    仙法志漁港は、利尻島の南側に位置している漁港だ。季節風の影響を受けやすいので、防波堤は何重にも敷設されている。海底は砂地、コンブが入り混じり、根掛りが多発する。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    鬼脇港は利尻島の東側に位置している港である。秋にサケが回遊することで知られており、「サケ釣り大会」が開催されることでも有名。海底はおおむね砂地なので、根掛りが少なく釣りがしやすい。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    旭浜(鬼脇)漁港は、利尻島の東側に有る漁港である。規模としては小さめの漁港で、海底は変化に飛んでおり、ゴロ石、砂地、根が入り混じっている。この釣り場はルアー釣りでターゲットを狙う人が多いという特徴がある。投げ釣りの釣果はあまりきかれない。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    雄忠志内(おちゅうしない)漁港は利尻島の北側に位置している漁港である。規模としてはそこまで大きくないものの、大型船が往来するので、水深があるのが特徴。海底は砂地と岩礁帯が入り混じっており、根掛りすることがある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    船泊港は礼文島の北側に位置している港である。過去に記録に残るようなクロガシラガレイやアブラコが釣り上げられた実績が残っている。そのため島外から遠征してくる釣り人も少なくない。海底は変化に富んでいて、砂地、岩礁、根が入り組んでいる。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    須古頓(すことん)漁港は、礼文島の北側にある漁港で、礼文島の北端にある観光名所「スコトン岬」に最も近い漁港である。周囲に風よけになるものがないので風が強いときは釣りにならないという難点がある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    香深港は、礼文島の南側に位置する港で、フェリーが往来するため水深があるのが特徴。海底は基本的に岩礁帯で、海藻も生い茂っているので、根掛りが頻発する。仕掛けは多めに持参しよう。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    稚咲内(わかさかない)漁港は宗谷の西側に位置している港である。海底は砂地に根が入り混じっているものの、根掛りは少ないようだ。改修工事が入る前はカレイやコマイがよく釣れていたのだが、改悪(釣り人目線)によって魚の入りが悪くなってしまった。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真
    苫前漁港 エリア:留萌

    苫前漁港はカジカの好釣り場として知られていたが、最近の改修工事により、人気の高い釣り座がなくなってしまった。しかし依然として魚影は濃く、カジカやコマイの良ポイントが港に点在している。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

12345

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP