カジカの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    頓別漁港 エリア:枝幸

    頓別漁港は、頓別川河口と豊寒別側河口につくられた港である。海水と淡水の入り交じる河口域では色々な魚を相手にすることができる。沖合はカレイ類の実績が高く、イシモチもよく釣れる。港内にむけて竿を出す人は少ないが、ちょい投げでも十分にチカ、、ニシンなどを狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    知来別漁港は、知来別川が港内に流入している。そのため、大雨の後は、塩気を好む魚はあまり釣れない傾向にある。そのような日をのぞけば、いつでも十分に釣りを楽しむことができる。春から秋にかけてのクロガシラの実績は高く、多くの釣人が足を運ぶ。近くには駐車場くらいしかないので、釣りに必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    宗谷港は、宗谷岬のすぐ右側にある岸壁につくられた港である。地元の釣り人の間では『大岬漁港』の名前で親しまれている。海底はコンブや岩礁などが混在しているので、根掛りが多発する。水深はそこまでなく、3メートル程度であるが、チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真

    稚内港は、周辺の釣り場でもかなり規模の大きな港で、釣り座を探すのにも一苦労する。事前に釣具店や売り情報誌でポイントを選定してから入釣するのが良い。規模が大きいだけに釣れる魚種も多彩なのが特徴。

  • 釣り場写真

    天塩港は、建設資材としての「砂」を扱っている港である。大型船が往来するので、かなり水深があるのが特徴。近くに火口があり、淡水域を好むカレイや回遊魚などもよく釣れるので人気の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    遠別漁港は、地元の釣り人の間ではコマイが良く釣れるポイントとして知られている。「離島そのほか辺地にあって漁場の開発または漁船の避難上得に必要なもの」定義される第4種漁港として位置づけられている。大型船などが往来し、水深は十分にある。しけの多い秋から冬にかけて多くの釣り人が足を運ぶ釣り場だ。周辺施設には駐車場こそないものの、港内にトイレがあるほか、車を走らせてすぐのところにコンビニがあるので便利。

  • 釣り場写真
    羽幌港 エリア:留萌

    羽幌港は、周辺の河川(羽幌川、福寿川)の影響で濁りがでやすい傾向がある釣り場。この濁りによって魚の警戒心が薄れるので、日中でも難なくカジカやコマイなどを釣り上げることができる。この港はフェリーも往来するので、水深が深く、大型も比較的簡単に釣れる。水釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    留萌港 エリア:留萌

    留萌港はあらゆる風に強い港で、釣り座の構え方次第で、東西南北どの風もかわすことができる素敵な釣り場である。また、周辺の釣り場の中でも規模は最大級。そのため、一年を通じて釣り人の姿が絶えない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    増毛港 エリア:留萌

    増毛港は、春先の季節風(南西の風)につよい釣り場だ。港内のどこからでも竿を出すことができる魅力的な釣り場で、釣り物も豊富。休日には多くの釣り人が訪れるので混雑することも。。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    音標漁港 エリア:枝幸

    音標漁港は、「音標岬」の地形を利用して作られた港で、海底が変化に富んでいるのが特徴である。岩礁帯、砂地、にいくつもの根が交差しているので、魚影の濃さと、多彩さはピカイチである。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    この釣り場は、海底が岩礁帯であるものの、水深がかなり浅いので、場所によっては釣果が聞かれないところもある。しかし周辺の釣り場の中では最もチカの魚影が濃いことで知られていて、秋から冬にかけてはチカが爆釣する。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    浜猿払(はまさるふつ)漁港は港の入口が目立ったところにないので、訪れる釣り人が少ない。海底は砂地で、根掛りが少なく、足元が十分に整備されているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 釣り場写真

    宗谷(珊内)漁港は、比較的規模の小さな港である。港内には珊内川が流れ込んでいて、魚影が濃い。オススメの釣り場はクロガシラガレイで、これを専門に狙う釣り人が多い。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    宗谷(清浜)漁港は、海底が砂地と岩盤が入り混じっており、良型のカジカ、クロガシラガレイの好釣り場である。最盛期には多くの釣人が足を運ぶ。釣り場の近くには駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真

    宗谷漁港は小規模の港。規模も小さく、また港口も小さいので、魚があまり入ってきそうにない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真

    恵山泊(えさんどまり)漁港は、大型のカジカがヒットすることで知られている。「ノシャップ岬」につくられた漁港で、海底は岩盤とコンブ根、砂地が混在している。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    新湊(栄浜)漁港は、周辺に魅力的な釣り場が多いので、面白みにかけるこの釣り場にはあまり脚光を浴びない。海底は岩礁帯なので根掛りが多発する。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 釣り場写真

    新湊漁港は、利尻島内の漁港の中では規模が大きい。海底はおおむね岩礁帯で、根が走っており、根掛りが多発する。ロックフィッシュがメインの釣り物になるが秋にはサケが回遊してくることもある。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 釣り場写真

    仙法志漁港は、利尻島の南側に位置している漁港だ。季節風の影響を受けやすいので、防波堤は何重にも敷設されている。海底は砂地、コンブが入り混じり、根掛りが多発する。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP