ニシンの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真
    頓別漁港 エリア:枝幸

    頓別漁港は、頓別川河口と豊寒別側河口につくられた港である。海水と淡水の入り交じる河口域では色々な魚を相手にすることができる。沖合はカレイ類の実績が高く、イシモチもよく釣れる。港内にむけて竿を出す人は少ないが、ちょい投げでも十分にチカ、、ニシンなどを狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    稚内港は、周辺の釣り場でもかなり規模の大きな港で、釣り座を探すのにも一苦労する。事前に釣具店や売り情報誌でポイントを選定してから入釣するのが良い。規模が大きいだけに釣れる魚種も多彩なのが特徴。

  • 釣り場写真

    天塩港は、建設資材としての「砂」を扱っている港である。大型船が往来するので、かなり水深があるのが特徴。近くに火口があり、淡水域を好むカレイや回遊魚などもよく釣れるので人気の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真
    留萌港 エリア:留萌

    留萌港はあらゆる風に強い港で、釣り座の構え方次第で、東西南北どの風もかわすことができる素敵な釣り場である。また、周辺の釣り場の中でも規模は最大級。そのため、一年を通じて釣り人の姿が絶えない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    目梨泊漁港 エリア:枝幸

    目梨泊漁港は、オホーツク海に付き出している「目梨泊岬」の地形を利用して作られた港で、海底は岩場なのでゴツゴツしている。港内はいつも波風がおだやかなので、釣りやすい。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真
    斜内漁港 エリア:枝幸

    斜内漁港は、浜頓別町と枝幸町の町堺にある小さな漁港である。国道にあるトンネルの出入口のすぐ横に入口があるので、見落とされがちな港である。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    浜鬼志別(はまおにしべつ)漁港は、クロガシラガレイとコマイの大型が狙える人気の釣り場である。最近の改修工事の影響で港口が複雑になり、狭くなってしまったので、昔ほどの釣果が聞かれなくなったものの、釣果は比較的安定している。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    東浦漁港は、昔はコマイの好漁場として知られていたが、堤防が2つできた影響で、港内に回遊してくるコマイの数が極端に減った。現在はコマイにかわってチカやニシンの好釣り場として知られている。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    声問(こえとい)漁港は、「声問川」の左岸につくられた港である。港内、港外ともに海底は砂地で構成されており、根掛りが少なく釣りやすい。足場も安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    恵山泊(えさんどまり)漁港は、大型のカジカがヒットすることで知られている。「ノシャップ岬」につくられた漁港で、海底は岩盤とコンブ根、砂地が混在している。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    西稚内漁港は地元の釣り人にサケが釣れることで知られている港である。港は稚内市街からほど近いところにり、規模は小さめである。近年のサケの放流事業により、サケ釣りの名所になった。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    石狩湾新港は、札幌の「海の玄関」とよばれているだけあって、規模が非常に広く、整備も行き届いているので、足場も良好。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。石狩川の恩恵を受けているので、通年で魚釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    小樽港は歴史の古い港で、現在でも物流の重要拠点である。ソーラス条約が改正されてからテロ防止用のフェンスが各地に設けられたので、釣り場がぐんと減ってしまった。それでもまだまだ魅力的な釣り場であるのはまちがいない。多くの釣り人が訪れる人気ポイントだ。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真
    奥尻港 エリア:奥尻島

    奥尻港は、日本海に浮かぶ「奥尻島」につくられた島内最大の港。良型がバンバン釣れるうえ数釣りも期待できるので、人気。足場も良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真

    苫小牧西港は珍しい形をした堤防で。海岸線から港の最奥部まで6キロも掘り込まれている。人気の高い釣り場で一年中釣り人の姿が絶えない。トラブルを起こさないためにも船の往来には十分注意したい。近くに釣り人向けに整備された駐車スペースがないが、トイレコンビニが近くにあるので便利だ。

  • 釣り場写真
    鵡川漁港 エリア:苫小牧

    鵡川(むかわ)漁港は、胆振エリアの中でも小規模の港で、釣り物があまり豊富でないことから、訪れる釣り人が少ない。隠れ家的な雰囲気の釣り場だ。ほとんどの釣り人がサビキでニシンやチカを狙っている。釣り場の近くに駐車場があり、港内にはトイレが整備されているので家族を連れての釣行も安心。徒歩圏内にコンビニがないので水分や軽食は準備しよう。

  • 釣り場写真

    十勝港は十勝エリアの中でも大規模な釣り場で、超人気のポイント。十勝エリアでサケがもっとも早くシーズンインするので、地元の釣り人にはサケの名所として親しまれている。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがないのがネックだが、港内にトイレがあるので女性や家族を釣れての釣行も安心だ。コンビニが近くにあるので便利。

  • 釣り場写真

    大樹漁港は十勝エリアの中では小~中規模の釣り場。周辺の釣り場と同じで、サビキで狙える小物類がメインの釣り物になる。釣り場の近くに駐車場があるので便利。コンビニ、トイレは徒歩圏内にないので、食料や水分など必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    根室(花咲)港は根室エリアの中でも規模の大きな港で、極寒期でも海面が凍結しないことで知られている。ソーラス条約の改定により立ち入りが制限されるところが増えた。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

12

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP