クロゾイの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真
    枝幸港 エリア:枝幸

    枝幸港は、2月から4月下旬にかけての休漁期を除けばいつでも竿を出すことができる魅力的な釣り場である。海底は磯、砂泥、飛び根と変化に富んでいる。5月からカレイ類が釣れだして、1月からチカやサンマなどの小魚が釣れ出し、これには大型魚も混じってくる。大物狙いのベテランから、家族連れの釣り客まで、幅広い層に対応している釣り場だ。

  • 釣り場写真
    頓別漁港 エリア:枝幸

    頓別漁港は、頓別川河口と豊寒別側河口につくられた港である。海水と淡水の入り交じる河口域では色々な魚を相手にすることができる。沖合はカレイ類の実績が高く、イシモチもよく釣れる。港内にむけて竿を出す人は少ないが、ちょい投げでも十分にチカ、、ニシンなどを狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    知来別漁港は、知来別川が港内に流入している。そのため、大雨の後は、塩気を好む魚はあまり釣れない傾向にある。そのような日をのぞけば、いつでも十分に釣りを楽しむことができる。春から秋にかけてのクロガシラの実績は高く、多くの釣人が足を運ぶ。近くには駐車場くらいしかないので、釣りに必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    宗谷港は、宗谷岬のすぐ右側にある岸壁につくられた港である。地元の釣り人の間では『大岬漁港』の名前で親しまれている。海底はコンブや岩礁などが混在しているので、根掛りが多発する。水深はそこまでなく、3メートル程度であるが、チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真

    富磯漁港は、海底が変化に富んでいるのが特徴である。港の内側外側ともに海底に砂地、飛び根などが混在している。その分魚種が豊富であるが、根掛りが多いのが難点。冬期間を除けばいつでも釣りを楽しむことができる。ルアーで人気のマス類、サケも港内に入ってくるので多くのルアーマンが足を運ぶ。

  • 釣り場写真
    羽幌港 エリア:留萌

    羽幌港は、周辺の河川(羽幌川、福寿川)の影響で濁りがでやすい傾向がある釣り場。この濁りによって魚の警戒心が薄れるので、日中でも難なくカジカやコマイなどを釣り上げることができる。この港はフェリーも往来するので、水深が深く、大型も比較的簡単に釣れる。水釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    留萌港 エリア:留萌

    留萌港はあらゆる風に強い港で、釣り座の構え方次第で、東西南北どの風もかわすことができる素敵な釣り場である。また、周辺の釣り場の中でも規模は最大級。そのため、一年を通じて釣り人の姿が絶えない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真

    東浦漁港は、昔はコマイの好漁場として知られていたが、堤防が2つできた影響で、港内に回遊してくるコマイの数が極端に減った。現在はコマイにかわってチカやニシンの好釣り場として知られている。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    仙法志漁港は、利尻島の南側に位置している漁港だ。季節風の影響を受けやすいので、防波堤は何重にも敷設されている。海底は砂地、コンブが入り混じり、根掛りが多発する。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    東上泊漁港は礼文島の北側に位置している漁港だ。港口がせまくて突堤がいくつか敷設されているので、魚の入りは悪い。港を囲むように敷設されている堤防の先端部分で狙うのが基本になる。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真
    西浦漁港 エリア:留萌

    西浦漁港は焼尻島に作られた漁港だ。小型の船舶がいくつも係留されており、キャストの際は注意が必要。海底は岩盤で、水深も浅いのでカレイ類はあまりのぞめない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真
    天売港 エリア:留萌

    天売(てうり)港は「天売島」につくられた港。入釣するには焼尻島をフェリーで経由することになる。フェリーなら90分ほど、高速船なら約60分。海底は基本的に岩礁帯だが、ところどころ砂地も入り混じるのでカレイも狙える。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真
    前浜漁港 エリア:留萌

    前浜漁港は「天売島」につくられた港。「天売港」の南東1kmの場所に位置している。海底は基本的に砂地が広がっており、カレイ類も期待がもてる。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真
    別苅漁港 エリア:留萌

    別苅漁港は留萌の南のほうに作られた港である。国道から入り口が見えづらいこともあって、訪れる人はあまり多くない。隠れ家的な雰囲気の中で落ち着いて釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    岩老漁港 エリア:留萌

    岩老(いわおい)漁港は留萌の南のほうにつくられた港である。海底は基本的に岩盤で砂地が少ないのでカレイ類はあまり期待できない。秋から冬にかけての南西の風に強いので、この時期に釣り人が集まる。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真

    蘭泊漁港は、根掛りの激しいフィールド。港内の海底は岩礁帯に砂地が入り混じっている。おまけに海藻類の発育がわるいこともあり、ハッキリ言って魚影はあまり濃くない。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 釣り場写真

    御崎漁港は利尻島の最南端につくられた港である。海底は基本的に岩礁帯な上海藻が茂っているのではっきり言って釣りがしづらい。釣り目的で訪れる人はかなり少ない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真

    西上泊漁港は、礼文島につくられた中規模の漁港。海底は主に岩礁帯で、おまけに海藻がもりもり生い茂っている。条件としてはかなり釣りがしづらい。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真

    元地漁港は、ひっそりとした漁港。訪れる釣り人が少ないので、ゆっくりと魚釣りを楽しむことができる。海底は岩がちで海藻も生い茂っているので、根掛りが瀕発する。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真

    差閉(さしとじ)漁港は礼文島につくられた漁港で、日本海に面している。周囲に人気の釣り場があるので、釣り目的で訪れる人は少ない。横に細長い形状をしており、根がいくつも入り交じっているので必ずといっていいほど根がかりする。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP