スルメイカの釣れる北海道の釣り場

  • 釣り場写真

    宗谷港は、宗谷岬のすぐ右側にある岸壁につくられた港である。地元の釣り人の間では『大岬漁港』の名前で親しまれている。海底はコンブや岩礁などが混在しているので、根掛りが多発する。水深はそこまでなく、3メートル程度であるが、チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレがあり、わりと充実している。

  • 釣り場写真
    留萌港 エリア:留萌

    留萌港はあらゆる風に強い港で、釣り座の構え方次第で、東西南北どの風もかわすことができる素敵な釣り場である。また、周辺の釣り場の中でも規模は最大級。そのため、一年を通じて釣り人の姿が絶えない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 釣り場写真
    増毛港 エリア:留萌

    増毛港は、春先の季節風(南西の風)につよい釣り場だ。港内のどこからでも竿を出すことができる魅力的な釣り場で、釣り物も豊富。休日には多くの釣り人が訪れるので混雑することも。。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真

    沓形港は、利尻島ー礼文島間を結ぶフェリーの発着場なので、規模が大きく、水深もそこそこある。海底は岩盤と砂地が入り交じっていて、根掛りが多発する。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 釣り場写真
    焼尻港 エリア:留萌

    焼尻(やぎしり)港はフェリーで一時間ほど沖にある「焼尻島」につくられた港。海底はほとんど岩礁帯で砂地がないので、カレイ類は釣れないものの、ソイ類の魚影は大変濃い。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 釣り場写真
    西浦漁港 エリア:留萌

    西浦漁港は焼尻島に作られた漁港だ。小型の船舶がいくつも係留されており、キャストの際は注意が必要。海底は岩盤で、水深も浅いのでカレイ類はあまりのぞめない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 釣り場写真

    岩内港は、積丹半島の西の付け根にある港。周辺の港の中でもとりわけ好釣果が望めるので人気の高い釣り場である。規模も大きく港のあちこちで竿を出すことができる魅力的な釣り場である。渡船は漁協の裏から出ていることが分かっているが、あまり情報が無い。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    千走漁港は、もともとカレイ釣りで知られている。外海が荒れている時にアメマスが港内まで避難してくるので大釣りができることも。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがあるほか、ちはせ川温泉、道の駅「よってけ!島牧」などの観光名所がある。

  • 釣り場写真

    入舸(いりか)漁港は、入江のような地形につくられた漁港である。無茶をしなければ港内は足元が安定していて、初心者も安心して釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    盃(カブト)漁港は、積丹半島にある釣り場の中でもトップクラスの釣果があるので大変人気のある釣り場である。そのほかイカ類も好調なので多くの釣り人を魅了し続けている。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    吹込漁港は、「美谷(瀬棚)漁港」と「須築漁港」の間に位置している釣り場だ。前記の2つのポイントとくらべ、ホッケの最盛期を迎えるのが二週間ほど遅れる傾向にあるが、釣果が期待できる人気の釣り場である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真

    瀬棚港は釣れる魚種がとても豊富で四季を通じて竿を出すことができる魅力的な釣り場である。道内では珍しく(?)渡船を利用して沖堤防に入釣することができる。規模が大きな釣り場だが、最盛期は釣り人でごった返す。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 釣り場写真
    江良漁港 エリア:松前

    江良漁港は周辺の釣り場のなかでも大規模な漁港で、「新港」と「旧港」で構成されている。右手側が「新港」で、左手側が「旧港」。色々な釣り物を相手にできるが魅力で、春よりも秋のほうが釣果が安定する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 釣り場写真
    日浦漁港 エリア:函館

    日浦漁港は各所で工事されていて、どこから竿を出せるのかわからない。ここは暖流性のアオリイカが釣れる珍しいポイントとして知られている。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

他のターゲットから絞り込み

▲PAGE TOP