大分の釣り場 [ジャンル:沖磯]

  • 「幸ノ浦漁港」もしくは「佐賀関上浦港」を利用して渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 「幸ノ浦漁港」もしくは「佐賀関上浦港」を利用して渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 地無垢島 エリア:津久見

    「津久見港」から船に乗って入釣する移動時間は30分ほど。磯にいきたい場合は「臼杵港」で渡船をチャーターしなければならない。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 竹ヶ島 エリア:佐伯

    この釣り場に行くためには「鶴見」で渡船を手配しなければならない。お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。おすすめの釣り座は島の太平洋側に位置している。

  • 高手島 エリア:佐伯

    高手(たかで)島は大分の中でもクロのシーズンが早く始まることで知られている。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 鶴見の渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 先ノ瀬 エリア:佐伯

    この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。焚き火は厳禁。海のコンディションによっては命が危ない。凪の日は安全に楽しめる。

  • 八島 エリア:佐伯

    この釣り場に行くためには「鶴見」で渡船を手配しなければならない。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 渡船(鶴見で手配)で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • この釣り場へは鶴見で手配した渡船で入釣しなければならない。お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。過去に焚き火の不始末が火災に破天したことがあるので、くれぐれも注意したい。

  • 渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。この釣り場は過去に焚き火の不始末で騒動になったことがある。くれぐれも注意したい。

  • 白崎周辺 エリア:佐伯

    鶴見から渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。ビッグゲームは島の沖合先端部に集中する傾向にあるようだ。マダイ釣りでそこそこ知名度の高い釣り場。

  • 大島・赤鼻 エリア:佐伯

    渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。「鶴見大島」に向かう場合は定期船を利用。磯場にはいくつか渡船が発着しているので、これを鶴見で手配する。

  • 鶴見半島の先端部に位置している釣り場で、大小さまざまポイントがそかかしこにある。ここへは鶴見で渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 冬のメジナ釣りで有名な釣り場で、いいサイズが釣れることで知られている。ここへは米水津で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 最近「オナガメジナ」が釣れるようになったので人気が高くなった釣り場だ。この釣り場へは米水津で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • クロの人気ポイントで、ここは大きな「瀬」のフィールド。潮通しが良く水深もあるのでビッグゲームに期待がもてる。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 鶴御崎 エリア:佐伯

    自然豊かな場所にある釣り場。人気の磯物が顔をのぞかせ、釣り人に大人気。鶴見で渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 水の子灯台 エリア:佐伯

    島と、その真中につくられた白灯台が目印の釣り場。イシダイとアラが釣れることで知られている。ここへは鶴見で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

12

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP