和歌山の釣り場 [ジャンル:堤防]

  • ここは「加太」と言われるフィールドの総本山である。この大波止は、全長500メートル近くにおよぶ。大人数を収容できるものの先端まわりは大変混雑する。沖に面している側はテトラが入っていて、この周辺で魚がよく釣れる。このあたりの釣り場はテトラが荒く積まれているので、足場が安定しない。十分に注意する必要がある。

  • 柏は規模の小さな港である。小規模ながら砂浜と波止、石積みの堤防などがあり、色々なポイントを釣り座にすることができる。周辺施設には駐車場、トイレなどが完備されていて、足場もよいのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 印南は、周囲が岩礁帯に囲まれているので堤防がメインの釣り場である。波止の沖に面している側は、テトラが乱雑に積まれているので、足元には注意する必要がある。堤防のほかには、その根元の埋立地も釣り場になる。ここは車を横付けできるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 南部堺は、周辺の釣り場の中ではもっとも規模の大きい釣り場である。メインポイントは堤防の先端部分とその付け根。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実しているが、駐車場から釣り座となる場所までの距離がけっこうあるので、キャリーがあるととても便利である。

  • 紀伊大島の白野港は近くに海水浴場があり、夏場は海水浴場客で賑わう。堤防の内向きと外向きのどちらから竿を出してもよい。この釣り場は夜釣りが禁止されており、また港内へ車を乗り入れる場合は夏に500円、それ以外に1000円を支払う必要がある。

  • 樫野は、堤防の外向き、内向きともに水深がある程度あるので、大型が期待できる。近くには駐車場、トイレ、食堂などの施設が充実しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。この釣り場は夜釣りが禁止されているので、注意すること。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP