兵庫の釣り場 [ジャンル:浜(サーフ)]

  • 塩屋海岸はJR山陽電鉄の塩屋駅から徒歩で入釣できるので、電車釣行にもってこいの釣り場だ。釣り場は大きく塩屋海岸と塩屋漁港のふたつに大別することができる。東側には河口部があり、両岸から波止が沖に向かってのびている。この周辺は投げ釣り師に人気の高いポイントだ。漁港の沖側にはびっしりとテトラが敷き詰められており、足場が安定していないので注意を要する。

  • 須磨海岸は、海水浴場のほか水族館があることでも知られている観光スポットである。休日になると釣り人以外の一般客でもごった返す。須磨海岸(海水浴場)と須磨漁港のそれぞれの沖にある一文字堤防は抜群に実績が高い。もちろんこれらには渡し船で入釣することが前提となるが、浜から超遠投して、おかっぱりで頑張っているベテランの姿も多い。

  • 「アジュール舞子~西舞子」は、明石海峡大橋の北側にある広大な埋立地一帯が釣り場である。整備された護岸帯は手すりまでついており、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。小型から大物までなんでも釣れるので、ベテランの釣り師も訪れる。アジュール舞子の西側には西舞子漁港がある。水深は浅いものの、投げ釣りの名所である。

  • 舞子海岸は、綺麗に整備されたベランダ護岸になっている。釣り公園並みにインフラが整っている。明石海峡にいる魚のほとんどがこの釣り場に接岸すると言っても過言ではない。海峡の中央部にあるだけに潮通しは極めて良好。幸いなことに、潮が速すぎても、地形的に釣りにならないことがない。

  • 明石新浜港は、明石港の西側にある港である。水深が深いことが特徴。駐車スペースは漁業関係者も使うので、漁具が多くおいてある。トラブルにならないよう注意したい。釣り人は港内の道路側に駐車することになる。また、多数の船が係留してあるので、仕掛けやルアーをキャストするときには十分にきをつけたい。大きな波止の根本部分は埋立地になっており、きれいな護岸帯になっているので、足場もよくて、安全に釣りを楽しむことができる。

  • 「松江~藤江」は林崎漁港の西側に大きく広がる海岸線一帯から、沖に向かって付き出している8本の突堤が釣り場となる。釣り座になるのはこの突堤の先端まわり。どの突堤も収容人数が限られてくるので、迷惑駐車をはじめとした色々なトラブルを起こさないように注意したい。日中は小物が多いが夜釣りでは型がよい傾向にある。

  • 浦サンビーチは、漁港の波止がメインの釣り場となる。先端から埋立地にかけて、沖向けに積まれたテトラ帯は足場が非常に悪いので、ビギナー入釣を避けたいところだ。波止の内向きは足場も安定しているのでのんびり釣りを楽しみたい人は、この周辺で竿を出すのがオススメである。釣り場は大きく■サンビーチ~宮前浜と■大波止~一文字のふたつに大別できる。

  • 生石崎 エリア:淡路島

    生石崎は、先端部分が北風に弱いのが難点だが、スズキの実績がとても高いことで知られていて、多くのルアーマンがここに入釣する。海底は複雑で沖合は砂地で安定してくるが、足元は岩礁帯、砂地、岩場などが入り交じる。投げ釣りでアプローチする場合は根掛り覚悟でのぞむのが前提になってくる。駐車場とトイレが付近にあるので、女性を連れて釣行するのも安心だ。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP