兵庫の釣り場 [ジャンル:護岸・テトラ]

  • この釣り場は『神戸港六甲アイランド』と『ポートアイランド』の間に位置する波止や沖堤防などがポイントになる。「神戸港7防」に比べれば規模の小さいポイントばかりだが、釣果で考えるとまったくと引けをとらないの。根魚やクロダイなど四季を通じて狙える魚が棲み着いているので、年中釣り人の姿が絶えることがない。潮通しも良好で、海底は概ね砂地。釣り人にとってはありがたい環境が揃っている。好きな釣法でアプローチしよう。

  • 東二見は、二見漁港からのびる2本の波止と、東二見人工島から突き出ている波止で構成されている釣り場だ。整備が行き届いているので足場は良好。どの波止も外向きはテトラが敷き詰められているが、比較的足場はしっかりしている。サビキで狙える小魚が多く接岸するのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 東二見人工島は南面と東面の護岸帯が釣り場になる。足場は基本的にテトラの上になるため、注意が必要。人工島へは車で入ることができ、護岸沿いの道路へ進入することができる。釣り座に車を横付けできるのが魅力だ。ほかの車の迷惑にならないように駐車しよう。

  • 本庄人工島は広大な埋立地で、足場が非常に安定しており、トイレも近くにあるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。沖合に面している護岸はテトラが敷き詰められているので、この周辺で魚の居付きが良い。車で釣行する場合は県道539号線を利用する。

  • 高砂港は、加古川河口、右岸に位置する県立の施設向島海浜公園が主な釣り場である。施設内は整備の行き届いた護岸帯になっていて、トイレや駐車場もある。水遊びなどもできる場所があるのでレジャーを兼ねて釣行するファミリーフ向けの釣り場としても人気が高い。釣況問い合わせ、エサは→高砂釣り餌専門店 0794-43-0149 角田釣具店 0794-42-0027

  • 難浜 エリア:姫路・高砂

    灘浜は大阪ガスの埋立地が釣り場。もともと緑地公園として整備されているので、足場のよさは抜群だ。護岸からは5本の堤防が飛び出しており、この周辺で釣り座を構えることになる。波止の先端は地元の釣り人が竿を出していることが少なくないが、一帯にテトラが敷き詰められているので、根魚の魚影がかなり濃く、ボウズで帰ることはないだろう。北西の風にめっぽう強いので、冬から春の風の強い時期も安心して竿を出すことができる。釣況・エサの問い合わせは『せとうち』 079-246-0318

  • 有名な明石海峡大橋の真ん中直下にある道の駅まわりの護岸帯が釣り場になる。足場が良くて手すりなどもあるので、安全に釣りを楽しむことができる。明石海峡に面しているので速い潮の流れに慣れていなと少々手こずるかもしれない。付近には売店、トイレ、駐車場、休憩所があるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 佐野新島 エリア:淡路島

    佐野新島は沖に面している護岸帯がメインの釣り場だ。釣り座まで降りるのが困難な場所もあるので無理はしないように心がけたい。やはり護岸の両端が人気の高いポイントだ。地元も釣り人の中には脚立を持参して入釣するものもいて、各人各々でお好みのポイントが有るらしい。本格的に探りがいのある好フィールドである。

  • 古茂江港 エリア:淡路島

    古茂江港は、全体的に水深が浅いフィールドだ。キワで3メートルほどしかない。海底は概ね平坦な砂地で、これが沖合まで続くためカケアガリなどの変化に乏しい。フィールその外向きはぐるりとテトラが入っているのでこの周辺で魚の居付きがよく、様々なターゲットを狙うことができる。場所によっては立ち入りが制限されているところもあるので、看板などの指示には従うようにしよう。

  • 「西宮浜~南芦屋浜」は、西宮浜の南面からカギ状に伸びる西宮ケーソンが主な釣り場。全長は約1キロと長く、どこからでも竿を出すことができる。内向きは広々とした ケーソンなので足場が良好で安心だが、外向きは足場が狭いため注意が必要である。西宮浜の北側から西側一帯は石積みの護岸が続いておりイシダタミと呼ばれている。各所に駐車スペース、トイレ、自販機がある。家族連れの釣行でも安心だ。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP