兵庫の釣り場 [ジャンル:港]

  • 神戸空港は、2007年に釣り人に開放されるようになってから高実績が続出したために、たちまち人気スポットになった名所。大阪湾のなかに数あるポイントの中でも、最も沖合に面しているので潮次第では爆釣も。もともと公園として整備されていたこともあり、手すりなどをはじめとして、整備がとても行き届いている。トイレが近くにないのがネックであるが、コンビニが近くにあるのでそちらを利用しよう。

  • 須磨港は、港の大半をヨットハーバーが占めている形をした港である。なお、ヨットハーバーまわりでの釣りは禁止されているのでこれに留意すること。釣り座になるのは港の岸壁の南向きとその沖にある一文字堤防である。波止釣り、ウキ釣り、ソルトウォーターフィッシング(ルアー)など様々な釣法でアプローチすることができるので、多くの釣人で賑わっている。

  • 垂水漁港は明石海峡に面しているだけあって、非常に潮通しがよく、また流れも速いのが特徴。港の内向きは、海面が河川のように流れているようにみえる。沖合の一文字堤防では流れの速い海流に育てられて身のひきしまった美味な魚が釣れる。付近には駐車場と釣具店がある。垂水駅からそんなに離れていないので電車を利用しての入釣も可能。

  • 大蔵海岸は、明石港の東側にある護岸帯で、非常に足場がよく、ゆったりと竿を出すのに適している。護岸の全てで竿を出すことができるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。付近の釣り場と例外なく潮の流れが速いので、転落などには十分に注意したい。付近にトイレや駐車場などが完備されているので、気軽に入釣できる。釣り物も豊富だ。釣況・エサ問い合わせ→ 明石釣りセンター 078-912-9796 まるは釣り具明石点 078-917-6634

  • 林崎港は、有名な明石港のすぐ西側に位置している漁港である。意外と知名度は低く、護岸、テトラ帯に車を横付けできるので便利な釣り場である。さまざまなスタイルの波止釣りに対応しているので、初心者からベテランまで釣りを楽しむことができる。道路から見えないところに入り口があるので、素通りする人も多いが、一度でも入釣したことがある人はリピーターになるだろう。駐車スペースはベランダの根元と内側、魚市場周辺にあるが、漁業関係者も利用するのでトラブルにならないように注意したい。

  • このフィールドは、長い浜に混じってポツポツと漁港や堤防が混じるようなポイントである。なかでも江井ヶ島港は規模の大きな釣り場でさまざまな魚種をターゲットにできるのが特徴である。海水浴場のちかくでは、夏場の日中に竿を出すのが難しくなるところもある。電車で釣行する場合は山陽・江井ヶ島駅から南へ徒歩10分。釣況問い合わせ、エサは江井ヶ島釣り餌センター 078-947-4350

  • 魚住港 エリア:淡路島

    魚住漁港は、江井ヶ島と東二見の間にある、ひっそりとした漁港で、規模もそんなに大きくなく、港を囲むようにL字型の堤防があるだけだ。釣り場はこの堤防の外向きがメインになるが、テトラが入っているので、足元には十分に注意したいところ。駐車スペースが限られてくるので、駐車する際は漁業関係者とトラブルにならないようにしたい。

  • 曽根港は、遠浅のフィールドである。そのためあまり大物は期待できないが、小物が多く接岸する傾向にあるので、夏の時期にはサビキ釣りが楽しくなる。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。本格的に狙う場合は夜釣りで攻略することをおすすめしたい。近くに釣具店がないので、予め必要な物は準備してのぞむこと。

  • 福泊港は、姫路市立遊漁センターの釣り桟橋およびその西側に位置している波止が釣り場になる。近くにトイレと整備された駐車場があるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り桟橋の周辺は足場も安定しており、安心だ。

  • 妻鹿港は、姫路港のなかでもとくに人気のある釣り場。温排水が注ぎこむところが近くにあるので、この周辺で年中クロダイの実績が高い。クロダイのみならず、他の魚種も大型化するので、あたればでかい。釣り座は4つに大別できる。■ガス波止、■赤灯台波止■出光波止、■一文字堤の4つだ。釣況・エサの問い合わせは『日の出渡船』 079-246-3030 『せとうち』 079-246-0318 

  • 妻鹿漁港は『妻鹿港』の中にある渡船の基地である。主なポイントは赤灯波止とそのむかいにある小波止、そして松原川河口の導流堤の三つである。どのポイントにもテトラが入っているが、整然と角ばったのが並んでいるので割と足場は良好、意外にストレスは感じないだろう。クロダイの魚影がめちゃくちゃ濃いので年中釣り人の姿が絶えることがない。エサは『日の出渡船』 079-246-3030 『せとうち』 079-246-0318 で問い合わせよう。

  • 飾磨港は、渡船を前提とした釣り場が周辺に多いなかで、地続きのポイントが多いありがたい釣り場だ。主な釣り場は■宇部波止、■中島埠頭の水路、■中島埠頭の波止、■中島埠頭の南岸壁、■中島埠頭のテトラ帯の5つである。釣況の問い合わせは 山口渡船 079-236-3603

  • 石見漁港は、岩場に囲まれた小さな漁港。ひっそりとしていて、穴場的な釣り場だ。波止から竿を出すことになるが沖側はテトラが入っており、ここを釣り座にする場合は足元に注意したい。釣況問い合わせは「のりくら釣具店渡船」( 079-322-2470 ) 「フィッシングカンパイ」( 0791-72-7463 )

  • 室津港は埋立地、波止、一文字などバラエティーに富んだ釣り場だ。意外と港の南側にある学校の裏で実績が高いことはあまり知られていない。型は安定しないものの、釣り場全体で魚影が濃く、数に期待できる。一文字へは渡船を利用して入釣することが前提になる。

  • 鰯浜港は相生湾内にひっそりと位置している小規模な漁港。湾に位置している割には、潮通しが良いので、釣り味も楽しめる。一帯ではカキの養殖がされていて、クロダイの魚影はピカイチだ。釣況問い合わせは「鰯浜釣具店」( 0791-23-1639 )

  • 赤穂港は、港の中央部を貫くようにして流れる加里屋川の両岸が主な釣り場となる。基本的に車を横付けすることができるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。河口部のほかにテトラ、波止などもありバラエティに富んでいるのが特徴。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 広畑港は、ケーソン、テトラ、石積みの護岸帯など、中規模のフィールドの割りには変化に富んでいるのが特徴。一帯で根魚の魚影が濃いので訪れる釣り人は多い。川筋のテトラは冬の季節風に強いスポットなので、おすすめである。近くに河口があるので河口域の魚もターゲットにできるのがうれしい。場所によっては足場が安定しないところもあるので、十分に気をつけた上で入釣したい。

  • 網干 エリア:姫路・高砂

    広大な姫路港のなかでも、特にアクセス良好な釣り場である。釣り場は大きく■網干浜、■貯木場周辺、■苅屋波止の3つに分けることができる。海底は概ね砂地なので投げ釣りに適しているフィールドだ。苅屋波止以外の場所は駐車スペースが十分にあるが、苅屋波止に関しては根元にある狭い駐車スペースを使うことになるので、マナーを守って駐車したい。

  • 仮屋漁港 エリア:淡路島

    仮屋漁港は淡路島の中でも手軽な好場所として知られている。釣り場が広いので、多くの釣人を収容することができ、年中釣り人で賑わっている。釣り物も多彩なので色々な釣法でアプローチすることが可能。ほとんどの釣り場は足場が良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。各所にトイレがあるのも安心だ。

  • 志筑〈津名港)は、淡路島の東浦エリアの中央部に位置する規模の大きな漁港がフィールド。四季を通じて各所に釣り人がいる人気のフィールドである。全体的に水深があり、港内の潮通しも良好なので、対象魚は豊富。四季を通じて釣果が期待できる魅力的なフィールドだ。足場も全体的に良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

12

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP