大阪の釣り場 [ジャンル:河口]

  • 淀川尻は大河川淀川の河口部なので、汽水域を好むクロダイ、キビレ、スズキが集まる。とりわけクロダイ、キビレの魚影が濃いことで知られている。釣り方は落とし込み、エビ撒き釣り、流し釣り、ブッコミ釣りなど釣りかたはなんでもOK。良型の傾向があるので、この釣り場に魅了される釣り人は多い。

  • 貝塚・津田川河口周辺は貝塚人工島とその近くを流れている津田川の河口が釣り場になる。釣り物はクロダイ、ハネ(中型のスズキ)のほかに、おすすめなのがハゼである。あまり専門に狙う人は少ないが、三桁台の釣果も夢ではない。近くに駐車場があり、大きな道路からアクセスもしやすいので、多くの釣り人が足を運ぶ。

  • 見出川尻は、見出川尻の河口(特に右岸)が主な釣り場になる。車で釣行する場合は、釣り場まで少々歩くことになるので、キャスターつきのバッグを持参するのが望ましい。近くには海水浴場もある。ここから狙うと海水の釣り物を相手にできるが、海水浴場シーズンは日中に竿を出すのが難しくなるので、留意しておこう。

  • 岡田浦 エリア:泉南

    岡田裏漁港と樫井川河口部の砂浜が主な釣り場になる。船溜まりの周囲は干潮時はとても浅くなるが、外海が荒れているときや、大潮の満潮前後は思わぬ釣果をあげられるかもしれない。周辺には、トイレ駐車場がバッチリ整備されているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 男里川尻 エリア:泉南

    男里川尻は川幅の狭い男里側の両岸壁とその河口部が釣り場になる。水深があまりないので、大物は期待できないものの満潮のときは川幅が広がり、ハネ(中型のスズキ)などの魚を狙いやすくなる。多くのルアーまんがこれを狙って足を運ぶ。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP