静岡の釣り場 [ジャンル:護岸・テトラ]

  • 長井崎~長浜護岸は、小さな岬である。ここでは「長井崎」と「長浜護岸」の2つにわけて紹介したい。背後には山があるので、多少の風には影響をうけない。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 木負周辺 エリア:沼津

    木負周辺は、周辺でも圧倒的な人気を誇る堤防である。湾の奥まったところに位置しており、中心部で30mくらいあり、汽水域やイケスまで設置されていて、魚が好むような条件が揃っている。ここで釣り座として構えるのにおすすめのポイントは「木負堤防」、「浜町護岸」、「木負農協浦」の3つである。釣り場周辺の施設には、駐車場、トイレ、コンビニがある。

  • 立保周辺 エリア:沼津

    立保周辺は、野球場と灯台の周辺の釣り場のことを指す。整備が行き届いているので、釣り人にとってはありがたい釣り場である。ただし、車を近くまで寄せられないため、少し歩かねばならない。その訪れる釣り人はそこまで多くない。周辺施設には駐車場とトイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 古宇周辺 エリア:沼津

    古宇周辺は、いかにも「日本的」な風情漂うひなびた小さな集落に面している海岸一帯のことを指す。周辺には駐車スペースもなければ釣具店もないので、釣り人にとってはこれがネックであるが、電車やバスを利用する釣り人にとっては入釣しやすい。ヨットハーバーのあるところは浮き桟橋があり、ここでの釣りは禁止されているので注意が必要。

  • 久料護岸 エリア:沼津

    久料護岸は、こぢんまりとした船着場で県道の下にあるので、釣り人からは見過ごされがちな釣り場である。アジからアオリイカまで釣り物が豊富なのが特徴である。認知度は低いが、サーフトローリングで回遊魚を狙うこともでき、色々なアプローチを楽しむことができる。周辺施設には駐車場とトイレがあるが、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 温泉地として知られている熱川から白田までの海岸線からのびる堤防群である。大小あわせて6本の堤防がある。周辺はゴロタが目立つが沖のほうは砂地になっているので遠投すれば根掛りを心配する必要はない。また河口が2つあるので、変化に富んでいるのが特徴である。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • ハトヤ裏は、釣り人の間では比較的知名度のある釣り場であるが、実際は釣り人が少ないのが特徴。整備される前までは普通の磯場だったので、磯物の魚影が濃い。すぐ沖の方も水深が10mほどあるので、大物狙いにも向いている。周辺施設には駐車場と、トイレがある。近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP