静岡の釣り場 [ジャンル:堤防]

  • 獅子浜突堤群は、港内部分から南側かけて5本ほどのびている堤防群のことである。訪れる釣り人のほとんどが地元の釣り人ばかりである。回遊魚から根魚までターゲットが豊富である。周辺施設には駐車場、トイレぐらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 御浜崎 エリア:沼津

    御浜崎は湾口に大きくのびた岬である。この岬の外海側はゴロタ浜が続いているが、内側は美しい砂浜が広がっていて、夏場は海水浴場で賑わいをみせている。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実している。

  • 小土肥堤防は、もともと海水浴場を波から守るためだけに建造された堤防なので、つくりが荒いのが特徴。海底は砂地なので変化に乏しく、また足場も悪いので、沖の根回りや沖のテトラ帯まわりぐらいしかポイントにならない。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実している。

  • コバルト堤防は、フェリーが発着するところにある堤防である。それだけに水深がかなりあり、潮通しもかなりよいので、豊富な魚種をターゲットに出来るのが特徴。西伊豆を代表する回遊魚の一級釣り場としても名高い。周辺施設にはトレイレ、コンビニ釣具店があり、わりと充実している。

  • 多々戸浜堤防は、下田市から国道を石廊崎方面へ進んで、多大戸口を左折した先にある砂浜にある堤防だ。この突堤はあ30mほどしかないが、足場もよく広々としているのが特徴。ただし水深は2mないくらいで浅め。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 水尻堤防は、須崎半島の東側に位置する小さな九十浜の隣にひっそりと位置している漁港である。堤防左側から九十浜にかけては砂地が広がっていて、地磯に続く右側は海底が岩礁帯になっている。周辺施設には駐車場くらいしかなく、近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 伊東港は、東伊豆でも知名度も高くとても人気の高い釣り場である。整備が行き届いており、足元が安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。有望なポイントも複数点在しベテランも飽きさせないのが魅力である。湾内は奥から、新井堤防、白灯堤防、赤灯堤防、魚市場付近の岸壁と釣りする場所に 困る事はない。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 大崎堤防は、釣り場の多い周辺でもかなり「穴場」で、その存在自体があまり釣り人あいだで知られていない。収容人数は2~3名ほどで、テトラ帯も含めると最大で5名ほど。小場所ながら周囲をゴロタで囲まれているので、魚影が非常に濃いのが特徴。潮どおしが良いので、夏~秋にかけては回遊魚を狙うことができる。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 和田木堤防は、開発が進み、いまどき風の海岸が続くなかでも、昔ながらの干物屋さんがところ狭しと立ち並ぶ網代に位置するどこか懐かしさを感じさせてくれる漁港である。湾の奥に位置するので、波風穏やかなのが特徴で、網代駅からもアクセスするのが容易。ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺施設には、駐車場、トイレがあるが釣具屋が近くにはないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • マリンホール裏は、網代湾の最奥部に位置する一角である。沖の方に養殖イカダが設置されていることからも分かる通り波風に強いのが特徴。公園の埋立地を取り囲む形で石積みの護岸とテトラ帯が築かれており、その西側の堤防までが釣り座になる。周辺施設には整備された広めの駐車場、トイレがある。

  • 多賀新堤は、湾の奥に位置する港である。波風がおだやかな上、全体的に足場が安定していて堤防から水面の高さもほどよい。周辺では毎週土曜日、日曜日に地場物産の直売所や各種イベントが開催されるなど、釣り人だけでなく家族連れの観光客も多く訪れる。周辺施設には大型の駐車場のほか、トイレがある。ただし近くに釣具店がないので、釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP