石川の釣り場 [ジャンル:浜(サーフ)]

  • 周辺の釣り場は根がかりが多発するところが多いが、無関は海底の変化も激しくなく、足場も安定しているので初心者にも向いている。夏になるとコアジも回遊してくるので、この時期になるとサビキでアジを狙う釣り客が増える。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 地元民からは大型イシガレイが釣れることで知られている。基本的にはテトラの上にのって竿を出すことになるので、足元には十分に注意すること。難易度の高い釣り場で、スキルと経験が問われる。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • この釣り場は「ツインブリッジのと」から能登島側の立脚部分から漁港にかけてが釣り座になる。昔から人気の高い釣り場で一時期は場荒れによって魚がスレてしまい、人気が急落したものの、最近はもちなおしている。投げ釣りとうき釣りで楽しむのに適している。足場がいいので、ビギナーにおすすめしたいところだが、海底はかなり複雑で、中級者以上だと安心して釣りを楽しむことができるだろう。

  • 根木 エリア:穴水

    海岸線沿いに車を停めて、そのすぐ横で竿を出すことができる釣り場だ。足元も悪くないのでビギナーや家族連れでの釣行も安心である。周辺は海藻が繁茂するので、ライントラブルが起こりがち、なるべく海藻帯とそうでないところの境目を狙うようにしよう。周辺に民家は無いが、漁業関係施設が多く、関係者の出入りも激しいので周辺には配慮すること。釣り場へは穴見町の中心部から国道249号線を根木方面へ15分ほど走ったところにある。

  • 釜鼻 エリア:七尾

    海岸線沿い一体が釣り座になる。ビギナーからベテランまで色々な層の釣り人が足を運ぶ人気の釣り場である。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースが二箇所あるので便利だが、道路沿いに駐車することになるので十分に配慮、注意すること。またコンビニが徒歩圏内になく、トイレも設置されていないのであらかじめ必要な準備をしてのぞみたい。カーナビでこの釣り場を目指すなら能登鹿島駅を目指すのがよい。穴水町の中心部から国道249号線を七尾方面へ車で20分ほど走らせたところにある。

  • 古君 エリア:穴水

    地元の釣り人からは人気のある釣り場であるが、釣り雑誌や釣りサイトではあまり取り上げられることのない釣り場だ。水深は一帯で5~6メートルくらい、春のノッコミの時期になるとクロダイ狙いの釣り人で賑わうようになる。沖堤防へはゴムボートで渡ることが可能である。釣り人が利用できるスペースはいくつかあるが、基本的には道沿いに停めることになるので、周辺には気を配ろう。

  • この釣り場はどちらかというと中級・上級者向けの釣り場である。基本的には磯、岩礁帯に乗って釣をすることにること、海底がゴロタ帯で、溝も入り組んでいて、ある程度の腕が要求されるのが理由である。クロダイに関しては一年中狙うことができるが、定置網漁の周辺では竿を出さないこと。釣り場自体は宇出津の中心から車で10分もないところにあり、太い道路から釣り場が見えるので探しやすい。ただの海岸線だとみなされてしまう傾向があるのか、訪れる人はそこまで多くなく、のんびりと魚釣りをたのしむのに向いている。

  • 羽根海岸 エリア:能登

    この釣り場は駐車場と釣り座がすぐそばにあって、とっても気軽に魚釣りを楽しめるのが特徴。釣り場はわかりづらいところにあるので、地元民に道を尋ねながら車を走らせるのが良い。近くには海水浴場があり、夏場、日中に竿を出すのは困難。早朝や夕方以降であればキスの好釣場なので、遊び疲れたあとに竿を出してみてほしい。弁天島から北西のポイントはクロダイの放流魚業をやっていることろなので、魚釣りが禁止されている。

  • 小浦海岸 エリア:能登

    ずいぶんとのどかな風景の中で魚釣りを楽しむことができる釣り場。訪れる人も少ないので、場荒れもあまりしていないのでおすすめだ。釣り人のほとんどがアイナメかアオリイカ狙いのどちらかである。釣り場の近くに駐車スペースがあるので便利だが、コンビニやトイレが徒歩圏内にないので必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 白丸 エリア:能登

    白丸は磯のフィールドで、珠洲市中心部から国道249号・県道35号で松波方面へ車で20分ほどの場所に位置している。一体は磯が続いており、あまり水深がない。訪れる人がそんなに多くないので、穴場的な雰囲気の中でのんびり磯釣りを楽しむのに向いている。河口、堤防、ゴロタなど各種フィールドが揃っていて、大型も釣れるので魅力的な釣り場である。

  • 赤崎海岸 エリア:能登

    この釣り場は赤茶けた岩礁が続いている特徴的な釣り場で、内浦中心部より海岸線を赤碕方面へ約5分ほど進んだところにある。割りと並が穏やかで、水深も浅いのでビギナー向けの釣り場といえる。カーナビで検索をかけても出てこない場合は、『赤崎灯台』、『能登赤崎モビレージ』で検索すればOK。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがあり、徒歩圏内にトイレもあるので便利だ。

  • 三ッ子浜・渋田は砂地で投げ釣りを楽しめる釣り場なので家族連れの姿も多い。輪島市街地から国道249号線を曽々木方面へ車で30分ほど走ったところにあるので気軽に釣行できる。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 大川浜 エリア:輪島

    大川浜は周辺の釣り場の中では珍しく、海底のほとんどが砂地である。輪島市街地から国道249号線を曽々木方面へ車で30分ほど走ったところにある。近くに釣り人が利用できる駐車スペースとトイレがあるので女性や子供を連れての釣行も安心だ。ただしコンビニが近くにないので、飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP