石川の釣り場 [ジャンル:磯]

  • 投げ釣り、ウキフカセ釣りの両方を楽しめる釣り場。難易度の低い釣り場なので、初心者や家族連れでも十分に楽しむことができる。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • この釣り場は投げ釣り師に人気のある釣り場だ。夏の時期になると、別荘地、キャンプ地としてもにぎわいをみせるようになるので、駐車スペースの確保に悩まされることもある。「鼻」の先端部は海難事故が起きやすい条件が整っているので、ライフジャケット、スパイクブーツなどの着用は必須である。単独釣行の場合は特に注意しよう。徒歩圏内にコンビニ、トイレがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 近くにヒラメとクロダイの中間育成施設があるためか、大型魚が付近を回遊してるのが度々目撃されている。また沖合にはイカダが設置されており、ここでイカダ釣りが楽しめるので機会があったら是非利用したい。釣り場は穴見町の中心から車で15分ほど。国道249号線から一般道を利用して入る。

  • この釣り場は大きな道路から外れた場所に位置しているので、訪れる人が釣り人が少ないのが特徴。穴場的な雰囲気の中で魚釣りを楽しむのに適している。駐車場は漁師関係者の方々のために整備されているので、駐車の際は配慮すること。また、近くに金沢工業大学の敷地があるが、ここも立ち入りが制限されている。

  • 「穴水湾 野々木鼻」ポイントといえば穴見町エリアを代表するポイントで、腕利きのベテランたちが足を運ぶようなポイントである。クロダイが越冬するポイントで、冬でもクロダイ釣りが楽しめるポイントだ。周辺はアジ、カサゴなどの小物も多く、飽きること無く魚釣りを楽しむことができる。駐車場から歩いて行くことも可能。岬の左側は徒歩では入釣出来ないので渡船を利用して入る。

  • 宗崎・袖崎 エリア:穴水

    前方は海、背後には水田、そして森が水田を囲んでいる。そんなのどかな環境で魚釣りを楽しみたい人にはおすすめの釣り場である。基本的にはクロダイ狙いで訪れる人がほとんどであるが、アイナメ釣りでも有名なポイントなので家族連れの釣り客でも十分の楽しむことができる。

  • 大甲・小甲 エリア:穴水

    冬が近くなってくると周辺では釣りができなくなるが、ここでは竿を出すことができる。足元から水深が8mくらいあるので、水温が安定しているためだと思われる。基本的には遠投が前提の釣り場。ビギナーには少々厳しいのでベテランに道伴してもらたほうがよい。そうでなくてもアイナメがうようよいるのでそれを狙うのもアリ。車から釣り座までは歩いていくことになるのでなるべく軽装でのぞむこと。

  • 恵比寿崎 エリア:穴水

    恵比寿崎はゴムボートで入釣するポイントが3つあるのが特徴。クロダイを狙って入釣する人が多い。冬から春にかけては海藻が繁茂するので魚釣りには向かないので釣行を見送るのが吉。釣り場へは穴見町の中心部から国道249号・県道34号を乗り継ぐ。車で20分ほどで到着することができる。季節を問わず駐車場は漁師関係者が利用するものなので、十分に気を配ろう。

  • 御舟崎 エリア:能登

    御舟崎は内浦の中心部もしくは宇出津の中心部から車で20分ほどの場所に位置している。釣り場へ向かう場合は県道35号線にのるのがよい。カーナビで御舟崎が出てこない場合は『小木郵便局』で検索をかけてみよう。全体的に磯の地形だが足場がよくてビギナーでも十分に楽しめる。マナーさえ守れば釣り人が利用できる駐車スペースがいくつもあるので便利。また、近くに『里磯釣具店』があるので事前に情報を仕入れてから入釣しよう。

  • 湾の中にある釣り場なので、一年中波風の少ない釣り場である。ナイターでは各魚種とも釣果がアップする傾向にあるが、足場が悪く危険なので釣行を控えたいところである。全体的には中級者以上向けの釣り場であるが、『のと海洋ふれあいセンター』の周辺であれば家族連れでの釣行もOKである。磯がちなフィールドなので、スパイクブーツは基本的に着用していただきたい、とりわけ城ヶ崎の遊歩道はとても滑りやすいので特に注意が必要である。

  • 九十九湾周辺の釣り場の中でも水深があるのが特徴で、大型がヒットしやすいのが魅力な釣り場。湾内にあるので年中並が穏やかで釣りがしやすい。しかし県道から見えない場所に位置しているためか、意外と足を運ぶ人は少ない。車を泊める場合は『能登勤労者プラザ』に許可を取る必要がある。因みに『百楽荘』の下のポイントは、宿泊客のみが利用できる釣り座なので、一般客は入釣してはならない。

  • 立壁 エリア:能登

    立壁は内浦の中心部から車で約10分ほどのところにある。近くに県道35号沿いの立壁集があって、細い道を海岸線に進むことになる。この釣り場は県道から見えない場所にあるので、穴場的な雰囲気の中で魚釣りを楽しむことができる。周辺一帯は釣り人が利用できる駐車スペースが少ないので、地元住民とトラブルにならないよう十分に注意しよう。

  • 平島 エリア:能登

    平嶋は、内浦中心部より海岸線を赤碕方面へ車で5分ほど走ったところにある。釣り場はファミリーフィッシングからベテランの釣りまで色々な層に対応できる。カーナビで松島がヒットしない場合は『能登赤崎モビレージ』で検索してみるとよいだろう。そのほか、この釣り場は近くに駐車場があるので便利である。

  • 寺家上野 エリア:珠洲

    寺家上野(じけうわの)は珠洲市中心部より県道287号・28号で禄剛崎方面へ約15分ほど車で走ったところにある。県道から釣り場が確認できないので、訪れる人はそこまで多くない印象。足場が非常に悪く、釣り座までの距離もそこそこあるので、スパイクブーツを着用し、荷物は軽めにしてのぞむのがよい。特に北側に広がる磯場は足場が悪く、海面からの距離も近いので十分に注意する必要がある。

  • 弁天島 エリア:志賀

    弁天島は志賀町市街地から車で10分ほどの場所にある。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。足場が海面に近いので、波の高い日には十分に注意する必要がある。

  • 上野 エリア:志賀

    上野と書いて「うわの」と読む。ぱっと見であまりよさそうな釣り場ではないのだが、少々荒れているにスズキとクロダイがよく釣れるのが特徴。 近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。スパイクブーツを着用しよう。

  • 小浦 エリア:志賀

    小浦(おうら)は志賀町中心部から車で10分ほどの場所にある。訪れる火人は少ないが、実績が高く、穴場的な釣り場である。釣り座までは車を降りて移動しなければならない。磯歩きになれていない場合は十分に注意して移動すること。また、コンビニ、トイレもないので、水分など、必要な物は必ず準備してのぞむこと。

  • 百浦 エリア:志賀

    百浦(ももうら)は広大な磯のフィールド。近くに百浦漁港があるが、港内で魚を狙う人はほとんどおらず、周辺の地磯から竿を出す人がほとんどだ。 近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。場所によっては波をかぶるので十分に注意すること。

  • 志加浦海岸 エリア:志賀

    志加浦海岸は全体的に釣り座が低く、波をかぶりやすい。過去には波に釣り道具をさらわれた人もいるので、注意したい。海底は沈みねが点在してい、根がかりが頻発するのが特徴。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。最近のアイナメブームで再評価されているらしい。

  • 水深が深いので、晴れて潮が澄み切っていたり凪のような日でも魚釣りを楽しめる。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニが近くにない。飲食物など必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。冬は一面がノリ畑になるので釣行を控えること。

1234

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP