新潟の釣り場 [ジャンル:浜(サーフ)]

  • 親不知海岸は、断崖が背後に続く海岸で、入釣難易度が非常に高く、かなりの急坂を下りていかなければならない。場荒れが皆無で、磯物の魚を狙うにはかなりの好場所である。荷物は最小限にしておく必要がある。周辺施設には駐車場とトイレ、釣具店があり、充実している。

  • 須沢海岸 エリア:糸魚川

    須沢海岸は、砂利混じりの砂浜で、嬉しい外道がよくヒットする人気のフィールド。投げ釣りでは、何がヒットするのかわからないので、ドキドキ感を味わうことができる。シロギスの実績も高い釣り場だが、様々なフィッシュイーターが潜んでいることでも知られている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 谷浜 エリア:上越

    谷浜は、砂浜とテトラが釣り座にかつては沖に置かれていたテトラ堤が、陸続きになり、釣り場としてのポテンシャルがぐんと高まった。釣り場全体は砂地になっているので、昼間の釣果はそこまで期待できないが、夜釣りでは思わぬ大物に恵まれることも。テトラまわりでは安定してロックフィッシュが釣れる。夏場は海水浴場になるので、周囲には十分注意したい。付近には駐車場とコンビニがあり、充実している。

  • 黒井新堤~新堀川河口は、砂浜からいくつも突堤がのびている釣り場で、国道から近く、足場も安定しているのが特徴。小物から大物まで様々な釣り物をターゲットにできる好場所だ。全体的に潮通しが良いのが特徴。数釣りを目指すなら潮の動きをみながら釣り座を選んだり、仕掛けを変える必要がある。周辺施設には広めの駐車場、コンビニなどがあり充実している。

  • 上下浜 エリア:上越

    上下浜は、「上下浜駅」から程近い釣り場で、夏のシーズンになると海水浴場として開放される。釣具メーカーが投げ釣り大会を主催するほどのシロギスの好漁場。海底には根や海藻などの障害物が少なく、根掛りの心配をする必要がない。周辺施設には駐車場とコンビニがあり充実している。

  • 柿崎海岸 エリア:上越

    柿崎海岸は、駐車場からほど近いところに釣り場があるのが魅力的な釣り場だ。沖の方にはテトラの離岸堤があり、シロギスなどの居付きが良い。釣具メーカーが投げ釣り大会を取材するほど人気の高い釣り場だが、海水浴場としても有名で、周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。7月中旬から8月中旬は多くの海水浴客が押し寄せるので、釣りにならないと考えてよい。

  • 米山海岸 エリア:柏崎

    米山海岸は、シロギスの好漁場として有名である。全体的に水深が浅く、濁りがあまり入らいないのが特徴。ヒラメやマゴチなどのフィッシュイーターの魚影が濃いので、ルアーマンが多く訪れる。シロギスの最盛期には、半日で十分な釣果が得られる日もある。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 番神 エリア:柏崎

    番神は、変化に富んだフィールドである。堤防、テトラ、磯場、砂浜などのポイントが混在している。シロギスやメゴチなどの実績が高いことで有名。「鯨波駅」から歩いて10分ほどで入釣できるのでアクセスも良好である。シケの前後は期待大だ。周辺には駐車場、トイレがある。

  • 大崎海岸 エリア:柏崎

    大崎海岸は、国道からすぐ近くにある海岸だ。サビキ釣り、投げ釣りなどさまざな釣法を楽しむことができる。海水浴場として解放されている場所がたくさんあるので、釣り人は夏場に肩身の狭い思いをするかもしれない。水深は浅いが、シケの前後は期待がもてる。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 田ノ浦海岸周辺は、海水浴場として人気の高い田ノ浦海岸を囲むようにして立地している釣り場である。沖合のほうまで浅瀬が続くサーフで、シロギスなどの好釣り場である。海水浴場が近くにあるだけあって、トイレや手洗い場があり、キャンプをしながら釣りを楽しむこともできる。波に弱いという難点があるので、海が荒れている日は釣行を控えるべきである。

  • 浦浜は、両端を岩場に囲まれた砂浜である。ゴロタ浜になっているところは投げ釣りでの釣果が期待できる。チョイ投げでも十分に釣りを楽しむことができる。道路沿いに3箇所の駐車場がある。魅力的な離れ岩が点在するが、渡し船は運航していないのでボートを持参して入釣するしかない、周辺には駐車場とトイレがある。

  • 五十嵐浜は、シロギス釣りの好場所で、知名度がかなり低くかなりの穴場である。「いがらし」ではなく「いからし」と読みをあてるのが正しい。この浜の背後は市街地になっているので周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 網代浜は、シロギスの実績が高いことで知られている釣り場で、砂浜のところどころからのびる突堤に乗って竿を出すと、クロダイを狙うことができる。堤防の近くの砂浜は夏期に海水浴場として開放されているので、この期間は釣りができないものと考えてよい。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 北浜 エリア:胎内・村上

    北浜は、突堤と沖堤の周辺が主な釣り場になるだろう。足元が安定しているので、家族釣れでも安心して釣りを楽しむことができる。沖堤はマイボートから狙うことになる。クロダイの魚影が大変濃いので、ベテランにはおすすめである。凪の日は釣行してみたい。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 野潟海岸は、かつて釣り堀があったところで竿を出すことになる。海底は岩場になっていて、色々な魚が居着いている。近くには廃校があり、その隣にキャンプ場として開放されっている場所があるので、夏場はレジャー客が多く押し寄せる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 柏尾海岸は、スズキやクロダイの良ポイントである。年間を通して釣り人の客は少ない。海水浴場として開放されているところもあるので、夏場だけは海岸が活気にあふれる。付近にはトイレと駐車場がある。駐車場は夏場だけ有料になる。

  • 吉浦 エリア:胎内・村上

    吉浦は、海底が基本的に砂地で、ところどころ岩礁が入り混じる。奥行きのない浜なので、海が荒れると足元が簡単にびしょびしょになってしまう。海が荒れてきたら素直に撤退したほうがよいだろう。近くには駐車場があるが、駐車できるスペースが多くないのが難点だ。

  • 早川海岸は、ひっそりとした海岸で訪れる釣り人が少なく、場荒れしていないのが特徴。穴場の釣り場として魅力がある。有名な釣り場がひしめく一帯の中では地味な存在かもしれない。この海岸も吉浦と同じで、荒れている日は簡単に波を被ってしまうので注意が必要。周辺には駐車場がある。

  • 馬下 エリア:胎内・村上

    馬下は、谷無川の流れこみがあるので、この周辺の魚影が濃い。この海岸は岩場と砂浜が交互に入り交じり、沖のほうにはテトラ帯とハナレの磯がある。全体的に魚影が濃いことで知られており、数多くの釣り人が押し寄せる。付近には駐車場もトイレもない。必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 笹川流れは非常に美麗な海岸線で、観光名所として全国的に有名な景勝地である。日本海の荒波に削られた海岸線は、奇妙な岩や洞窟などが点在する。笹川流れは国の「名勝天然記念物」にも指定されている。多くの釣人、観光客が足を運ぶ。

12

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP