新潟の釣り場 [ジャンル:河口]

  • 青海川河口は、淡水と海水が入り混じる汽水域で多彩な釣法を楽しめる好場所だ。海底は複雑に変化しており、各種フィッシュイーターが棲み着いている。アクセスしやすいのも魅力で、駅から徒歩で5分くらいで入釣できる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 海川河口 エリア:糸魚川

    海川河口は、スズキとクロダイの実績が高いフィールドである。初夏になるとアユの稚魚が遡上してくるので、スズキがさかんに水面でバイトする。そのほかにもカイユウギョや各種フィッシュイーターが潜んでいるので、スリリングな釣り場だ。一年を通じて釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 関屋分水河口は、日本で最も長い河川である信濃川の分水路である。川岸はテトラが敷き詰められており、この周辺に多くの魚が居着いている。おおむね砂地の釣り場で、水深も深くて3メートルほどであるが、海面に対して足場が低いので、場所によっては波を被りやすい。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 加治川河口は、加治川の左岸からのびる導流堤から竿をだすのがおすすめである。ルアーで狙ってみるもよし、穴釣りで狙ってみるのもよし、投げ釣りで狙ってみるのもよしの好釣場である。河口の両岸とも砂浜になっているが、夏場でも海水浴客が少ないので安心して竿を出すことができる。周辺には駐車場がある。

  • 落堀川河口は、国道から見えないところにある位置している釣り場なので、穴場である。残念ながら浜にはゴミや漂着物が目立つが、そのせいか夏場の海水浴客が少ないので釣り人にとってはありがたいとも言える。先述の通り、国道から入り口が見えづらいところにあるので、見逃さないようにしたい。周辺には駐車場がある。

  • 胎内川河口は、砂利などの堆積が激しく、最近グンと川幅が狭くなってしまった。水深が浅いので、型の大きな釣り物は期待できない。春の満潮の夜に、遡上するアユを追って集まるスズキをルアーで狙ってみるとおもしろいだろう。近くには駐車場がある。

  • 荒川河口は、アユがたくさん遡上してくることで有名な河川である。ときおりメーターオーバーのスズキがヒットすることでも知られており、ルアーマンにとってはロマン溢れる釣り場だ。河口の右岸は砂浜になっていて、のんびりとシロギス釣りを狙うことができる。サクラマスやサケがヒットしてしまったらすみやかにリリースすること。近くには駐車場がある。

  • 瀬波海岸~三面川河口は、新潟県では数少ない白い砂浜海岸である。釣り場のちかくには温泉街があり、釣り場に温水が流れ込むので、冬場でも大物を狙うことができる。沖のテトラ帯と砂浜がメインの釣り座になるだろう。周辺施設には駐車場とトイレがある。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP