新潟の釣り場 [ジャンル:護岸・テトラ]

  • 親不知インター下は、長大な消波堤ブロック帯が続く釣り場だ。全体が釣り座になるが、潮の満引きをうまく利用することが重要になってくる。潮の流れをよく読んでコマセを効果的に使おう。クロダイとアオリイカ狙いの釣り客が多い。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 田伏~梶屋敷は、海岸沿いのテトラがぎっしり敷き詰められており、これが魚の居付きがかなりよい。電車でのアクセスも容易で、駅から10分も歩けば入釣することができる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。駐車スペールが少ないので迷惑駐車をしないよう留意していただきたい。

  • 上輪海岸 エリア:柏崎

    上輪海岸は、周辺のサーフポイントでは規模の小さな釣り場である。海底は基本的には砂地であるが、岩礁が点在しており、変化があるのが特徴。沖合130メートルほどの場所にある岩場の周辺は根掛りの多発するポイントだ。周辺施設には駐車場、トイレがあり充実している。

  • 鯨波海岸 エリア:柏崎

    鯨波海岸は、両端を岬に囲まれた砂浜である。夏場は海水浴場として解放されるので釣りにならない。小規模でありながら、シロギスの好漁場として知られている。小さな川の流れ込みがあるので、周囲でスズキやクロダイなどの魚影が濃い。周辺には駐車場、トイレがある。

  • 柏崎海岸 エリア:柏崎

    柏崎海岸は、両端を河口に囲まれたフィールドである。場所によってはフェンスがあり、足元も十分に整備されていて、人気の高いポイントがある。夏場は海水浴として開放される場所もあるので、注意が必要。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 塩害試験場下は、地元の釣り人の間では根魚の魚影が濃い釣り場として知られている。潮通しはそこまでよくないのだが、海底が複雑に入り組んでいるので、もともと魚影が非常に濃く、濁りが入ると思わぬ釣果に恵まれることがある。近くには駐車場がある。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP