神奈川の釣り場 [ジャンル:護岸・テトラ]

  • 高齢者保養施設「ふれーゆ」の裏手に整備された護岸。敷地も広いため、休日でもそこまで窮屈にならないのがこの釣り場の良いところ。ふれーゆで食事などもとれるので大変便のいいスポット。

  • 磯子海づり施設のすぐそばにある護岸。電源開発という発電施設からの排水で水温は高く、魚影は非常に濃い場所。地元の黒鯛師たちが多く通う穴場。簡単な仕掛けならば、隣の海釣り施設の売店で購入できる。

  • シーサイドラインの福浦駅周辺に広がる護岸・テトラ帯。幸浦から福浦までの間を指し、正確には金沢緑道公園という名称。工業地帯で釣り禁止の場所が多い金沢区の中で貴重な釣り場。

  • 地元の釣り人たちが足繁く通う好漁場。見た目は何の変哲もない岸壁だが、魚影が非常に濃い意外性のあるポイント。すぐ近くに大型の釣具店があるのが何かと便利。

  • 城ヶ島へは車で入釣することができる。この釣り場は城ヶ島の北側、三崎港側を指す。有料の駐車場がいくつかあり、入釣するのは容易いので、多くの釣人が訪れる。三崎港と違って、海底は砂地よりもやや岩礁帯の方が多く、豊富な魚種をターゲットにすることができる。周辺施設には有料駐車場のほか、トイレ、釣具店があり、食堂も充実している。

  • 城ヶ島の東側にあるポイントで、釣り場全体が岸壁になっているが海底は岩礁帯であるため、豊富な魚種をターゲットに出来る名ポイント。船着場では一切釣りができないので、留意しておこう。周辺施設には、トイレ、駐車場があり、車での移動ならば釣具店や食堂まですぐに移動できるので、人気が高い釣り場だ。

  • 三浦半島の中では一番水深があるので、真冬でも水温がある程度安定し、通年で釣りが楽しめる。また、ポイントによって水深の違いがあり、トイレ、駐車場から近いこともあって、人気の釣り場の一つだ。

  • 白須護岸 エリア:三浦

    三方向を建物や丘で囲まれていて、多少の風があっても安心して竿を出せる好ポイント。海底は基本的に砂地で水深は4mないくらい、投げ釣りで望むのがよい。周辺施設には駐車場とコンビニがある。立ち入り制限やコマセの撒けない場所もあるので、掲示物の指示には従うこと。

  • 温水が流れ出るポイントなので年中水温が安定しており、四季を通じて色々な魚を狙うことができる。ただし中潮、大潮だと足元が確実に濡れるのでウェーダーやスパイクブーツを着用しよう。周辺施設には駐車場とコンビニがある。

  • 国道のすぐ下に位置するポイントだが、駐車できるところが近くにないので、釣り人はあまり居ない。最近まで周辺施設には駐車場とトイレがあったのだが現在はなくなっている。釣り場から徒歩で7分くらいのところに有料の駐車場がある。江ノ島電鉄の長谷駅から遠くない距離になるので電車で釣行するのが苦にならない釣り場だ。

  • 全長1kmに満たない護岸帯で、石積みなので、魚が居着きやすくなっており、魚種が豊富なうえ通年で魚影が濃い。周辺施設にはトイレ、コンビニ、釣具店があり割りと充実しているが、近くに駐車場がない。波をかぶりやすく、足元が滑りやすくなっているので注意が必要。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP