神奈川の釣り場 [ジャンル:堤防]

  • 川崎新堤 エリア:川崎

    全長が3kmにも及び、東京湾随一の規模を誇る巨大堤防。その広さゆえ、いつ訪れても釣り座には困ることがない。水深は浅い所でも7m程。西側の赤灯付近から順に1〜6番まで番号がふられた階段があり、渡し船で番号を指定して降りる。

  • 小網代堤防 エリア:三浦

    堤防の右手は海底が岩礁帯、左手は平坦な砂地が続く。入釣経路を通ると必ず濡れてしまうので、ウェーダーの着用は必須。堤防の右側はテトラになっており、ここで色々な魚をターゲットに釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場とコンビニがある。釣り場までは少々歩かなければならないが、それだけの価値はある釣り場。

  • 三戸浜堤防 エリア:三浦

    家族連れの釣り人が多いポイント。堤防の左側の海底は岩礁帯で、テトラで覆われている。右側は砂地で、平坦な海底だが、船着場になっているので竿を出せるポイントが少ない。周辺施設には釣り場すぐそばの駐車場と、トイレ、コンビニがあり、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 広い港ではあるのだが、ほとんどの場所で釣りが制限されており、釣り目的での立ち入りは東側にある「松崎堤防」に限られるだけになっている。堤防の足元下は砂地だけでなく岩礁帯も入り混じるので魚種が豊富なためファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。

  • 磯から少し離れたところにある堤防で、干潮時にのみ渡ることができる。堤防の右側は砂地が広がっているが餌となる生き物が豊富なため、魚影が濃い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、割りと充実している。夏場は海水浴場になるので、この時期は早朝及び夕方しか釣りができない。

  • 海が荒れているときは危険を伴うポイントもあるが家族連れでやってくる釣り人もいい。駐車場から少し離れたところに釣り場があるにもかかわらず、潮通しもよく、足場も良いので夏場のサビキ釣りシーズンは混雑覚悟で臨むことになるだろう。スパイクブーツ、ウェーダーを持参すれば、陸続きの磯に入釣することもできる。周辺施設は充実していないので、準備万端で臨むこと。

  • 人気の堤防で年中釣り人が訪れる。ただし広い釣り場ではないので、釣り人の数は限られる。周辺施設には整備された有料の駐車場、トイレがある。荒れている日は堤防が波をかぶることがあるので注意したい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP