神奈川の釣り場 [ジャンル:磯]

  • 観音崎京急ホテルの下にある浅瀬の磯。のんびりとした雰囲気で、近くに貸しボート屋や日帰り温泉施設があるのが嬉しい。

  • 東京湾に突き出した岬全体が公園となっている観音崎は、駐車場やトイレも整備されているため釣り場として人気が高い。基本的に周囲は磯で囲まれているが、2ヶ所ほど浜が点在している。

  • 雨崎 エリア:三浦

    浦賀水道に面しているせいか、磯がちな周辺とは違って、穏やかな地形である。砂浜と砂浜の間に幾つかの岩場が張り出している地形だ。この磯は東に開けた磯なので、西側からの強い風が吹いても竿をだすことが可能であるが、東側からの風が吹くと非常に釣りがしづらくなるのが難点。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが、釣具店が離れているので必要な物はあらかじめ購入して入釣しよう。

  • 長手鼻 エリア:三浦

    岩場と砂浜で入り混じった磯のひとつで、砂浜から大ききく離れた岩場が釣り場になる。駐車場からすぐの場所にあるので気軽に足を運ぶことができる。周辺施設にはコンビニがあり、人気の釣り場である。いろいろな釣法で狙うことができ、ターゲットが豊富なこともあって四季を通じて釣りを楽しむことができる。

  • 大浦 エリア:三浦

    大浦は砂浜で、南北には岩が貼りだしており、北側が「海水浴場下の磯」、南側は「火ヶ崎」と地元の釣り人に呼ばれている。磯場、砂浜ともに、かなりの魚影がある。周辺施設には駐車場とトイレがある。メジナの魚影がとても濃いと評される良磯。

  • 剣崎 エリア:三浦

    剣崎灯台の下にある磯釣り場で、駐車場、コンビニ、釣具店をはじめとした周辺施設が充実しており、広々とした釣り場で人気がある。「剣崎」の本来の読みは「つるぎざき」だが、釣り人の間では「けんざき」と呼ばれる事が多い。釣り場は「エビ根」、「平島の磯」、「ベット島の磯」、「トイレ下の磯」の4つに大別される。南側の磯への経路のひとつは満潮時に水没するところがあるので注意したい。

  • 高磯 エリア:三浦

    松輪港の駐車場から海岸伝いに行くと、剣崎の先端まで行くことができる。大きく南へ突き出た磯が「高磯」である。目の前には江菜島や横瀬島などをはじめとした剣崎沖の磯群が広がる。この釣り場には3つのポイントがあり、東から「高磯」、「高い磯」、「石柱の磯」と呼ばれる。周辺施設には駐車場くらいしかない。

  • 大畑崎 エリア:三浦

    沖に向かって伸びる磯。この磯全体で釣りが楽しめる。釣り場へは白浜毘沙門天下の駐車場から湾岸沿いを沖に向かって10分ほど歩いて入る。周辺施設には駐車場くらいしかない。目の前に横瀬島を望むことができるが、この島は渡し船で訪れることができるが浅い根に囲まれているので、竿を出せるところが少ない。

  • 前の島 エリア:三浦

    未開拓の離れ磯。場所によってはこんなに簡単にクロダイが釣れてしまうのかと驚いてしまうほど。ウェーダー(防水具)着用でかつ水位の低いときにしか渡れないので、場荒れしていない。南西の強風時か、あるいは低気圧通過後でかなりうねりのあるときがオススメ。付近には駐車場がある。

  • ゴミ捨て下 エリア:三浦

    白浜毘沙門天下の駐車場から海岸づたいに右手へ5分ほど歩いたところにある釣り場、入釣しやすいこともあって、絶えず釣り人が竿を出している。潮通しもよく、ターゲットも豊富。水深は5mないくらい。

  • 東風崎 エリア:三浦

    岬から突き出た小高い丘の麓に広がる磯で、釣り場へは東側の白浜毘沙門天下、西側の毘沙門港から海岸伝いに徒歩で15~20分ほどで入ることができる。磯の基部に小高い丘があるのでそれを目印にすると良い。周辺に施設には駐車場があるのみ。

  • 毘沙門港周辺の比較的足場の高い磯のひとつで、三浦半島を代表する地磯のひとつ。周辺施設にはトイレがあるうくらい。「盗人狩り(ヌスットガリ)」の由来はかつて絶壁の上まで逃れてきた盗賊が、その高さと足元で逆巻く激しい波に足がすくんで囚われたという伝説に由来する。

  • 観音山の磯 エリア:三浦

    宮川湾のい東側湾口部に広がる比較的足場の良い岩場で随所にハエ根や沈み根が張り出しているため、竿を出せるポイントは限られる。大物がよくヒットするので実績がある。周辺施設にはトイレ、コンビニ、釣具店があるなど、充実している。

  • 八景原の磯 エリア:三浦

    宮川港より西側から三崎港の付け根に至るまで崖下に低い岩礁帯が連なっており、この一帯が「八景原」と呼ばれている。満潮時であっても水深は3m足らずの浅場であるが、海藻帯が入り交じっているので、魚影が濃い。釣り場へは駐車場より海岸伝いに入る。磯道が整備されているので、家族連れを見かける。周辺施設は充実しており、トイレ、駐車場、釣具店などがある。

  • 屋志倉 エリア:三浦

    栄光学園の施設の近くにある磯で、駐車場から結構距離がある。そのため場荒れしていないのがひとつの魅力。海底は岩礁帯もしくはカジメ林になっており、水深がないので、入釣する人はウキ、フカセで望む人がほとんど。周辺施設にはコンビニがある。

  • 黒鯛込 エリア:三浦

    この磯についた名前は文字とおりクロダイがよく入り込んでくることに由来するらしいが、以前と比べて爆発的に釣れることはほとんどなくなってしまったらしい。この磯の周囲は基本的に砂地であるがミゾがたくさん走っているので魚影が濃い。周辺施設には駐車場(1日1000円)、トイレ、コンビニがある。徒歩で入釣するのにそこまで時間がかからないのも魅力だ。また、釣果が集中する満潮時にはポイントに移動するのにウェーダーが必要になることを抑えておこう。

  • 諸磯 エリア:三浦

    外海に突き出した岬で、潮通しがよく、水深もそこそこあるので、人気の釣り場だ。夏の終わりにはイナダやワラサが回遊してくる。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、充実しているが、入釣するには私道を通る必要があるのでマナーをしっかり守りたいところだ。駐車するときは青少年センターの駐車場を利用すること。

  • 名向崎 エリア:三浦

    非常に潮通しの良い小さな岬。釣り場に向かうには少々歩かなければならない。周辺施設には駐車場とコンビニがある。満潮時には確実に足元が濡れるため、場荒れしていない。ブーツかウェイダーは必須だ。

  • 油壺 エリア:三浦

    非常に広いポイントで、年中釣り人の姿が絶えない人気ポイント。ほとんどのポイントが駐車場から離れていないのが魅力的。温水が流れ出る排水口や水路の周辺では年中魚の活性が高く、魚の居着く環境が整っている。周辺施設には駐車場のほか、コンビニやトイレがあり充実している。近くには東大臨海実験所や、油壺マリンパークがある。

  • 三戸急坂下 エリア:三浦

    小さな磯で、クロダイが居着くのによさそうな環境が整っている。磯の水深は全体的に4mないくらいで釣りやすい。ただし場所によっては満潮時や波の強い日は、海水をかぶってしまうところもあるので気をつけよう。周辺環境には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

12

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP