千葉の釣り場 [ジャンル:河口]

  • 海岸の埋め立て工事の際に作られた運河。夏場の日中には付近の良型のハゼが数多く上がる。

  • 養老川河口は全体的に潮位が低く、干潮時にはところどころで砂地が露出するほど。そのため釣り場はある程度深さのある臨海公園横のフェリー港跡や養老大橋周辺が中心になる。

  • 京葉工業地帯を流れる村田川の河口は、シーバスフィッシングのメッカとして知られる周辺では数少ないポイントの一つ。非常に魚影が濃く、型の良いフッコサイズのシーバスに出会える可能性が高い。

  • 浦安市と市川市の市境を流れる小さな河川。河口はハゼ釣りの名所として有名で、8〜10月のシーズン中は多くの家族連れなどで賑わう。最寄り駅から距離があり、駐車場もないのでアクセスに少々難がある。

  • 夷隅川は千葉県内でも最大規模の河川で、汽水域に生息する魚、サーフに生息する魚など、ターゲットが多彩なのが特徴。マリンスポーツが盛んなので、夏場は注意が必要。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。周辺の道路は狭いので路肩に駐車することは謹んでほしい。

  • この釣り場は近年脚光を浴びている人気のフィールドである。通年でサーファーも多く訪れるので注意が必要。場所によっては工事中のところもある。大変広いフィールドで、いくつもの突堤がある。釣り場としては歴史が浅いので、マナー違反には充分にきをつけて、釣りが禁止されるような自体だけは避けたいところだ。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP