千葉の釣り場 [ジャンル:堤防]

  • クロダイの落とし込み釣りの名所として知られる長浦突堤は3本の堤防の総称。南の長浦港寄りから第一、第二、第三堤防という呼び名がつけられており、それぞれに違った魅力がある。企業の敷地に囲まれており陸から直接ではなく、渡し船を利用して移動する必要がある。

  • 下州港は宮津岬の南側に位置する、規模の大きな漁港。港内には数本の突堤がある。基本的に港内は砂地で、左右には埋立地がある。テトラ帯が多いのでこの周辺を狙うことになる。場所によっては足場が悪いので注意が必要である。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 新舞子堤防はおよそ7kmに渡る砂浜で、浜からは2本の突堤が延びている。場所によっては沖にテトラが沈められており、この周辺では投げ掛かりに注意する必要がある。周辺施設には駐車場、コンビニ、釣具店があり割と充実している。

  • 西浜堤防 エリア:富浦

    西浜堤防は三浦新港の近くにある堤防で、粒の粗い砂地と岩礁帯が入り混じる遠瀬のポイントである。水深はないが、海底が変化に富むので魚種が豊富で活性も高い。周辺施設は駐車場、トイレ釣具店があり充実している。

  • 丸山堤防 エリア:館山

    丸山堤防は中級者以上向けの釣り場であり、堤防の先端付近は満潮時に水没するほか、中腹以降は傾きのある足元に苦しむことになる。入釣経路は住宅地を通ることになるためくれぐれもマナー違反をしないこと。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり充実している。

  • 北条桟橋、ヘッドランドは湾の奥に位置する北条海岸から突き出す堤防郡が釣り座になる。近くに海水浴場があるので夏場は釣りができる時間が限られている。周辺施設は非常に充実しており、広い駐車場やトイレ、コンビニ、ファミレス、釣具店もある。家族連れの釣り人も多い

  • 築港堤防 エリア:館山

    築港堤防は湾の奥に位置する堤防で、湾に位置していながら潮通しが良い。水深もそこそこあるので、堤防釣りを充分に楽しむことができるが、駐車スペースが限られるので休日でも釣り客はそこまで多くない。主な釣り場はやはり堤防の周辺で、その他は常時船が係留されているので竿を出すのはおすすめしない。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 自衛隊堤防 エリア:館山

    自衛隊堤防は沖に向かって伸びる非常に長い堤防で、南房でも人気の釣り場である。足場が安定しており、海底が砂地でテトラも敷き詰めらてていないので釣りがしやすい。船が係留されているのでその周囲では注意すること。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 大小7つの漁港、堤防からなる釣り場で、最近拡張された浜田堤防以外は規模の小さな堤防。国道からやや離れていることもあり、地元の釣り人が多い。一帯の海底は岩礁混じりなどで魚影が濃い。アマモが繁茂するので釣りづらい時期もある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり非常に充実している。

  • 興津中堤 エリア:勝浦

    「興津中堤」は興津湾の再奥部に位置する漁港で、波風静かな漁港である。興津川河口からのびる堤防の周囲は魚が潜んでいる。堤防の先端付近は岩礁帯になっており、この周囲で磯魚を狙うことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 日在突堤は北側に広がる日在浜(夏場は海水浴場として開放される)に位置する堤防だ。海岸の左右から2本の石積み堤が内側に向かってのびている。食味がよいとして知られるヒラツメガニが多数生息していることで知られる。海水浴場が近くにあるので、広い駐車場、整備されたトイレがあるが釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 広大なフィールド。浜からはいくつかの突堤が沖に向かって突き出している。水深が場所によってまちまちで、釣りにならないところもあるので、海底の様子をよく観察したい。車を横付けできないところも多いので、自転車を持参している釣り人も多い。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店がある。

  • ヨットハーバーの建設にともなって新しくできた堤防で、東日本大震災の影響で工事が進んでいるところもあり、竿を出せないところが多い。潮通しが良いのが特徴で水深は深い所で7mほど。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビがあるが、釣具店が近くにないので釣りに必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP