大分の釣り場マップ

大分の釣り情報

大分に旅行する人は、旅先での魚介の旨さにおどろくというがそれもそのはず、大分は以外に小島がたくさんある。複雑な潮流はプランクトンが育つのにいい環境を形成し、豊かな海をつくっているのだ。大分は全国的にもクロダイ釣りがさかんで、港やハナレのあちこちでクロダイを狙っている人を見かけるだろう。クロダイのほかにはイカ釣りの人気が高い。秋口になると各地からエギンガーが足を運んでくる。やはり秋口がベストシーズンで、この時期はどこの港でも簡単に釣れてしまうからおもしろい。港の周辺でも十分に魚釣りを楽しめるが、素敵なハナレがたくさんあるので、渡船で入釣するのをおすすめしたい。

エリアから釣り場を絞り込む

大分の釣り場

  • 棹立鼻 エリア:佐伯

    波をかぶりやすいところが多いので、波風を事前に調べて入釣すること。波が2,5超える場合はまず釣りにならない。8渡船自体でないはず)ここへは米水津で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 九州の釣り人の間ではクロ釣りでよく知られている釣り場。潮によって釣果が左右される傾向があるものの、数にかんしては安定しているようだ。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 押出の鼻 エリア:佐伯

    わざわざ専門に狙う人はまずいないのだが、アジの濃さがピカイチ。サイズが小さいので、磯釣り師のひんしゅくを買っている。ありがたい外道と感じるかは人それぞれだろう。ここへは米水津で手配した渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 佐伯市街地から「国道388号線」を宮崎方面へ向かって、「県道501号線」に入る。「米水津交差点」で右にまがり道沿いにすすんだところにある。市街地からは車で15分ほどだ。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

  • この釣り場はクロとモイカがよく釣れる。チヌがバカスカ釣れるときがあるのでそういうときはルアーで手返しよくまとめ釣りしよう。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 長太バエ エリア:佐伯

    周辺の釣り場と同じく、クロの一級ポイント。サイズも数も期待できるので多くの釣人が足を運ぶ。県外組も多い模様。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • クロ、マダイ、イサキの好釣場として親しまれている。最近は温暖化の影響?で温かい潮を好むオナガメジナがよく釣れる。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 沖黒島 エリア:佐伯

    クロ釣りの好釣場。大分の釣り人の間では知名度も高いだろう。この釣り場には渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • エギングブームの影響で、モイカ狙いの釣り人が多くなった印象。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。足元が海面から離れているので、タモ網がないと釣りにならない。「尾浦港」はオカッパリでも狙えるが、渡船利用者が多い。

  • 春のノッコミの時期にチヌがたくさん釣れつことで知らている。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。車で向かうときは佐伯市街地から「国道388号線」を蒲江方面へ向かう。車で20分ほど離れたところに位置している。

  • 宿泊所が管理しているので家族連れの釣り客がほとんど。釣り堀で楽しみたいかたがたにはおすすめの釣り場だ。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあり、車ですぐのところにコンビニがあるので非常に便利。徒歩圏内にトイレがあるので女性やこどもを連れての釣行も安心である。

  • 夏場のクロで盛り上がりを見せる釣り場だ。ここは足元が海面に近い場所が多いので、波が高い時は命に関わる。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • よく釣れるのはチヌ。グーグルマップでこの周辺をみてみると驚く。イカダ、護岸、堤防などいろいろな釣り場がある。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • チヌ、マダイの好釣場。ボートか渡船を利用する人が多い。イカダか磯のフィールドなので、足場が悪い。場所によっては波を被るところもあるので必ず確認しよう。スパイクブーツとライフジャケットを着用しよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 蒲江港 エリア:佐伯

    ここは蒲江市街地の中心部からすぐのところに位置している釣り場だ。港のフィールドなので全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。意外と近くに釣具店がないので、事前の準備はしっかりと。

  • モイカの好釣場。蒲江の市街地中心部から「国道388号線」に乗り、佐伯方面へ車を走らせてすぐの場所に位置している。海岸地形で、釣れる魚種はあまり多彩ではない。釣り人向けに整備された駐車場はないが、道沿いに駐車可能。他の人の迷惑にならないように注意しよう。釣具店が近くにないので、準備はしっかりと。カーナビを利用するときは「マリンカルチャーセンター」を検索しよう。

  • 佐伯エリアのクロがこの釣り場の周辺で越冬する。なので、周辺の釣り場では珍しく冬に賑わう釣り場。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 蒲江漁港 エリア:佐伯

    全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがあり、車ですぐのところにコンビニがあるので非常に便利。徒歩圏内にトイレがあるので女性やこどもを連れての釣行も安心である。

  • 島の南側にある沖磯が超一級ポイント。釣り場がせまいので、収容人数は多くない。船頭には「沖のハエ」へ寄せてくれといえば伝わる。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 三つ子島 エリア:佐伯

    かわいい名前をした島だ。あまり荒れることがないので、少し波がたっていても大丈夫。夏場のクロ釣りにで賑わいを見せる釣り場だ。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

大分の釣船

遊漁船 戎丸
大分県佐伯市護江895
釣船飛鳥
大分県大分市三佐650−2
久寿米木松平
大分県佐伯市蒲江大字西野浦2241−2
べっぷ丸
大分県別府市富士見町6−10
つり船増丸
大分県佐伯市蒲江大字猪串浦1000

大分の釣船一覧 >

大分の釣具店

釣具の山下
大分県大分市青崎2-1-37
MFポイント&ぺグ大分高城店
大分県大分市原新町18-21
釣具の三平高城店
大分県大分市松原町2-1-3
LURE BANK
大分県大分市高松1-7-12
釣具のまつき大分光吉店
大分県大分市曲1506

大分の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP