大分の釣り場マップ

大分の釣り情報

大分に旅行する人は、旅先での魚介の旨さにおどろくというがそれもそのはず、大分は以外に小島がたくさんある。複雑な潮流はプランクトンが育つのにいい環境を形成し、豊かな海をつくっているのだ。大分は全国的にもクロダイ釣りがさかんで、港やハナレのあちこちでクロダイを狙っている人を見かけるだろう。クロダイのほかにはイカ釣りの人気が高い。秋口になると各地からエギンガーが足を運んでくる。やはり秋口がベストシーズンで、この時期はどこの港でも簡単に釣れてしまうからおもしろい。港の周辺でも十分に魚釣りを楽しめるが、素敵なハナレがたくさんあるので、渡船で入釣するのをおすすめしたい。

エリアから釣り場を絞り込む

大分の釣り場

  • 西大分港 エリア:大分市

    大変規模の大きな港で、大分市街地から車で10~15分ほどで到着できる。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 大分を代表する人気の釣り場。釣り場の中には釣り人のために整備された駐車場はないが、道沿いなど、各所に駐車することができる。トイレやコンビニなどは徒歩圏内に設置されていないので、必要なものは準備してのぞもう。ソーラス条約締結後、西岸壁での魚釣りが禁止されるようになったので抑えておく必要がある。

  • 「東鼻」と「弁天鼻」とよばれる岬地形、その間にある「大志生木海水浴場」と、「弁天鼻」左側に位置している「小志生木海水浴場」が主な釣り場で、磯釣り、サーフ釣りのどちらも楽しむことができる。海岸はどちらも海水浴場として開放されるので、夏場の駐車場料金は有料、釣りができる時間も早朝か夕方以降に限られる。もちろん鼻は別だ。

  • 大分港 エリア:大分市

    市街地からとても近い場所に位置しているので便利。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 佐賀関中心部に入り、佐賀関下浦漁協前で左折。「県道635号線」に入って車ですぐの場所に位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 神崎周辺 エリア:大分市

    神崎(こうざいき)周辺は河口、海岸、港、などが入り混じっていて、変化に富んだ釣り場だ。水深があまりないので、冬場の釣果はあまり期待できない。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

  • 国道10号線をすすみ、「西生石交差点」を左折。県道22号線を通行止めになるまで直進。交差点を左折すればたどりつける。わかりにくいので、注意が必要だ。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。近くに釣り人が利用できる駐車スペースがありトイレもあるので便利だ。

  • 佐賀関中心部から「国道217号線」にのる。これを南下すればすぐのところに位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 佐賀関中心部から「国道217」を臼杵市方面へ走る。そのまま進み、車で10分ほどのところに位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

  • 佐賀関中心部から「国道217号線」にのり、これを南下。車ですぐのとこりに位置している。基本的に消波ブロックの上に乗って釣りをすることになるので、足元には十分すぎるくらいに気を配ろう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 佐賀関中心部から「国道217号線」を臼杵市方面へ。およそ10分ほどの場所に位置している。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 竜ヶ鼻 エリア:大分市

    佐賀関中心部から「国道217号線」にのって、臼杵方面へ車を走らせれば10分ほどで着く。磯のフィールドなので、足場が悪い。場所によっては波を被るところもあるので必ず確認しよう。スパイクブーツとライフジャケットを着用しよう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 地無垢島 エリア:津久見

    「津久見港」から船に乗って入釣する移動時間は30分ほど。磯にいきたい場合は「臼杵港」で渡船をチャーターしなければならない。渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 楠屋鼻 エリア:津久見

    津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を15分ほど走らせれば到着する。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • この釣り場は津久見市街地からほど近いところにある。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。

  • 津久見インターチェンジをおりたら「県道707号線」をまっすぐすすむ。車を10分ほど走らせれば到着する。ポイントによっては渡船で入釣するので、お手洗いや飲食物の準備をきちんと済ませておこう。特に飲料を持参するのを忘れないこと。スパイクブーツ・ライフジャケットを必ず着用、初心者アングラーはベテランに同伴してもらおう。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースがある。

  • 津久見市街地から「県道217号線」を佐伯方面へ向かう。網代交差点を左折して、トンネルを抜けたら右折して道沿いにまっすぐ進む。津久見市街地からは車で40分ほど離れた場所に位置している。全体的に足場が安定しているので、初心者にも安心の釣り場。港内では作業をしているかたがたの邪魔にならないように気をつけよう。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

大分の釣船

遊漁船 戎丸
大分県佐伯市護江895
釣船飛鳥
大分県大分市三佐650−2
久寿米木松平
大分県佐伯市蒲江大字西野浦2241−2
べっぷ丸
大分県別府市富士見町6−10
つり船増丸
大分県佐伯市蒲江大字猪串浦1000

大分の釣船一覧 >

大分の釣具店

釣具の山下
大分県大分市青崎2-1-37
MFポイント&ぺグ大分高城店
大分県大分市原新町18-21
釣具の三平高城店
大分県大分市松原町2-1-3
LURE BANK
大分県大分市高松1-7-12
釣具のまつき大分光吉店
大分県大分市曲1506

大分の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP