石川の釣り場マップ

石川の釣り情報

石川県といえば海産物で有名である。能登半島近辺の沿岸、沖合漁業だけで日本における生産量は3位、ノドグロに象徴されるように、高級魚がたくさん取れるためか、生産金額では北海道を凌いで日本一を占めている。釣り人が陸から狙うことができる魚種はカサゴ、メバルなどのロックフィッシュをはじめ、クロダイ、メジナなどの磯物、そしてマコガレイやイカ類がメインだ。石川の釣りポイントは大きく内浦と外浦に分けることができるが、魚種にそれほどの違いはない。特徴的なのは、他県とくらべてロックフィッシュの魚影が濃いことである。近年のルアーブームによって、アイナメ、メバル狙いの若者が多く足を運ぶようになったが、依然として硬派なクロダイ師勢力が大多数である。県内全域が漁業基地であるため、いたるとことに漁港が整備されている。テトラ堤が多いようだが、足場が安定しているところが多いので、これから魚釣りを楽しむ予定の人にもおすすめである。

エリアから釣り場を絞り込む

石川の釣り場

  • 百海(どうみ)は後ろには森と住宅街、眼前には海。のどかな雰囲気の中で魚釣りを楽しみたい人にはおすすめの釣り場。ビッグゲームよりも数釣りを楽しみたい人向けだ。百海港は七尾市の中心部から国道160号線を氷見方面へ車で15分ほど進んだところにある。カーナビで目的地を検索する時は「道の駅いおり」を目指すとよい。

  • ここは大きな道路から外れた場所に位置しているので、落ち着いた雰囲気の中で魚釣りを楽しみたい人に向いている。釣り人のほとんどが地元民なので、釣り座の構え方、釣法など色々参考になる。白鳥は七尾市の中心部から国道160号線を氷見市方面へ進み、富山湾側に出たら県道246号線を鵜浦方面へ20分ほど進んだところにある。小規模な釣り場なので、場所取り戦争にならないように、先客には一言かけてから竿を出そう。

  • 鵜浦(うのうら)漁港はシロギス狙いの釣り人におすすめの釣り場。周辺の釣り場の中でも最も早くシーズンインするので、4月の終わりくらいから投げ釣り師が足を運んでくる。鵜浦漁港は七尾市の中心部から国道160号線を氷見市方面へ進み、大田交差点で県道246号線を鵜浦方面へ25分ほど進んだところにある。広大な釣り場で、徒歩圏内にトイレ、コンビニがない場合が多いので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 鹿渡島(かとしま)はクロダイ狙いで足を運ぶのにおすすめの釣り場。風向きに左右されるところが難点だが、基本的には一年中クロダイを狙うことができる。陸続きで渡れる「観音島」へは近くに釣り人が利用できる駐車スペースがないので要注意。車をとめ際は地域住民の方々の迷惑にならないよう十分に注意したい。

  • 七尾埠頭 エリア:七尾

    七尾埠頭は「第一埠頭」と「第二埠頭」のふたつに分かれるが「第二埠頭」は立入禁止なので基本的には第一埠頭で魚釣りをすることになる。車からおりてすぐのところに釣り座があるので非常に便利。気軽にクロダイを狙いたい人にはおすすめの釣り座である。「第二埠頭」以外にも立ち入りが制限されている場所があるので標識に注意して魚釣りを楽しもう。

  • 七尾港の沖堤は落とし込み釣りを始めたい人にぴったりの釣り場である。ただし沖堤防向けの渡船業者がいないので、ゴムボートを持参して渡ることになる。河口の周辺はハゼを狙うのにも適しており、家族連れでの釣行も安心だ。周辺一帯は漁業関係者の船舶が頻繁に往来するので、ゴムボートで渡る時、仕掛けをキャストするときには注意する必要がある。

  • 明治橋 エリア:七尾

    この釣り場は海水と淡水が混じる構造になっており、小魚が集まりやすい環境が整っている。特に大型のスズキが回遊してくる傾向があるので、ルアーマンには人気の釣り場である。最近は人気が高まってきたこともあり、8月から11月にかけてスズキがシーズンすると釣り人が大勢押し寄せて、竿を出せないこともある。釣り場全体を探るには徒歩で長いこと歩くことになるので、なるべく軽装でのぞみたいところだ。徒歩圏内にはトイレとコンビニがないので、必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 佐波(さなみ)はキジハタ、ソイ、カサゴなどの底もを狙いたい人におすすめの釣り場である。テトラ以外は足場も悪くないし、ロックフィッシング入門にはもってこいの釣り場である。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 日出ケ島(ひでがしま)は車をおりてほど近いところで魚釣りを楽しめるので人気の釣り場。周辺に人気のポイントがいくつもあるので、ここに訪れる人はあまり多くない。穴場的な雰囲気の中でのんびりと魚釣りを楽しみたい人にはおすすめである。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 鰀目(えのめ)は能登島エリアの中でも有数の人気ポイント。クロダイとアオリイカを狙いたい人にはおすすめだ。クロダイは食いが荒く、投げ釣り、ブッコミ釣り、ウキ釣り、ルアー釣りのなんでもOKだ。能登島エリアで迷ったらとりあえずここに入釣しよう。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 能登島エリアの中でも富山湾に属しているポイント。どこからでも竿を出してよく、魚影もけっこう濃い。釣り人の中には夜釣中に集魚灯を使う人もおり、ビギナーからベテランまで幅広い層が楽しめる釣り場だ。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 祖母ケ浦は能登島ポイントの中でも屈指の人気ポイント。周辺施設は非常に充実しており、女性や家族を連れての釣りも安心である。海底は変化が少なく、根がかりなどのライントラブルも少ない。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 七尾市の釣り場の中でも規模の大きな港で、主な釣り座は防波堤の上。ここは足場も安定しているし、長大なので場所取りの心配もない。初心者や家族連れに人気の高い釣り場である。駐車場が広いのも安心だ。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 「能登島の曲」は長い堤防が釣り座。ここは足場も安定しているし、海面からの高さもほどよいので初心者や家族連れでも充分に楽しむことができる。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • この海釣りセンターは能登島の北部に位置している。釣り施設なだけあって、足場も良好だし、利用料は大人200円小学~中学生が100円ととても安価。貸竿なども利用できるのでほぼ手ぶらで訪れてもOKな環境である。家族連れ、カップルが多い釣り場なので、ストイックに釣りを追求する人には向かないかもしれない。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 投げ釣り、ウキフカセ釣りの両方を楽しめる釣り場。難易度の低い釣り場なので、初心者や家族連れでも十分に楽しむことができる。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 周辺の釣り場は根がかりが多発するところが多いが、無関は海底の変化も激しくなく、足場も安定しているので初心者にも向いている。夏になるとコアジも回遊してくるので、この時期になるとサビキでアジを狙う釣り客が増える。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 地元民からは大型イシガレイが釣れることで知られている。基本的にはテトラの上にのって竿を出すことになるので、足元には十分に注意すること。難易度の高い釣り場で、スキルと経験が問われる。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • この釣り場の防波堤は非常に足場が安定しているので、家族連れ、カップルで訪れる釣り客も多い。「能登島」へは中島方面から「ツインブリッジ」を渡って車で15分、七尾市方面からは「能登島大橋」を渡って15分ほどで入釣できる。島に入ってから買い出しするのは大変なので必要な準備はあらかじめすませておこう。

  • 鴫島(しぎしま)は売店、トイレなどが整備されていて、足場も全体的に非常に良好なので、家族連れの釣り客に人気の釣り場である。釣り人の多くが投げ釣り師で、カレイなどを狙う人が多い。沖に向かってのびている左手の「行者鼻」の周辺は水深が浅いうえに沈み根が入り組んでおり、釣りにならないので入釣しないのがベター。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

石川の釣船

いろは
石川県輪島市鳳至町下町81−1
釣船凪紗丸
石川県輪島市鳳至町下町81−1
西湾荘
石川県七尾市能登島半浦町17−9
山下イカダ釣り
石川県鳳珠郡穴水町字新崎ニ−2
森田観光漁業
石川県小松市安宅新町ニ12−10

石川の釣船一覧 >

石川の釣具店

上州屋キャンベル金沢駅西店
石川県金沢市二ッ屋町11-8
フィッシング灘万
石川県河北郡内灘町大根布5-288
フィッシャーズ金沢店
石川県金沢市無量寺第2土地下画整理事業地内18街区
上州屋キャンベル金沢東大通店
石川県金沢市浅野本町ロ-177
タックルベリー加賀野々市店
石川県野々市市若松町23−8

石川の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP