新潟の釣り場マップ

新潟の釣り情報

新潟県は日本海の荒波と冬の季節風に削られた表情豊かな海岸線が魅力のフィールドだ。日本最長の「信濃川」を始めとして、水量豊富な一級河川が栄養豊かな漁場をつくっている。岩場、ハナレの磯などのアクセントに富んだポイントで満ちあふれていて、豊富な種類の魚が釣り人を楽しませてくれる。日本海の荒波で育った魚はとてもパワフルで、身が引き締まっており食味の良さも抜群だ。
世界同時多発テロをうけて、2004年にSOLAS条約(海上における人命安全のための国際条約)が改定されると、県内のいくつかの漁港や堤防などで釣り人の立入りが制限されてしまった。しかし地元の釣り人や、魚釣り振興会などが行政に働きかけ、海釣り施設として新たに開放された場所もある。釣り人にとっは素敵な話だ。釣り場は大きく4つに分けられる。「上越」は磯釣りが盛んな地域で、「親不知」などの全国的に有名なポイントが点在する。
「中越」は自然の地形を生かした漁港がたくさんつくられている。砂地の釣り場が多いので投げ釣りファンにとっては魅力的なフィールドだ。「下越」は景勝地として有名な「笹川流れ」の海岸線が豊かな漁場を形成している。岩礁帯が多く、多くの磯釣りファンが県内外から足を運ぶ。そのほかにも「佐渡島」、「粟島」などの自然を満喫できるフィールどもある。暖流と寒流が入り混じるこの周辺では、南方のカツオ北方のホッケなどが混じって釣れるので、ロマン溢れる釣り場だ。

エリアから釣り場を絞り込む

新潟の釣り場

  • 新潟西港にある新々突堤は全長3kmにおよぶ長大な「西突堤」にの延長にある離岸堤で、「新突堤」の先にある離岸堤だ。釣り物は「新突堤」とほとんど被っていいる。どちらかといえば、ルアーフィッシングに分があるようだ。離岸堤である新突堤へは渡し船を利用して入釣することになる。駐車場は利用できる。

  • 新潟東港は、日本で最長の河川、信濃川のちかくにつくられた港だ。規模は大きいものの、近年信濃川によって運ばれた土砂などが堆積し、水深が浅いところが増えてしまった。また2004年のSOLAS条約の改定により立入りが禁止されている場所が増えてしまった。トラブルのないように注意したい。

  • 新潟東港の島美浜~タンク裏は、一見ただただズラーっとテトラが並んでいるだけのような印象を受けるが、そのためか、釣り人で混雑することが少ない釣り場である。スズキの魚影が濃いことで知られており、ルアーマンが足を運ぶ。通年で色々な釣りを楽しむことができる魅力的な釣り場である。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 新潟東港の第2東防波堤は、近くにある東北電力の東新潟火力発電所の岸壁からのびる堤防である。もともと釣り人の間では「北突堤」の名前で親しまれていた釣り場であったが、SOLAS条約の改定などの影響で全面立ち入り禁止区域になった。しかし、安全に魚釣りを楽しんでもらいたいと考えた地元釣り人や釣りの新興団体が行政に働きかけて開放を実現したという素敵な経緯がある。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 網代浜は、シロギスの実績が高いことで知られている釣り場で、砂浜のところどころからのびる突堤に乗って竿を出すと、クロダイを狙うことができる。堤防の近くの砂浜は夏期に海水浴場として開放されているので、この期間は釣りができないものと考えてよい。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 加治川河口は、加治川の左岸からのびる導流堤から竿をだすのがおすすめである。ルアーで狙ってみるもよし、穴釣りで狙ってみるのもよし、投げ釣りで狙ってみるのもよしの好釣場である。河口の両岸とも砂浜になっているが、夏場でも海水浴客が少ないので安心して竿を出すことができる。周辺には駐車場がある。

  • 落堀川河口は、国道から見えないところにある位置している釣り場なので、穴場である。残念ながら浜にはゴミや漂着物が目立つが、そのせいか夏場の海水浴客が少ないので釣り人にとってはありがたいとも言える。先述の通り、国道から入り口が見えづらいところにあるので、見逃さないようにしたい。周辺には駐車場がある。

  • 胎内川河口は、砂利などの堆積が激しく、最近グンと川幅が狭くなってしまった。水深が浅いので、型の大きな釣り物は期待できない。春の満潮の夜に、遡上するアユを追って集まるスズキをルアーで狙ってみるとおもしろいだろう。近くには駐車場がある。

  • 荒川河口は、アユがたくさん遡上してくることで有名な河川である。ときおりメーターオーバーのスズキがヒットすることでも知られており、ルアーマンにとってはロマン溢れる釣り場だ。河口の右岸は砂浜になっていて、のんびりとシロギス釣りを狙うことができる。サクラマスやサケがヒットしてしまったらすみやかにリリースすること。近くには駐車場がある。

  • 岩船港は、堤防、岸壁、テトラなどの変化に富む釣り場である。沖の方には一文字堤防があり、とても魚影が濃いことで知られているが、渡し船を利用して入釣しなければならない。粟島への渡航船が行き交う港でもあるので、水深はそこそこある。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 北浜 エリア:胎内・村上

    北浜は、突堤と沖堤の周辺が主な釣り場になるだろう。足元が安定しているので、家族釣れでも安心して釣りを楽しむことができる。沖堤はマイボートから狙うことになる。クロダイの魚影が大変濃いので、ベテランにはおすすめである。凪の日は釣行してみたい。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実している。

  • 瀬波海岸~三面川河口は、新潟県では数少ない白い砂浜海岸である。釣り場のちかくには温泉街があり、釣り場に温水が流れ込むので、冬場でも大物を狙うことができる。沖のテトラ帯と砂浜がメインの釣り座になるだろう。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 岩ケ崎は、三面川河口の近くに広がる磯場である。日本海の荒波で削られた岩場は奇岩がたくさんあり、景勝地としても知られている。釣り人の間では魚影が濃いことでも知られていて、夏場にはレジャー客、釣り客でごった返す。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 野潟海岸は、かつて釣り堀があったところで竿を出すことになる。海底は岩場になっていて、色々な魚が居着いている。近くには廃校があり、その隣にキャンプ場として開放されっている場所があるので、夏場はレジャー客が多く押し寄せる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 柏尾海岸は、スズキやクロダイの良ポイントである。年間を通して釣り人の客は少ない。海水浴場として開放されているところもあるので、夏場だけは海岸が活気にあふれる。付近にはトイレと駐車場がある。駐車場は夏場だけ有料になる。

  • 吉浦 エリア:胎内・村上

    吉浦は、海底が基本的に砂地で、ところどころ岩礁が入り混じる。奥行きのない浜なので、海が荒れると足元が簡単にびしょびしょになってしまう。海が荒れてきたら素直に撤退したほうがよいだろう。近くには駐車場があるが、駐車できるスペースが多くないのが難点だ。

  • 早川海岸は、ひっそりとした海岸で訪れる釣り人が少なく、場荒れしていないのが特徴。穴場の釣り場として魅力がある。有名な釣り場がひしめく一帯の中では地味な存在かもしれない。この海岸も吉浦と同じで、荒れている日は簡単に波を被ってしまうので注意が必要。周辺には駐車場がある。

  • 馬下 エリア:胎内・村上

    馬下は、谷無川の流れこみがあるので、この周辺の魚影が濃い。この海岸は岩場と砂浜が交互に入り交じり、沖のほうにはテトラ帯とハナレの磯がある。全体的に魚影が濃いことで知られており、数多くの釣り人が押し寄せる。付近には駐車場もトイレもない。必要なものはあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 馬下港は、岩場の上につくられた漁港である。ひとつある堤防を除けばほとんどが岩場の釣り場である。防波堤なだけあってやはり足場が安定しており、海面に対する足場の高さもそこそこあるので、家族釣れの釣り客でも安心して釣りを楽しむことができる。周辺には駐車場とトイレがある。

  • 笹川流れは非常に美麗な海岸線で、観光名所として全国的に有名な景勝地である。日本海の荒波に削られた海岸線は、奇妙な岩や洞窟などが点在する。笹川流れは国の「名勝天然記念物」にも指定されている。多くの釣人、観光客が足を運ぶ。

12345

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

新潟の釣船

こがね丸
新潟県新潟市東区寺山3丁目
あさひ丸
新潟県新潟市西区五十嵐3の町北8−13
大勝丸
新潟県新潟市北区太郎代2643−2
金子弥吉商店
新潟県佐渡市両津湊352−8
山一食堂
新潟県新潟市北区太郎代1562

新潟の釣船一覧 >

新潟の釣具店

つり具のトミー寺泊店
新潟県長岡市寺泊片町9353-470
フィッシング&アウトドアワールド長岡店
新潟県長岡市古正寺1-3092
いとう釣具店
新潟県上越市春日新田1-20-15
本間釣具店上越店
新潟県上越市春日新田5-4-13
タックルベリー新潟上越店
新潟県上越市石橋1-16

新潟の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP