神奈川の釣り場マップ

神奈川の釣り情報

神奈川は関東の釣り人がこぞって集結するとても人気の高いフィールドである。三浦半島には日本の釣り場を代表するような「油壺」や「ヌスットガリ」などの一級の地磯も多く、元々は荒磯だったところにつくられた小漁港も多数存在する。整備が行き届いた規模の大きい漁港は足場もよく家族連れの釣り人が、港内に入ってきたアジやイワシを狙って足を運ぶ。初心者からベテランまでが楽しめる幅の広いフィールドだ。
関東の海岸線は砂浜地形になっているところが多いのが、神奈川県の海岸線沿いは磯や岩場などの荒い地形になっている所が多い。またすぐ沖合の海底は砂地になっている場合が多く、岩礁帯と砂地帯が交じり合い、カケアガリや根が走っているポイントも多く、魚が棲み着きやすい環境が整っている。春になると海岸沿いは場所によって藻が茂りだし、こうした産卵場を求めてイカ類やクロダイなどの色々な魚が接岸する。
夏から秋にかけてはソウダガツオや小ぶりなカンパチがや小魚を追って接岸し港内入ってくる。冬になって気温が下がってくると、クロダイやメジナなどの人気者の魚たちが旬をむかえ、竿先を一気に海面まで引き込んで多くの釣り人を魅了する。四季を問わず色々な魚が釣り人を楽しませてくれるのだ。

エリアから釣り場を絞り込む

神奈川の釣り場

  • 全長3kmの海岸である。付近に花水川と相模川があるので、雨の後はすぐ濁りが生じ、淡水の影響を受けやすい。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり割りと充実している。家族連れの釣り人も多い。

  • 全長1,5kmほどの海岸、綺麗な砂浜が続く。夏場は海水浴場意図して開放されるので、釣りにならない日もある。入釣するときはサイクリングロードから入ると良い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • JR大磯駅からほど近くに位置する港で電車釣行も可能ではある。港は左右から沖に向かって伸びる堤防からなり、左手のテトラ帯と右手の堤防入り口は立ち入りが制限されている。竿を出せるのは港内と考えたほうが良い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 広い海岸で右手に葛川、血洗川の河口がある。昔からシロギス狙いで釣り人が訪れるポイントで、投げ釣り文化を育んできた土地でもある。遠投しても、チョイ投げでも釣れる良釣り場。周辺施設には駐車場(離れているしすぐキャパも少ない)、コンビニ、釣具店があり、充実している。

  • 広い海岸で、右手に押切川の河口がある。水深があるので、波が立ちにくい点が特徴。海岸の中央から沖に向かって伸びる堤防と押切川の間の沖は根が走っている。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。家族連れの釣り人も多い。

  • 急に深くなる砂利浜である。根が複雑に入り交じっており、ポイントを把握できるかどうかが勝負の鍵となる。砂場の右手から、桜川、塔台川、押切川の河口がある。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニがありわりと充実している。

  • 広い海岸で、砂利浜。沖の方は刺し網やそれからタコツボが設置されているので当日の潮の流れをよく読んでキャスティングしたい。周辺施設には駐車場、コンビニ、釣具店があり、わりと充実している。サーフトローリングをする人は地元の釣具店で情報収集するのが吉。

  • 海底は砂利と砂がまじっており、いくつか根が存在する。かなり水深があるので、通年で投げ釣りを楽しむことができる。周辺施設はほとんどなく釣り場へアクセスするには、かなり歩くしかない。近くにパーキングエリアがあり、自販機やトイレを利用することができるが駐車はできない。

  • この周辺に位置する海岸とは違って、海底が砂利ではなく、砂。広い海岸で、この一帯で投げ釣りを楽しむことができる。周辺施設には大変広々とした有料の駐車場があり、家族連れでやってくる釣り人も多い。周辺施設には駐車場の他にトイレと釣具店がある。

  • 砂浜海岸で、沖の方は人口の海岸侵食防止用のリーフが設置されており、60~70mほど投げると必ず根がかりする。海面から見てもわからないので把握しておく必要がある。周辺施設はコンビニがあるくらいで、駐車場が近くにないため、それほど釣り人が訪れない釣り場になっている。

  • 100~120m沖に人工リーフがある海岸で、付近には早川の河口がある。夏場(7~8月)は海水浴場になるので、この期間は釣りをすることができない周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがある。駐車場は少し離れたところ(市街)にあるのでそちらを利用すること。

  • 磯場のある漁港で、旧港と新港で構成されている。早川河口があるので汽水域があり、豊富な魚種をターゲットにすることができる。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店、食堂まであり、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気がある。

  • 国道からすぐのところに位置する釣り場で、足場も安定しており、また広いこともあって多くの釣人が訪れる。波の高い日は磯の先端が波をかぶってしまうので注意が必要。周辺施設には駐車場、トイレがある。釣り場へ釣り人が設置したらしいはしごを使って降りる。

  • 人気の堤防で年中釣り人が訪れる。ただし広い釣り場ではないので、釣り人の数は限られる。周辺施設には整備された有料の駐車場、トイレがある。荒れている日は堤防が波をかぶることがあるので注意したい。

  • 山が海まで張り出した岬状の地形をした釣り場で、こぢんまりとした磯。駐車場から近いこともあり、入釣しやすい釣り場ではあるが基本的に空いていることが多い。周辺施設には有料の整備された駐車場、トイレ、釣具店があり充実している。駐車場は22時に閉まるので覚えておこう。

  • 一年を通してイカ狙いの釣り人が多数訪れる港。堤防上はかなりの広さがあるので安心して入釣できる。周辺施設には、駐車場、トイレ、そしてすぐ近くに釣具店があり、食堂や自販機も揃っている。年中イカ釣り師が竿を出しているので回遊魚狙いのカゴ釣り師は肩身の狭い思いをするかもしれない。

  • 釣り場まで入釣しやすいゴロタ浜。釣り場へは国道沿いの駐車場から、スロープを降りてくだる。周辺施設には駐車場くらいしかないのであらかじめ必要な物を準備して臨みたい。

  • 足場もよく、魚影も濃い磯で、入釣するのも割りと手軽な磯。バス停の近くに駐車場(3台駐車可能)があり、ガードレールの切れ目から入釣することになる。足場の良い磯なので初心者向けの釣り場といえる。潮通しの良い磯なので、色々な魚種をターゲットに出来る。周辺施設は駐車場くらしいかない。

  • こぢんまりとした港で、港内、港外ともに海底は砂地である。天気の良い日にのんびりとシロギスを狙うにほ絶好のポイントである。車で訪れると若干歩くことになるため、釣り人は少ないようだ。夏場になると海水浴場として開放されるので周辺施設が充実しており、駐車場、トイレ、コンビニのほか釣具店もある。

  • 小さな磯もあるゴロタ浜で、足場も良いのでビギナーにオススメの釣り場だ。ただし駐車スペースがないので、入釣するには電車やバスなどの公共交通機関を使うことになる。磯全体が低いので、満潮になると浸水するところもあるので注意が必要。スパイクブーツやライフジャケットを着用して臨みたい。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

神奈川の釣船

丸政丸
神奈川県三浦市初声町三戸2449
与兵衛丸事務所
神奈川県三浦郡葉山町堀内50
かじや丸
神奈川県横須賀市秋谷4261
亀蔵丸
神奈川県小田原市東町2丁目8−30
青田丸釣船店
神奈川県横浜市金沢区海の公園5−5

神奈川の釣船一覧 >

神奈川の釣具店

タックルベリー川崎店
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-15-6貝塚ビル1F
上州屋川崎東口店
神奈川県川崎市川崎区小川町16-18川崎第2セントラル
タックルベリー元住吉店
神奈川県川崎市中原区木月4-4-1木月パレス101号
上州屋川崎北加瀬店
神奈川県川崎市幸区矢上13-8
上州屋キャンベル溝ノ口店
神奈川県川崎市高津区下作延4-23-1

神奈川の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP