神奈川の釣り場マップ

神奈川の釣り情報

神奈川は関東の釣り人がこぞって集結するとても人気の高いフィールドである。三浦半島には日本の釣り場を代表するような「油壺」や「ヌスットガリ」などの一級の地磯も多く、元々は荒磯だったところにつくられた小漁港も多数存在する。整備が行き届いた規模の大きい漁港は足場もよく家族連れの釣り人が、港内に入ってきたアジやイワシを狙って足を運ぶ。初心者からベテランまでが楽しめる幅の広いフィールドだ。
関東の海岸線は砂浜地形になっているところが多いのが、神奈川県の海岸線沿いは磯や岩場などの荒い地形になっている所が多い。またすぐ沖合の海底は砂地になっている場合が多く、岩礁帯と砂地帯が交じり合い、カケアガリや根が走っているポイントも多く、魚が棲み着きやすい環境が整っている。春になると海岸沿いは場所によって藻が茂りだし、こうした産卵場を求めてイカ類やクロダイなどの色々な魚が接岸する。
夏から秋にかけてはソウダガツオや小ぶりなカンパチがや小魚を追って接岸し港内入ってくる。冬になって気温が下がってくると、クロダイやメジナなどの人気者の魚たちが旬をむかえ、竿先を一気に海面まで引き込んで多くの釣り人を魅了する。四季を問わず色々な魚が釣り人を楽しませてくれるのだ。

エリアから釣り場を絞り込む

神奈川の釣り場

  • 海水浴として昔から栄えてきた海岸で、最近は堤防全体で釣りが制限されている。入釣するポイントとしては河口の導流堤、砂浜、ブロック積み堤防の三箇所しかない。周辺施設には駐車場、トイレがある。

  • 非常に景色の良い磯で、晴れて空気が澄んでいる日には富士山を見ることができる、この釣り場では主に磯の上にたてられた堤防から釣ることになる。規模こそ小さいが豊富なターゲットが潜んでいる。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがある。

  • 磯から少し離れたところにある堤防で、干潮時にのみ渡ることができる。堤防の右側は砂地が広がっているが餌となる生き物が豊富なため、魚影が濃い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、割りと充実している。夏場は海水浴場になるので、この時期は早朝及び夕方しか釣りができない。

  • 一帯は埋め立てによって作られた人工的な岬で、それに沿う形で港が立地する。県道から離れていないところに広めの有料駐車場やトイレがあり、レストランなどもある。そのためファミリーフィッシング向けに人気のある釣り場でもある。

  • およそ2kmにわたる海岸で、複数の堤防と、磯、河口、砂浜などが揃っていて、ポイントに恵まれた釣り場である。これだけのバリエーションを有していながら、周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があり、充実している。

  • 立ち入りが制限されている場所が複数あるものの依然として魅力的な釣り場である。全国的に釣り人のマナーが問題視され、釣りが制限されている場所が増えているので、振る舞いには気をつけたい。周辺施設には大型の駐車場のほか、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 温水が流れ出るポイントなので年中水温が安定しており、四季を通じて色々な魚を狙うことができる。ただし中潮、大潮だと足元が確実に濡れるのでウェーダーやスパイクブーツを着用しよう。周辺施設には駐車場とコンビニがある。

  • サーフィングなどのマリンスポーツが盛んな場所で、夏場は海水浴場にあるため、釣り人にとっては肩身が狭い釣り場かもしれない。ここでは河口が主なポイントになる。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、わりと充実している。船が係留されているので、細心の注意を払うこと。

  • 小坪港は映画のロケ地としても使われる場所で、景色が良い。ただし国道からこの港に行き着くには大きく寄り道をしなければならず、釣り人の姿は多くない。マリーナでは釣りができないため、護岸外側のテトラ帯で釣りをすることになる。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 国道のすぐ下に位置するポイントだが、駐車できるところが近くにないので、釣り人はあまり居ない。最近まで周辺施設には駐車場とトイレがあったのだが現在はなくなっている。釣り場から徒歩で7分くらいのところに有料の駐車場がある。江ノ島電鉄の長谷駅から遠くない距離になるので電車で釣行するのが苦にならない釣り場だ。

  • THA湘南といった風な海岸だが、海底は全体的に岩礁帯で水深がないため、竿を出せるとことが少ない。おまけに夏場はサーフィン客が大勢いるので釣りがしづらい。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 海が荒れているときは危険を伴うポイントもあるが家族連れでやってくる釣り人もいい。駐車場から少し離れたところに釣り場があるにもかかわらず、潮通しもよく、足場も良いので夏場のサビキ釣りシーズンは混雑覚悟で臨むことになるだろう。スパイクブーツ、ウェーダーを持参すれば、陸続きの磯に入釣することもできる。周辺施設は充実していないので、準備万端で臨むこと。

  • 江の島裏磯と呼ばれる釣り場で、ここに入るためには正面の参道から歩くか、片瀬から出ている観光渡船で入ることになる。江の島で一番大きく釣りやすい磯で通称大平と呼ばれていて、外海側がクロダイの好ポイントである。磯全体で足場が良いため多くの釣人が訪れ年中混雑している。周辺施設は充実していないので、しっかり準備してから入釣しよう。

  • 有料の駐車場があるが早朝は空いていない。いくつものポイントに分かれており、年中家族連れやカップルで賑わう。ただし、常連が多く、出したいところに竿を出せないことが多々あるので、竿を出すまで時間がかかる場合が多々ある。最近になって「大島」という一級の磯に渡し船が出るようになったが、平日はやっていないことがあるので要確認。

  • 新水族館側には綺麗整備された広い駐車場がある。トレイもすぐ近くにあるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としては人気の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがありわりと充実している。釣具店が近くにないので、あらかじめ用意していこう。

  • 引地川は規模としては中規模のものである。夏は海水浴客やサーファーがおしかけるので、釣りにならない。夏に竿を出すなら早朝か夕方からにしたほうがよいだろう。周辺施設には駐車場、トイレ、ファミリーレストランなどがあり充実しているが近くに釣具屋はない。

  • 3.5kmに渡る海岸で、空気が澄み、天候が良ければ富士山の姿を確認することもできる。夏場は海水浴場として開放されるのに加え、年中サーファーが押し寄せるので、キャスティングするときは注意が必要。

  • 全長1kmに満たない護岸帯で、石積みなので、魚が居着きやすくなっており、魚種が豊富なうえ通年で魚影が濃い。周辺施設にはトイレ、コンビニ、釣具店があり割りと充実しているが、近くに駐車場がない。波をかぶりやすく、足元が滑りやすくなっているので注意が必要。

  • 相模川は神奈川の中でも特に大きな河川で、小さい漁港がふたつある。釣りが制限されているところがほとんどないため、自由に竿を出すことができる素敵な釣り場。周辺施設は非常に充実しており、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店までもある。この釣り場は船の往来が激しいため、トラブルにならないよう注意する必要がある。

  • 船釣り客の間ではよく知られている港で、漁船の停泊地。そのためか一時期は港全体で釣りが制限されていることもあったが一部の釣り人の努力もあり、再び釣りができるようになった。周辺施設には駐車場とトイレがある。きちんとしたマナーで釣行するよう特に心がけていただきたい。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

神奈川の釣船

丸政丸
神奈川県三浦市初声町三戸2449
与兵衛丸事務所
神奈川県三浦郡葉山町堀内50
かじや丸
神奈川県横須賀市秋谷4261
亀蔵丸
神奈川県小田原市東町2丁目8−30
青田丸釣船店
神奈川県横浜市金沢区海の公園5−5

神奈川の釣船一覧 >

神奈川の釣具店

タックルベリー川崎店
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-15-6貝塚ビル1F
上州屋川崎東口店
神奈川県川崎市川崎区小川町16-18川崎第2セントラル
タックルベリー元住吉店
神奈川県川崎市中原区木月4-4-1木月パレス101号
上州屋川崎北加瀬店
神奈川県川崎市幸区矢上13-8
上州屋キャンベル溝ノ口店
神奈川県川崎市高津区下作延4-23-1

神奈川の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP