神奈川の釣り場マップ

神奈川の釣り情報

神奈川は関東の釣り人がこぞって集結するとても人気の高いフィールドである。三浦半島には日本の釣り場を代表するような「油壺」や「ヌスットガリ」などの一級の地磯も多く、元々は荒磯だったところにつくられた小漁港も多数存在する。整備が行き届いた規模の大きい漁港は足場もよく家族連れの釣り人が、港内に入ってきたアジやイワシを狙って足を運ぶ。初心者からベテランまでが楽しめる幅の広いフィールドだ。
関東の海岸線は砂浜地形になっているところが多いのが、神奈川県の海岸線沿いは磯や岩場などの荒い地形になっている所が多い。またすぐ沖合の海底は砂地になっている場合が多く、岩礁帯と砂地帯が交じり合い、カケアガリや根が走っているポイントも多く、魚が棲み着きやすい環境が整っている。春になると海岸沿いは場所によって藻が茂りだし、こうした産卵場を求めてイカ類やクロダイなどの色々な魚が接岸する。
夏から秋にかけてはソウダガツオや小ぶりなカンパチがや小魚を追って接岸し港内入ってくる。冬になって気温が下がってくると、クロダイやメジナなどの人気者の魚たちが旬をむかえ、竿先を一気に海面まで引き込んで多くの釣り人を魅了する。四季を問わず色々な魚が釣り人を楽しませてくれるのだ。

エリアから釣り場を絞り込む

神奈川の釣り場

  • 諸磯 エリア:三浦

    外海に突き出した岬で、潮通しがよく、水深もそこそこあるので、人気の釣り場だ。夏の終わりにはイナダやワラサが回遊してくる。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、充実しているが、入釣するには私道を通る必要があるのでマナーをしっかり守りたいところだ。駐車するときは青少年センターの駐車場を利用すること。

  • 白須護岸 エリア:三浦

    三方向を建物や丘で囲まれていて、多少の風があっても安心して竿を出せる好ポイント。海底は基本的に砂地で水深は4mないくらい、投げ釣りで望むのがよい。周辺施設には駐車場とコンビニがある。立ち入り制限やコマセの撒けない場所もあるので、掲示物の指示には従うこと。

  • 名向崎 エリア:三浦

    非常に潮通しの良い小さな岬。釣り場に向かうには少々歩かなければならない。周辺施設には駐車場とコンビニがある。満潮時には確実に足元が濡れるため、場荒れしていない。ブーツかウェイダーは必須だ。

  • 油壺 エリア:三浦

    非常に広いポイントで、年中釣り人の姿が絶えない人気ポイント。ほとんどのポイントが駐車場から離れていないのが魅力的。温水が流れ出る排水口や水路の周辺では年中魚の活性が高く、魚の居着く環境が整っている。周辺施設には駐車場のほか、コンビニやトイレがあり充実している。近くには東大臨海実験所や、油壺マリンパークがある。

  • 横堀海岸 エリア:三浦

    水深が浅く、沖の方でも4mないくらい。場所によっては浅すぎて釣りにならないほどの場所もある。海底は岩礁帯と砂地が交互に入り交じる。そのため色々な魚を狙うことができる好ポイント。周辺施設には駐車場やコンビニ、釣具店などがあり充実している。

  • 小網代堤防 エリア:三浦

    堤防の右手は海底が岩礁帯、左手は平坦な砂地が続く。入釣経路を通ると必ず濡れてしまうので、ウェーダーの着用は必須。堤防の右側はテトラになっており、ここで色々な魚をターゲットに釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場とコンビニがある。釣り場までは少々歩かなければならないが、それだけの価値はある釣り場。

  • 三戸急坂下 エリア:三浦

    小さな磯で、クロダイが居着くのによさそうな環境が整っている。磯の水深は全体的に4mないくらいで釣りやすい。ただし場所によっては満潮時や波の強い日は、海水をかぶってしまうところもあるので気をつけよう。周辺環境には駐車場、トイレ、コンビニがあり、わりと充実している。

  • 三戸浜堤防 エリア:三浦

    家族連れの釣り人が多いポイント。堤防の左側の海底は岩礁帯で、テトラで覆われている。右側は砂地で、平坦な海底だが、船着場になっているので竿を出せるポイントが少ない。周辺施設には釣り場すぐそばの駐車場と、トイレ、コンビニがあり、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 三戸海岸 エリア:三浦

    この海岸では砂浜から狙うことになるが、沖合に根が広がっているので、投げ釣りで良い実績を誇る。夏場は海水浴場になるので、釣りはできない。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレがあり、わりと充実している。

  • 黒崎の鼻 エリア:三浦

    黒崎の鼻は古くから黒鯛釣りの名所として知れていて、沖に向かって細長く突き出た磯場である。立入りが制限されているところも、ところどころあるので、看板の指示に従うこと。近くには駐車場がなく、入釣する際は「三戸海岸の駐車場」を利用すると良い。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。

  • 矢作の磯 エリア:三浦

    水深の浅い磯なので、満潮時には沈んでしまうところがあり、また足場も悪い。ウェーダーの着用をおすすめしたい。場荒れしていないので好ポイントであるが北側の護岸地帯は一帯が工事中のため立ち入りが制限されている。周辺施設には駐車場とコンビニ、釣具店がある。

  • 左右を岩場に囲まれた海岸で、根掛りすることの少ない投げ釣りの好ポイント。岩場ではウキ釣りを楽しむこともできる。夏場は海水浴場になるので周辺施設が充実しており、無料で広い駐車場や、綺麗に整備されたトイレがあり、近くにコンビニや釣具店も立地している。ファミリーフィッシング向けの釣り場だ。

  • 佃嵐崎 エリア:三浦

    佃嵐崎は両側をハナレ根に囲まれている小さな磯である。磯全体はそこまで水深がない。周辺施設には駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があり充実している。車で釣行するときは「和田長浜海岸の駐車場」を利用すると良い。根が多いので潮の流れが複雑になってしまい、釣りづらい。そのためか場荒れしていないのが特徴。

  • 暮浜港は奥まったところにある小さな港で、左右に伸びる堤防から釣る。小さい港でありながら魚影も濃く、豊富なターゲットに恵まれている。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。磯のあるポイントには干潮時に渡るかウェーダーを着用していくことになる。

  • 荒崎 エリア:三浦

    景勝地としても有名だが、磯釣りのポイントとしても名高い。名前の割に海が荒れていない日は、子連れで訪れる釣り人も多いほどにおとなしい磯だったりする。ただし怪我をしやすいところもあるので注意したい。周辺施設に駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があり、年中釣り人がこの磯を訪れる。

  • 扇状に広がる磯場で、磯全体、洗濯岩のようにミゾが走っているため非常に足元が悪い。また満潮時になると水に浸かるところも多く、波も被りやすので注意が必要。先端まで出ると足元が安定する。静かな日には小物で遊ぶのも良いかもしれない。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり充実している。

  • 荒井港 エリア:三浦

    小さな港で、大半の釣り人は近くの「荒磯」に入釣するが、海の荒れた日には、存分に楽しむことができる。普段は小物釣りで遊ぶ子連れの釣り人が多い。船が多い時は竿を出すスペースが限られてくるので注意が必要。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、わりと充実しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としては人気が高い。

  • 広い港ではあるのだが、ほとんどの場所で釣りが制限されており、釣り目的での立ち入りは東側にある「松崎堤防」に限られるだけになっている。堤防の足元下は砂地だけでなく岩礁帯も入り混じるので魚種が豊富なためファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。周辺施設にはコンビニと釣具店がある。

  • 周辺では割と規模の大きい港で、前田川や堤防周辺の岩礁、砂浜があるなど、ポイントが非常に豊富。釣りができるスペースも広いため、通年で竿を出すことができる好ポイント。おまけに周辺施設が充実しており、駐車場、コンビニ、トイレ、釣具店があるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場として人気が高い。

  • 奇岩「立石」がそびえ立つ磯で、浮世絵のモデルになったこともある。以前は釣り人でごった返していたらしいが、最近は割と空いているらしい。磯全体が低く満潮時には海水に浸かるところが多くいので、装備は厳重にして望みたい。ライフジャケットも着用していこう。近くの駐車場は、夏場にはかなリ混むので注意が必要。周辺施設にはコンビニ、トイレ、釣具店があり充実している。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

神奈川の釣船

丸政丸
神奈川県三浦市初声町三戸2449
与兵衛丸事務所
神奈川県三浦郡葉山町堀内50
かじや丸
神奈川県横須賀市秋谷4261
亀蔵丸
神奈川県小田原市東町2丁目8−30
青田丸釣船店
神奈川県横浜市金沢区海の公園5−5

神奈川の釣船一覧 >

神奈川の釣具店

タックルベリー川崎店
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-15-6貝塚ビル1F
上州屋川崎東口店
神奈川県川崎市川崎区小川町16-18川崎第2セントラル
タックルベリー元住吉店
神奈川県川崎市中原区木月4-4-1木月パレス101号
上州屋川崎北加瀬店
神奈川県川崎市幸区矢上13-8
上州屋キャンベル溝ノ口店
神奈川県川崎市高津区下作延4-23-1

神奈川の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP