神奈川の釣り場マップ

神奈川の釣り情報

神奈川は関東の釣り人がこぞって集結するとても人気の高いフィールドである。三浦半島には日本の釣り場を代表するような「油壺」や「ヌスットガリ」などの一級の地磯も多く、元々は荒磯だったところにつくられた小漁港も多数存在する。整備が行き届いた規模の大きい漁港は足場もよく家族連れの釣り人が、港内に入ってきたアジやイワシを狙って足を運ぶ。初心者からベテランまでが楽しめる幅の広いフィールドだ。
関東の海岸線は砂浜地形になっているところが多いのが、神奈川県の海岸線沿いは磯や岩場などの荒い地形になっている所が多い。またすぐ沖合の海底は砂地になっている場合が多く、岩礁帯と砂地帯が交じり合い、カケアガリや根が走っているポイントも多く、魚が棲み着きやすい環境が整っている。春になると海岸沿いは場所によって藻が茂りだし、こうした産卵場を求めてイカ類やクロダイなどの色々な魚が接岸する。
夏から秋にかけてはソウダガツオや小ぶりなカンパチがや小魚を追って接岸し港内入ってくる。冬になって気温が下がってくると、クロダイやメジナなどの人気者の魚たちが旬をむかえ、竿先を一気に海面まで引き込んで多くの釣り人を魅了する。四季を問わず色々な魚が釣り人を楽しませてくれるのだ。

エリアから釣り場を絞り込む

神奈川の釣り場

  • クロダイのヘチ釣りの名所としてファンの間では絶大な人気を誇る防波堤。クロダイの他にもスズキ・アイナメ・カサゴ・カレイなど様々な魚種が狙える神奈川随一の好漁場。最も南にある新堤・赤灯は足下が波に洗われる所があるので、ウェーダー着用が必須。上級者向けと言える。

  • 古くから漁師町として栄え、近年ではヨットハーバーなどレジャー客向けの施設整備が進んでいる場所。潮の満引きが強いため、入り組んだ湾でも多くの魚が入り込んでくる。

  • 横須賀では貴重な広々とした敷地でのんびりと釣りを楽しめる公園。釣り場が広いため、本格的な投げ釣りも気兼ねなく楽しめる良スポット。駐車場もあるため、ファミリーフィッシングにも最適の場所。

  • 第二次大戦中に要塞として利用されていた東京湾唯一の自然島。近年まで一般人の立ち入りが認められていなかったため、いまでも豊かな自然が残されている。

  • 三春町岸壁の横に造られた無料の海づり公園。綺麗に整備されているが、釣り場は潮通しが良く非常に魚影が濃いため、休日には家族連れで賑わう人気のポイント。

  • 地元の釣り人たちが足繁く通う好漁場。見た目は何の変哲もない岸壁だが、魚影が非常に濃い意外性のあるポイント。すぐ近くに大型の釣具店があるのが何かと便利。

  • 観音崎の北側に位置し、山に抱かれるかたちとなる釣り場。周囲に駐車場はなく、アクセスに難があるためあまり釣り人は多くないが、東京湾に面しているため実績は十分の穴場的ポイント。

  • 観音崎京急ホテルの下にある浅瀬の磯。のんびりとした雰囲気で、近くに貸しボート屋や日帰り温泉施設があるのが嬉しい。

  • 東京湾に突き出した岬全体が公園となっている観音崎は、駐車場やトイレも整備されているため釣り場として人気が高い。基本的に周囲は磯で囲まれているが、2ヶ所ほど浜が点在している。

  • 古くから天然の良港として栄えた場所。三方を小高い丘に囲まれているため、多少の風は苦にならない。奥深い港は魚類の宝庫である。市街地からそう遠くないところに位置しており、交通の便はとても良い。釣り場の周囲に駐車場が少ないのが残念。常に大型船が停泊しているので釣り場所は限られてくるが桟橋や岸壁で釣果を期待できる。

  • 周囲は公園として整備されており、港口ということもあって非常に潮通しの良いポイント。すぐ近くに遠瀬の砂浜海岸があり、沖には海藻帯が広がっていて、魚影も濃い。足元が滑りやすい低い岩場では波に注意する必要がある。

  • 電車やバスといった公共交通機関が充実しており、釣り場へのアクセスは非常に良い。駐車スペースは少ないが周辺正接は充実している。広大な港内には、浅瀬から深場、砂泥、岩礁とポイントが豊富。大潮時ではなく、小潮、中潮のほうが港内の潮の動きが活発になるのが特徴。

  • サーフは岩盤と砂地混じりで、一荒れごとに砂地の環境が変化する。高い位置から海を観察して臨みたい。潮の流れが早いため海水浴場にはなっておらず、通年で投げ釣りを楽しむことができる。釣り場は北から「病院下」、「マンション前」、「野比川河口付近」の3つに大別される。

  • 潮流が非常に早いが、毎年シロギスが絶好調である。夏場の最盛期はチョイ投げでもヒットする。長浜駅徒歩圏内で、海岸沿いを国道134号が走っているため、周辺施設が充実しており、ファミレス、コンビニがある。ただし駐車場が少ないのが難点。

  • 三浦海岸 エリア:三浦

    砂地の三浦海岸には珍しく海中の岩盤帯や砂のくぼみが目立つように異なる。海岸沿いの県道にはコンビニや無料の駐車スペースがあり人気の釣り場であるが、夏場や海水浴場客で賑わうため、釣り場が限られてくる。釣果が期待できる釣り場で、投げ釣りファンの間でやよく知られている。

  • 金田海岸 エリア:三浦

    サーファーや釣り人でいつも賑わっている三浦海岸から一転して、この釣り場や静かな浜である駅から離れているうえ、駐車場も少ない。のんびりと釣りを楽しみたい人にはオススメの釣り場で、付近の金田港では小さな市が開かれるので、併せて楽しみたい。

  • 雨崎 エリア:三浦

    浦賀水道に面しているせいか、磯がちな周辺とは違って、穏やかな地形である。砂浜と砂浜の間に幾つかの岩場が張り出している地形だ。この磯は東に開けた磯なので、西側からの強い風が吹いても竿をだすことが可能であるが、東側からの風が吹くと非常に釣りがしづらくなるのが難点。周辺施設には駐車場とコンビニがあるが、釣具店が離れているので必要な物はあらかじめ購入して入釣しよう。

  • 長手鼻 エリア:三浦

    岩場と砂浜で入り混じった磯のひとつで、砂浜から大ききく離れた岩場が釣り場になる。駐車場からすぐの場所にあるので気軽に足を運ぶことができる。周辺施設にはコンビニがあり、人気の釣り場である。いろいろな釣法で狙うことができ、ターゲットが豊富なこともあって四季を通じて釣りを楽しむことができる。

  • 大浦 エリア:三浦

    大浦は砂浜で、南北には岩が貼りだしており、北側が「海水浴場下の磯」、南側は「火ヶ崎」と地元の釣り人に呼ばれている。磯場、砂浜ともに、かなりの魚影がある。周辺施設には駐車場とトイレがある。メジナの魚影がとても濃いと評される良磯。

  • 間口港 エリア:三浦

    船釣り客がよく利用する規模の大きな港で、港の左側には堤防と岸壁が位置するが、釣り禁止のエリアも多く、釣りのできるエリアは港内と港外の磯に限定される。足場が安定している岸壁では、家族連れで釣りにきている人々の姿も確認できる。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

神奈川の釣船

丸政丸
神奈川県三浦市初声町三戸2449
与兵衛丸事務所
神奈川県三浦郡葉山町堀内50
かじや丸
神奈川県横須賀市秋谷4261
亀蔵丸
神奈川県小田原市東町2丁目8−30
青田丸釣船店
神奈川県横浜市金沢区海の公園5−5

神奈川の釣船一覧 >

神奈川の釣具店

タックルベリー川崎店
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-15-6貝塚ビル1F
上州屋川崎東口店
神奈川県川崎市川崎区小川町16-18川崎第2セントラル
タックルベリー元住吉店
神奈川県川崎市中原区木月4-4-1木月パレス101号
上州屋川崎北加瀬店
神奈川県川崎市幸区矢上13-8
上州屋キャンベル溝ノ口店
神奈川県川崎市高津区下作延4-23-1

神奈川の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP