千葉の釣り場マップ

千葉の釣り情報

千葉は関東で最大の海釣りフィールドである。千葉の釣り場をおおまかに把握するには、房総半島の東側と西側とで分けて考えるといいだろう。房総半島の東側は、九十九里浜に代表されるように海岸地形が続いていて、海底の大部分が砂地で構成されている。黒潮が温暖な気候をもたらし、竿を出すと一面に広大な太平洋が広がっていている。のどかさを感じずにはいられない。
東側は大小60にのぼる海水浴場が整備されいて、消波堤などの人工物がたくさんある。こうした人工物が魚には棲家を、釣り人には足場を提供しているかたちになっている。昔から投げ釣りファンの心を掴んで離さない。一方、東京湾に面している房総半島の西側は、自然豊かな太平洋側とは対照的で、工業地向けに整備されているところが多い。巨大な倉庫やビルなどの人工物が、近代的な風景をおりなしている。
釣り場は東京湾の中にあるので波風が穏やかな傾向がある。一級河川の河口部などの汽水域多く、色々な種類の釣り場があるのが特徴である。房総半島には、夏から秋にかけてソウダガツオや小型のカンパチなどの釣り味も食味も人気が高い回遊魚が接岸するので、これを狙って関東の釣り人たちが集結する。釣り場によっては釣り人が堤防の上にズラリと並ぶことも珍しくなく、海釣り施設や周辺の釣具店が賑わう。千葉県というフィールドがいかに日本の魚釣り文化を支えているのかがうかがえる。

エリアから釣り場を絞り込む

千葉の釣り場

  • 乙浜港のちかくに、2つの海水浴場があり、それぞれに隣接する形で立地しているのが「名倉港」、「塩浦港」である。いずれも湾奥に位置しており浅場なので、静かに釣りを楽しむことができる。周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店があり、割と充実している。

  • 乙浜港は南房でも有数の規模の大きな漁港で、通年で釣り客が訪れる超人気フィールド。港内の水深は6mほどで、船道が2本あるのため潮通しも良い。様々な魚種をターゲットにでき、広い駐車場とトイレが整備されており、また近くに釣具店があるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 陸地に向かって大きく掘り込まれたところに位置する漁港で、千倉大橋がその上を通っている。奥まったところに位置していると印象をもたれているからか、釣り人が押し寄せることは少なく、穴場の釣り場である。周辺施設には駐車場、トイレがあるが釣具店が近くにないので、あらかじめ必要なものは準備して入釣したい。

  • 道の駅「千倉潮風王国」の両脇にそれぞれ「大川港」、「千田港」が立地している。「大川港」は磯に囲まれているので、釣りをする人はこの磯場に入釣する。「千田港」は付近一帯でも大型の漁港であるが、堤防の先端は釣りが禁止されているので意外にも竿を出せるところが少ない。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 南房でもとりわけ岩礁帯の続く地形に立地している複数の漁港郡。それぞれが小規模で、いずれも3名程度しか竿を出すことができないのだが、イシダイや良型のクロダイが潜んでおり、優良な釣り場がたくさんある。周辺には駐車場と釣具店がある。車を乗り入れるところがほとんどないので、路肩駐車になることを覚悟しておこう。

  • 南房最大の漁港で、「千倉港」、「平舘港」が合わさった形で立地している。赤灯台の下周辺以外は基本的にどこからでも竿を出すことができる。どこでも車を横付けして釣りができる。周辺施設には駐車場、トイレがある。周辺の港で釣り人の残すゴミが問題になり、入釣が制限されているゲースがあるので、マナー違反はしないこと。

  • 白子港は南房の岩礁エリアに立地する漁港だが港の北側は長い砂浜があり、港内は砂地と岩礁帯が入り混じっている。白子港は港内に車を乗り入れることができない上、近辺に駐車スペースはない。迷惑駐車は控えよう。周辺施設には駐車場(期待できない)とトイレがある。

  • 和田港は以前は複数あった漁港が統一されたもので、イシダイやサヨリの名所として知られている。港の堤防の外側はテトラ帯になっており、この周辺は魚影が非常に濃い。港内は基本的に砂地で各種小物釣りを楽しむにはよいポイントである、周辺施設には駐車場、トイレ、釣具店がある。

  • 江見港 エリア:鴨川

    国道128号線の近くにある、堤防と磯場のある漁港で、足場も安定しており、家族釣れの釣り人で賑わう。港の近くの磯は規模は小さいとはいえ、外洋に面していることもあり、海面の状況によっては危険が伴うので、スパイクブーツの着用を推奨したい。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 太夫崎港 エリア:鴨川

    太夫崎港は最近の改修工事で大きくなった漁港で、沈み根がいくつか走っており、海底の起伏に富む好ポイントだ。港の入り口「鴨川オーシャンパーク」があり、広い駐車場があり周辺施設は充実しているが、釣具店が近くにないので、入釣する前に必要な物は予め準備しておきたい。

  • 「小正月港」と「天面港」は国道128号沿いにある漁港だ。ただし国道から近いように感じられるが、駐車スペースがほとんどないのが難点である。そのほかの周辺施設もないに等しいので、必要なものは準備して入釣したい。

  • 太海港 エリア:鴨川

    「太海港」は磯釣り師にとっては馴染みのある港で、太海沖磯への渡し船が多く係留されている。竿を出すなら右側の堤防と、観光船桟橋がおすすめ。注意したいのは4月から12月はコマセの使用が禁止されていることで、また、周辺の道路は狭い上、港内に車を乗り入れることは禁止されていること。車を停める場合は、観光船用の有料駐車場をりようすることになり、釣り場まで少々歩くことは覚悟しておこう。

  • 鴨川港 エリア:鴨川

    鴨川港は左右から堤防がのびている形をした漁港で、書いては基本的に砂地である、堤防はとても大いので台風の日も港内が荒れ散らかすことはほとんどない。規模の大きな漁港なので、足場が安定していることもあり、家族連れの釣り客が多く訪れる。周辺施設には、駐車場、トイレコンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • ヨットハーバーの一部が釣り場として開放されている。堤防には転落防止のフェンスが設置されていることもあり、子連れでも安心して入釣できる。付近に河口があるので汽水域があるので釣り場としてはバリエーションに富んでいるのが特徴だ。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニがあり、非常に充実している。

  • 浜荻港 エリア:鴨川

    「浜荻港」は浅い岩礁帯の上に建設された漁港で、海底が変化に富んでおり、磯釣りの対象魚を足場の良いところから狙うことができるので、人気の釣り場だ。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 天津港 エリア:鴨川

    外房でも有数の規模の大きな漁港で、最寄り駅から徒歩で10分ほどしか離れていないこともあって、人気の釣り場である。足場の良い堤防、磯場があるなど、釣り場としてはバリエーションに富んでいるのが特徴。広い堤防には車の乗り入れも可能だ。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。家族連れの釣り客も多い。

  • 「寄浦港」は人気の高い釣り場であったが、テトラから釣り人が転落する事故が相次ぎ、現在は場所によってはフェンスが張ってあり、入釣することができない。「小湊港」は禁漁区や船が多く係留されていることもあって、竿を出せる場所が少ない。「ルアー禁止」、「エギング禁止」などの注意書きがされていることもあり、制限がなのかと多い。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり、非常に充実している。

  • 大沢港 エリア:勝浦

    「大沢港」は左右から堤防がのびている形の漁港だが、いずれの堤防も先端付近が立入禁止になっている。港の後ろ側には山があるので、北風には大変強い。外海が荒れている日は、良型のメジナやクロダイが入ってくるので釣果が期待できる。足元が岩礁帯の場所もあるので、この周辺では多少強引なやりとりが必要になる。周辺施設はほとんど無いに等しい。

  • 浜行川港 エリア:勝浦

    浜行川港は周囲を山に囲まれている比較的規模の小さな港で、外房では珍しく、外海が荒れている日でも安心して竿を出すことができる釣り場だ。周辺施設には駐車場とトイレがある。港の規模からは想像できないような大物が潜んでいることで知られているので立ち寄ってみる価値はある。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

千葉の釣船

新海荘
千葉県鴨川市太海浜79
ショウコウマル
千葉県安房郡鋸南町勝山305
こめや荘
千葉県銚子市外川町1丁目10677
松鶴丸
千葉県いすみ市大原758
ウィズオーシャン
千葉県勝浦市墨名565−162

千葉の釣船一覧 >

千葉の釣具店

キャスティング東千葉店
千葉県千葉市中央区東千葉2-31-19
ポイント千葉蘇我店
千葉県千葉市中央区川崎町1-34GLOBO内
タックルベリー千葉都町店
千葉県千葉市中央区都町2-33-15
プロショップフジオカ
千葉県千葉市中央区今井3-22-14
上州屋キャンベル稲毛店
千葉県千葉市稲毛区稲毛1-14-12

千葉の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP