千葉の釣り場マップ

千葉の釣り情報

千葉は関東で最大の海釣りフィールドである。千葉の釣り場をおおまかに把握するには、房総半島の東側と西側とで分けて考えるといいだろう。房総半島の東側は、九十九里浜に代表されるように海岸地形が続いていて、海底の大部分が砂地で構成されている。黒潮が温暖な気候をもたらし、竿を出すと一面に広大な太平洋が広がっていている。のどかさを感じずにはいられない。
東側は大小60にのぼる海水浴場が整備されいて、消波堤などの人工物がたくさんある。こうした人工物が魚には棲家を、釣り人には足場を提供しているかたちになっている。昔から投げ釣りファンの心を掴んで離さない。一方、東京湾に面している房総半島の西側は、自然豊かな太平洋側とは対照的で、工業地向けに整備されているところが多い。巨大な倉庫やビルなどの人工物が、近代的な風景をおりなしている。
釣り場は東京湾の中にあるので波風が穏やかな傾向がある。一級河川の河口部などの汽水域多く、色々な種類の釣り場があるのが特徴である。房総半島には、夏から秋にかけてソウダガツオや小型のカンパチなどの釣り味も食味も人気が高い回遊魚が接岸するので、これを狙って関東の釣り人たちが集結する。釣り場によっては釣り人が堤防の上にズラリと並ぶことも珍しくなく、海釣り施設や周辺の釣具店が賑わう。千葉県というフィールドがいかに日本の魚釣り文化を支えているのかがうかがえる。

エリアから釣り場を絞り込む

千葉の釣り場

  • 西浜堤防 エリア:富浦

    西浜堤防は三浦新港の近くにある堤防で、粒の粗い砂地と岩礁帯が入り混じる遠瀬のポイントである。水深はないが、海底が変化に富むので魚種が豊富で活性も高い。周辺施設は駐車場、トイレ釣具店があり充実している。

  • 丸山堤防 エリア:館山

    丸山堤防は中級者以上向けの釣り場であり、堤防の先端付近は満潮時に水没するほか、中腹以降は傾きのある足元に苦しむことになる。入釣経路は住宅地を通ることになるためくれぐれもマナー違反をしないこと。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり充実している。

  • 船形港 エリア:館山

    船形港は家族連れに人気のある釣り場で、足場がよく車が横付けできる。海底は岩礁帯と砂地まじりであるが水深はほとんどない。ただし堤防の先端はそこそこ水深がある。周辺施設には駐車場、コンビニ、釣具店があり、充実している。

  • 北条桟橋、ヘッドランドは湾の奥に位置する北条海岸から突き出す堤防郡が釣り座になる。近くに海水浴場があるので夏場は釣りができる時間が限られている。周辺施設は非常に充実しており、広い駐車場やトイレ、コンビニ、ファミレス、釣具店もある。家族連れの釣り人も多い

  • 築港堤防 エリア:館山

    築港堤防は湾の奥に位置する堤防で、湾に位置していながら潮通しが良い。水深もそこそこあるので、堤防釣りを充分に楽しむことができるが、駐車スペースが限られるので休日でも釣り客はそこまで多くない。主な釣り場はやはり堤防の周辺で、その他は常時船が係留されているので竿を出すのはおすすめしない。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 自衛隊堤防 エリア:館山

    自衛隊堤防は沖に向かって伸びる非常に長い堤防で、南房でも人気の釣り場である。足場が安定しており、海底が砂地でテトラも敷き詰めらてていないので釣りがしやすい。船が係留されているのでその周囲では注意すること。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 沖ノ島護岸 エリア:館山

    沖ノ島護岸は海上自衛隊舘山航空基地を囲む護岸帯。沖ノ島への入口に車を横付けできることもあり、多くの釣り客で賑わう。護岸の足元は石積みがあり、竿一本分むこうまでは石積みが沈んでいる。それから先は岩礁帯、更にその先は砂地が混じる。周辺施設にはトイレ、駐車場、コンビニ、釣具店があり非常に充実している。

  • 大小7つの漁港、堤防からなる釣り場で、最近拡張された浜田堤防以外は規模の小さな堤防。国道からやや離れていることもあり、地元の釣り人が多い。一帯の海底は岩礁混じりなどで魚影が濃い。アマモが繁茂するので釣りづらい時期もある。周辺施設には駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり非常に充実している。

  • 洲ノ崎北港 エリア:館山

    岬を挟みこむようにして立地しているのが「州崎北港」と「州崎西港」である。岬の周辺は磯場が多く、港内の堤防で竿を出す人はむしろ少ないといえる。海底環境は岩礁帯、沖の方は砂地が入り混じる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 洲ノ崎西港 エリア:館山

    岬を挟みこむようにして立地しているのが「州崎北港」と「州崎西港」である。岬の周辺は磯場が多く、港内の堤防で竿を出す人はむしろ少ないといえる。海底環境は岩礁帯、沖の方は砂地が入り混じる。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 西川名港 エリア:館山

    西川名港は、周辺を岩礁帯にか囲まれた小さな漁港で特に外海が荒れた時に優良な釣り場になる。禁猟区に指定されている所もあり、右側の堤防では釣りが制限されている。外海が荒れていない日は小物で遊ぶような釣りになるので事前に海上の情報を収集してのぞみたい。周辺施設には駐車場と釣具店がある。

  • 伊戸港 エリア:館山

    伊戸港は一見周囲を磯に囲まれているように見えるが、海底は砂地混じりの岩礁帯である。水深はそこまでないが、外海が荒れると、魅力的な釣り場に化ける。港左側は禁漁区になっているいるので非常に魚影が濃いのだがこの周辺で竿を出せるところは限られている。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 相浜港 エリア:館山

    相浜港は長大な砂浜岸壁に位置する漁港である。周辺施設には駐車場、トイレがある。近くに釣具店はないが、港口のスーパーで食料のほか、基本的な釣具や仕掛け、餌なども販売されており、足りない分はここで購入するとよいだろう。

  • 布良港 エリア:館山

    布良港は比較的規模の大きい漁港であるが最近各所で入釣制限がされており、魅力が下がったと言われている。しかし規模が大きいため竿を出せるとこはまだまだ多く港内での釣果も期待できる。周辺施設には駐車場があるくらいなので必要なものは準備してのぞむのがよい。

  • 根本港は以前まで規模の小さな漁港であったが最近拡張故事がなされたので、規模が大きくなった。この港の周囲は岩場が多く投げ釣りには向かないが、海底が岩礁帯なので堤防から磯物を狙えることができるということで人気の高い釣り場だ。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 砂取港は浅い海岸に作られた漁港で、海底は岩礁帯。港内外ともに水深が浅いので、濁りが入りやすい。港は3本の堤防があるが左手の堤防は途切れ途切れになっており入釣できない。釣り場は車を寄せやすいこともあり、家族連れの釣り客が多く入釣する。周辺施設には駐車場とトイレがある。

  • 比較的穏やかな海外線の中でも磯がちな漁港で、周囲が小島や岩で覆われている。港内の右側には駐車スペースがあるが、基本的には漁港関係者のためにも整備されているので、迷惑駐車には気をつけたい。漁業関係者方の迷惑になるような行為は慎むこと。

  • 房総半島の南側にある野島崎の付け根を東西に挟むように位置するふたつの漁港が「野島西港」と「野島東高港」である。立地上非常に優れている上、周辺施設は非常に充実しており、すぐ近くに広い駐車場、トイレが完備されており、釣具店もある。そのためかファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 岩目港、小戸港ともm砂場と岩礁帯が交互に入り混じるような地形が続くところに位置する漁港で、それぞれから渡し船が出ている。いずれも岩礁帯で囲まれているので魚影がそこそこ濃い。国道からすぐのところにあり、広めの駐車場、トイレが整備されており、波も穏やかなのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 原港 エリア:白浜・千倉

    原港は砂場と岩場のちょうど境目に気づかれた規模の小さな漁港で、海水浴場と隣接している。西側は凹凸のある岩場になっているのが特徴。潮通しがよく、外海の荒れる日は実績が高い。周辺施設には駐車場があるだけだ。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

千葉の釣船

新海荘
千葉県鴨川市太海浜79
ショウコウマル
千葉県安房郡鋸南町勝山305
こめや荘
千葉県銚子市外川町1丁目10677
松鶴丸
千葉県いすみ市大原758
ウィズオーシャン
千葉県勝浦市墨名565−162

千葉の釣船一覧 >

千葉の釣具店

キャスティング東千葉店
千葉県千葉市中央区東千葉2-31-19
ポイント千葉蘇我店
千葉県千葉市中央区川崎町1-34GLOBO内
タックルベリー千葉都町店
千葉県千葉市中央区都町2-33-15
プロショップフジオカ
千葉県千葉市中央区今井3-22-14
上州屋キャンベル稲毛店
千葉県千葉市稲毛区稲毛1-14-12

千葉の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP