北海道の釣り場マップ

北海道の釣り情報

自然豊かな北海道の魚釣りは魅力的である。本州の繊細さが要求されるようなスタイルと違って、北海道の釣りは基本的には投げ釣り・ブッコミ釣りでアプローチするのが普通。釣り物は磯がちなところではアブラコやカジカを筆頭に根魚がよく釣れて、砂地がちなところではクロガシラガレイやマコガレイなどに代表されるような平物がよく釣れる。
サケ、カラフトマスなどのマス類ゲームも人気が高く、時期になると海岸や堤防に釣り人がズラリと並ぶ光景を目にすることができる。防波堤の釣りといえば、本州では春のおわりから秋のはじまりにかけてサビキでアジ、サバ、イワシなどをサビキで狙うのが定番であるが、ここ北海道ではチカ、コマイ、ニシンなど、本州とはまったく違った魚種が家族連れの釣り客をもてなしてくれる。
自然豊かな北海道の魚はやはり食味が抜群。数も期待できるとあって、簡単に夕食のおかずを確保することができるだろう。サケに代表されるよに、魚種によっては釣りが制限されている時期、場所があるので、ルールを正しく守って、釣り場として開放される場所が少しでも減ってしまわないことを祈りたい。
最後に、北海道の冬はとても厳しく、港がまるまる凍結することも珍しくない。冬にシーズンインするターゲットも多いので、しっかり防寒をして、スパイクシューズをなるべく持参して釣行しよう。

エリアから釣り場を絞り込む

北海道の釣り場

  • 松前港 エリア:松前

    松前港は「弁天島」を利用してつくられた港。規模がとても大きいので一日で攻略することは不可能。加えて釣り物が大変豊富とあって、とても人気のある釣り場である。釣りのほかにも「松前城」などを始めとして釣り以外にも見どころが多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 函館港 エリア:函館

    函館といえば世界的にも夜景の美しい場所として知られている。「函館山」と「亀田半島」を結ぶ砂地続きの地形が生んだ自然の造形美によってもたらされたものであるが、この地形の西側全域に広がっているのが函館港である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 大澗漁港 エリア:函館

    大澗漁港は、周辺の釣り場の中でも比較的規模の大きな釣り場。釣り人が押しかけるような釣り座はあまりなく、数はあまり期待できないが、良型が揃うのが嬉しい。アタリがあるたびにドキドキするので魅力的な釣り場である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 恵山漁港 エリア:函館

    恵山(えさん)漁港は後ろに山があり、冬の北西の風に強いので、重宝したいポイント。根魚の居着きがよく、アブラコやウサギアイナメがメインのターゲットになる。根掛りの多い釣り場なので、日中に海底の障害物を確認しておくとよい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 森港 エリア:函館

    森港は立入りが制限されている場所が多い釣り場。港の右側の「東防波堤」の港内側にはホタテ作業船が係留されていて、特徴的な風景を織り成している。釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 黒岩漁港は砂地につくられた港。そのため、港内、港外とも根掛り無縁の砂地。のんびりとカレイ類などを相手に魚釣りを楽しむことができる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 国縫(くんぬい)漁港は、個性的な形状をした港で砂時計の上半分のような形をしている。周辺は砂地で、港内ももちろん砂地。釣り場から300メートル離れたところに駐車場があり、トイレもそこにあるので女性や家族を連れての釣りも安心である。

  • 長万部(おしゃまんべ)漁港は砂地海岸につくられた港で、根掛りとは無縁の砂地地帯。冬場の北西よりの風に強く、冬場は重宝したい。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 中歌漁港は、岩場、防波堤などがあり、変化に富んでいる釣り場である。海底は岩や根がいくつもあり、遠投しても砂地があまりないので、基本的には根魚を相手に釣ることになる。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

  • 鵜泊(太櫓)漁港は海面からいくつも岩が顔を出しているので、根魚主体の釣り場のように思われるが、港の左半分は基本的に砂地なのでカレイ類なども相手にできる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 鵜泊漁港は、堤防の沖側にもれなくテトラが入っている釣り場。根魚がメインの釣り場になるかと思われるが、カレイ類や、マス、サケなどを狙う人が多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 宮津漁港 エリア:奥尻島

    宮津漁港は、奥尻島につくられた漁港で西風に強く、冬場には重宝したい。釣れる魚種はとても豊富だが、根掛りの多いポイントなので、これが少々ネックである。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 稲穂(勘太浜)漁港は、奥尻島につくられた漁港で、とても人気の高い釣り場。外海はかなり荒く、根掛りは必至。ただし遠投すれば砂地なのであまり根掛りしない。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 稲穂漁港 エリア:奥尻島

    稲穂漁港は奥尻島に作られたみなと。島にある漁港の中で最も北に位置している。クロガシラガレイとカジカがよく釣れることで知られている。沖にある一文字堤防は、渡船で入釣できる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 神威脇(かむいわき)漁港は奥尻島の西海岸に作られた港。海底は基本的に岩礁帯。驚くほど大きなクロゾイがかかることもあり、スリリングな釣りを楽しむことができる。温泉が近くにあるので、疲れた体を休ませるには最適である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 青苗漁港 エリア:奥尻島

    青苗漁港は奥尻島につくられた港。ここは大型のクロガシラガレイが釣れることで知られている。40センチ級が比較的楽に釣れるということで、初心者からベテランまで幅広い層を魅了する釣り場である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 赤石(奥尻)漁港は奥尻島の東側につくられた港である。砂地が多い釣り場なので、カレイ類を狙うのに適している。釣り場の近くには駐車できるスペースがある。港内にはトイレがないが、車で一分ほどの距離にある公園のトイレを利用するのが良いだろう。

  • 太田漁港は中規模の釣り場で、海底は砂地と岩礁帯が交互に入り交じる。根魚中心の釣りになる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 上浦(都)漁港は近くにホッケ釣りで有名な「小歌岬」があるので、あまり混雑しない釣り場。港口が狭いので、魚の入りはよろしくないが、各堤防の先端から外海を攻略すると色々な魚を相手にできる。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

  • 宮野漁港は堤防が一本つきでているぐらいのシンプルな構造の港。北西よりの風に強いので、冬場は重宝する釣り場。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

北海道の釣船

民宿オホーツク
北海道常呂郡佐呂間町字浜佐呂間254
苫小牧釣船協同組合
北海道苫小牧市字錦岡270−357
スターマリン株式会社
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
株式会社エルム
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
福沢正義つり船
北海道山越郡長万部町字静狩

北海道の釣船一覧 >

北海道の釣具店

マイロッホ
北海道札幌市北区北19条西2丁目1-41ヴィラN-19
フィッシュランド新川店
北海道札幌市北区新川五条1丁目
フィッシュランド太平店
北海道札幌市北区太平五条1丁目
フィッシュランド環状通北郷店
北海道札幌市白石区北郷三条1丁目
武美新さっぽろ店
北海道札幌市厚別区厚別東2条1丁目2番地26

北海道の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP