北海道の釣り場マップ

北海道の釣り情報

自然豊かな北海道の魚釣りは魅力的である。本州の繊細さが要求されるようなスタイルと違って、北海道の釣りは基本的には投げ釣り・ブッコミ釣りでアプローチするのが普通。釣り物は磯がちなところではアブラコやカジカを筆頭に根魚がよく釣れて、砂地がちなところではクロガシラガレイやマコガレイなどに代表されるような平物がよく釣れる。
サケ、カラフトマスなどのマス類ゲームも人気が高く、時期になると海岸や堤防に釣り人がズラリと並ぶ光景を目にすることができる。防波堤の釣りといえば、本州では春のおわりから秋のはじまりにかけてサビキでアジ、サバ、イワシなどをサビキで狙うのが定番であるが、ここ北海道ではチカ、コマイ、ニシンなど、本州とはまったく違った魚種が家族連れの釣り客をもてなしてくれる。
自然豊かな北海道の魚はやはり食味が抜群。数も期待できるとあって、簡単に夕食のおかずを確保することができるだろう。サケに代表されるよに、魚種によっては釣りが制限されている時期、場所があるので、ルールを正しく守って、釣り場として開放される場所が少しでも減ってしまわないことを祈りたい。
最後に、北海道の冬はとても厳しく、港がまるまる凍結することも珍しくない。冬にシーズンインするターゲットも多いので、しっかり防寒をして、スパイクシューズをなるべく持参して釣行しよう。

エリアから釣り場を絞り込む

北海道の釣り場

  • 赤石漁港は新・旧ふたつの港で構成されている釣り場。どちらかというと新しい港のほうが竿を出しやすく、釣り座として適しているのでおすすめだが、あまり好釣果のきかれる釣り場ではない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 茶津漁港は、かなり小さな釣り場。カーナビで辿り着くのも困難。海底に走っている溝の周辺以外はあまり釣りにならない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがなく、トイレやコンビニも近くにない。

  • 敷島内漁港は国道からすぐ入釣できるのでアクセス良好な釣り場である。全体的にかなり浅いので釣りに適していない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 幌漁港は、港の左側にゴロタ浜が広がっているのが特徴。このへんには秋にサケ狙いで多くの釣り人が訪れる。港内は通年でチカが狙えるとのこと。札幌からだけでなく、旭川方面から訪れる人も多い。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 須築(すっき)漁港は、北海道の南、せなた町の北端に位置している漁港。周辺の海岸は断崖絶壁が続く。水深があるので良型が期待できる魅力的な港だ。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 美谷(瀬棚)漁港は左右を岩場に囲まれた港で、地元の釣り人の間ではホッケの名所として知られている。シーズンになると多くの釣人が訪れる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 吹込漁港は、「美谷(瀬棚)漁港」と「須築漁港」の間に位置している釣り場だ。前記の2つのポイントとくらべ、ホッケの最盛期を迎えるのが二週間ほど遅れる傾向にあるが、釣果が期待できる人気の釣り場である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 虻羅(あぶら)漁港は、左右が岩場や岩盤帯で囲まれているが防波堤の周囲は砂地で構成されているなど、釣り座によってアプローチを変えるのが必要な釣り場。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 瀬棚港は釣れる魚種がとても豊富で四季を通じて竿を出すことができる魅力的な釣り場である。道内では珍しく(?)渡船を利用して沖堤防に入釣することができる。規模が大きな釣り場だが、最盛期は釣り人でごった返す。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 奥尻港 エリア:奥尻島

    奥尻港は、日本海に浮かぶ「奥尻島」につくられた島内最大の港。良型がバンバン釣れるうえ数釣りも期待できるので、人気。足場も良好なのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 上浦漁港は、周辺の釣り場の中でも比較的大きな漁港。堤防の沖に面している側はテトラが高く積まれていて竿を出すことができない。したがって堤防から狙う場合は港内側をねらうことになる。釣れる魚種が豊富なので五目釣りも可能。魅力的な釣り場である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 久遠(くどう)漁港は、昔からホッケの好釣り場として知られてきた。シーズンインするとどこから竿を出してもホッケを狙うことができる素敵な釣り場である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 関内漁港は岩場を利用してつくられた港で、海底はバラ根が点在しておりポイントによっては根掛りが頻発して大変な思いをすることも。とにかく魚種が豊富で、型も安定する傾向にある。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 熊石漁港は、道内の釣り場の中でもトップクラスに広大な釣り場である。港口が広いので、魚の入りは大変良く、色々な魚を相手に釣りを楽しむことができる。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 相沼漁港はシーズン中でもあまり混雑しない釣り場。左右を岩場で囲まれているので根掛りが多発するが場所によっては砂地もある。周辺の釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 豊浜漁港は、もともと岩礁であったところにつくられた港なので根掛りが多発する釣り場である。道内でメジャーな釣り物であるホッケやカレイ類などを狙うことができ、数も型も安定する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 江差港は、「かもめ島」を利用してつくられた港である。「西防波堤」と「西外防波堤」はテトラでつながっているが、入釣はできないものとして考えるべき。入釣する際は渡船を利用しよう。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 上の国漁港は近くを流れる大河川の影響で栄養が豊富。そのためカレイ類の魚影が濃く地元の釣り人に愛されている。地元の釣り人だけでなく、函館や札幌から釣り人が訪れる。シーズン中は釣り人でごった返す魅力的な釣り場である。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 江良漁港 エリア:松前

    江良漁港は周辺の釣り場のなかでも大規模な漁港で、「新港」と「旧港」で構成されている。右手側が「新港」で、左手側が「旧港」。色々な釣り物を相手にできるが魅力で、春よりも秋のほうが釣果が安定する。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 静浦漁港 エリア:松前

    静浦漁港は、海底が基本的井岩盤でとても荒く根掛りが多発するポイント。あまりカレイ類がのぞめないように思われるが、意外にこの釣り場はカレイ類の名ポイント。年によってはイカ類も好調である。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

北海道の釣船

民宿オホーツク
北海道常呂郡佐呂間町字浜佐呂間254
苫小牧釣船協同組合
北海道苫小牧市字錦岡270−357
スターマリン株式会社
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
株式会社エルム
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
福沢正義つり船
北海道山越郡長万部町字静狩

北海道の釣船一覧 >

北海道の釣具店

マイロッホ
北海道札幌市北区北19条西2丁目1-41ヴィラN-19
フィッシュランド新川店
北海道札幌市北区新川五条1丁目
フィッシュランド太平店
北海道札幌市北区太平五条1丁目
フィッシュランド環状通北郷店
北海道札幌市白石区北郷三条1丁目
武美新さっぽろ店
北海道札幌市厚別区厚別東2条1丁目2番地26

北海道の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP