北海道の釣り場マップ

北海道の釣り情報

自然豊かな北海道の魚釣りは魅力的である。本州の繊細さが要求されるようなスタイルと違って、北海道の釣りは基本的には投げ釣り・ブッコミ釣りでアプローチするのが普通。釣り物は磯がちなところではアブラコやカジカを筆頭に根魚がよく釣れて、砂地がちなところではクロガシラガレイやマコガレイなどに代表されるような平物がよく釣れる。
サケ、カラフトマスなどのマス類ゲームも人気が高く、時期になると海岸や堤防に釣り人がズラリと並ぶ光景を目にすることができる。防波堤の釣りといえば、本州では春のおわりから秋のはじまりにかけてサビキでアジ、サバ、イワシなどをサビキで狙うのが定番であるが、ここ北海道ではチカ、コマイ、ニシンなど、本州とはまったく違った魚種が家族連れの釣り客をもてなしてくれる。
自然豊かな北海道の魚はやはり食味が抜群。数も期待できるとあって、簡単に夕食のおかずを確保することができるだろう。サケに代表されるよに、魚種によっては釣りが制限されている時期、場所があるので、ルールを正しく守って、釣り場として開放される場所が少しでも減ってしまわないことを祈りたい。
最後に、北海道の冬はとても厳しく、港がまるまる凍結することも珍しくない。冬にシーズンインするターゲットも多いので、しっかり防寒をして、スパイクシューズをなるべく持参して釣行しよう。

エリアから釣り場を絞り込む

北海道の釣り場

  • 岩内港は、積丹半島の西の付け根にある港。周辺の港の中でもとりわけ好釣果が望めるので人気の高い釣り場である。規模も大きく港のあちこちで竿を出すことができる魅力的な釣り場である。渡船は漁協の裏から出ていることが分かっているが、あまり情報が無い。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 千走漁港は、もともとカレイ釣りで知られている。外海が荒れている時にアメマスが港内まで避難してくるので大釣りができることも。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがあるほか、ちはせ川温泉、道の駅「よってけ!島牧」などの観光名所がある。

  • 浜益(郡別)漁港は、周辺の漁港と比べて大漁の話がきかれないのであまり入釣する人は多くない。ゆっくりと魚釣りを楽しむにはもってこいの釣り場である。港内からチカも狙えるのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の周辺には駐車スペースくらいしかないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 濃昼漁港は周辺を山に囲まれているので、冬の北西の寄りの風に強い釣り場。海底は基本的に岩盤やゴロ石で、魚種は豊富だが、数釣りにはあまり期待できない。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 祝津漁港は、鰊御殿、おたる水族館や食堂などの観光スポットがいくつかあるので色々な人が訪れる。海底は基本的に岩盤・玉砂利なので根掛りが激しいのがネック。釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 塩谷漁港は、最近の港の改修工事によって釣り座ががくんと減ってしまった釣り場である。夜間は港のゲートが閉鎖されるので入釣することができないので注意しよう。釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 忍路漁港は周囲が断崖に囲まれているので、港内の海底環境も荒ように思われるが、あまり根掛りしない釣り場である。春先はカレイの釣り客で賑わう。「釣り場の近くには釣り人が駐車できるスペースがあるが、トイレがない。近くのコンビニを使わせてもらおう。

  • 余市河口漁港は釣り方は、もしくは立ち入り自体が制限されている場所が多い。だが開放時間が指定されているものの「釣りデッキ」があるのが魅力。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 出足平漁港はかつては229号線沿いにあった釣り場だったが、近くにトンネルができたことで、国道からほとんど見えなくなってしまった。釣り場の規模は比較的小さいので手返し良く、くまなくあちこちを探ってみよう。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 島泊漁港は、沖に向かって一本のびている堤防があるくらいの、ごく普通の堤防。海底がかなり根が荒く根が掛かりは頻発する。外海が荒れて近場の磯での釣りができなくなると、この場所で大釣りができることもある。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 古平漁港は積丹半島の東側に位置している漁港。この漁港は何本も堤防が突き出していて、複雑なつくりになっている。周辺の釣り場に比べて規模が大きく、探り甲斐がある。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 幌武意漁港は入江につくられた東向きの漁港。背後は断崖絶壁だ。冬の北西よりの風が強くなる時期は重宝する。外海が荒れている日も魚が避難してくるので、思わぬ大釣りに恵まれることがある。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 入舸(いりか)漁港は、入江のような地形につくられた漁港である。無茶をしなければ港内は足元が安定していて、初心者も安心して釣りを楽しむことができる。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 日司(ひづか)漁港は、大岩をいくつか取り囲むようにしてつくられた港である。落とすれる釣り人が少なく、穴場的な釣り場である。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 野塚漁港はカレイ類がからっきし釣れないので訪れる釣り人があまりいないが、冬から春にかけて回遊してくるアメマスを狙うことができる。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 余別(来岸)漁港はプレジャーボートの基地として利用されている。規模の小さな港で、周辺の釣り場と比較してあまり魚影が濃くない。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 余別漁港は、中規模の釣り場。港内はどの場所でも魚影が濃いのが特徴である。外海を狙ってみるのもおもしろく、カレイ類が積極的にくってくる。年によってはマメイカが港内まで回遊してくるので釣具屋さんできいてみよう。周辺の施設は充実しており、駐車スペース、トイレ、コンビニがある。

  • 神岬(こうざき)漁港は海岸像の防潮堤がかなり高く国道から見えにくいので穴場的な釣り場である。半島地形から突き出したところに位置しているので潮通しがよく、ホッケの好釣場として知られる。釣り場の付近には駐車スペースがあるが、トイレ、コンビニは近くにないので、必要な物は準備して釣行しよう。

  • 川白漁港は訪れる人が少ない釣り場。冬の北西の寄りの風にめっぽう弱いのが弱点であるが、地元の釣り人にはホッケの好釣り場として知られている。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 珊内漁港は、春のホッケが爆釣することで知られている釣り場。港の沖側には岩場があり小規模ながら変化に富んでいる釣り場だ。釣り場の近くに駐車スペース、トイレがあるが、近くにコンビニがないので、必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

北海道の釣船

民宿オホーツク
北海道常呂郡佐呂間町字浜佐呂間254
苫小牧釣船協同組合
北海道苫小牧市字錦岡270−357
スターマリン株式会社
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
株式会社エルム
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
福沢正義つり船
北海道山越郡長万部町字静狩

北海道の釣船一覧 >

北海道の釣具店

マイロッホ
北海道札幌市北区北19条西2丁目1-41ヴィラN-19
フィッシュランド新川店
北海道札幌市北区新川五条1丁目
フィッシュランド太平店
北海道札幌市北区太平五条1丁目
フィッシュランド環状通北郷店
北海道札幌市白石区北郷三条1丁目
武美新さっぽろ店
北海道札幌市厚別区厚別東2条1丁目2番地26

北海道の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP