北海道の釣り場マップ

北海道の釣り情報

自然豊かな北海道の魚釣りは魅力的である。本州の繊細さが要求されるようなスタイルと違って、北海道の釣りは基本的には投げ釣り・ブッコミ釣りでアプローチするのが普通。釣り物は磯がちなところではアブラコやカジカを筆頭に根魚がよく釣れて、砂地がちなところではクロガシラガレイやマコガレイなどに代表されるような平物がよく釣れる。
サケ、カラフトマスなどのマス類ゲームも人気が高く、時期になると海岸や堤防に釣り人がズラリと並ぶ光景を目にすることができる。防波堤の釣りといえば、本州では春のおわりから秋のはじまりにかけてサビキでアジ、サバ、イワシなどをサビキで狙うのが定番であるが、ここ北海道ではチカ、コマイ、ニシンなど、本州とはまったく違った魚種が家族連れの釣り客をもてなしてくれる。
自然豊かな北海道の魚はやはり食味が抜群。数も期待できるとあって、簡単に夕食のおかずを確保することができるだろう。サケに代表されるよに、魚種によっては釣りが制限されている時期、場所があるので、ルールを正しく守って、釣り場として開放される場所が少しでも減ってしまわないことを祈りたい。
最後に、北海道の冬はとても厳しく、港がまるまる凍結することも珍しくない。冬にシーズンインするターゲットも多いので、しっかり防寒をして、スパイクシューズをなるべく持参して釣行しよう。

エリアから釣り場を絞り込む

北海道の釣り場

  • 東浦漁港は、昔はコマイの好漁場として知られていたが、堤防が2つできた影響で、港内に回遊してくるコマイの数が極端に減った。現在はコマイにかわってチカやニシンの好釣り場として知られている。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 宗谷(珊内)漁港は、比較的規模の小さな港である。港内には珊内川が流れ込んでいて、魚影が濃い。オススメの釣り場はクロガシラガレイで、これを専門に狙う釣り人が多い。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 宗谷(清浜)漁港は、海底が砂地と岩盤が入り混じっており、良型のカジカ、クロガシラガレイの好釣り場である。最盛期には多くの釣人が足を運ぶ。釣り場の近くには駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 宗谷漁港は小規模の港。規模も小さく、また港口も小さいので、魚があまり入ってきそうにない。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースが確保されておらず、トイレやコンビニも離れているので注意しよう。

  • 声問(こえとい)漁港は、「声問川」の左岸につくられた港である。港内、港外ともに海底は砂地で構成されており、根掛りが少なく釣りやすい。足場も安定しているのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 恵山泊(えさんどまり)漁港は、大型のカジカがヒットすることで知られている。「ノシャップ岬」につくられた漁港で、海底は岩盤とコンブ根、砂地が混在している。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 西稚内漁港は地元の釣り人にサケが釣れることで知られている港である。港は稚内市街からほど近いところにり、規模は小さめである。近年のサケの放流事業により、サケ釣りの名所になった。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 抜海漁港は、以前は投げ釣りの好釣り場として知られていたが、最近の改修工事の影響で、港口が狭くなった影響で魚の入りが悪くなり、今ではサケの好釣り場として認知されるようになった。近くには釣り人が駐車できるスペースが確保されておらず、近くにコンビニなどがないが、港内にトイレがある。

  • 鴛泊(おしどまり)港は、利尻島観光の拠点となる海の玄関口。この港は大型の漁船が往来するので、水深がある。海底は変化に富んでいて、岩盤、砂地、コンブなどが混在している。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 新湊(栄浜)漁港は、周辺に魅力的な釣り場が多いので、面白みにかけるこの釣り場にはあまり脚光を浴びない。海底は岩礁帯なので根掛りが多発する。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 新湊漁港は、利尻島内の漁港の中では規模が大きい。海底はおおむね岩礁帯で、根が走っており、根掛りが多発する。ロックフィッシュがメインの釣り物になるが秋にはサケが回遊してくることもある。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

  • 沓形港は、利尻島ー礼文島間を結ぶフェリーの発着場なので、規模が大きく、水深もそこそこある。海底は岩盤と砂地が入り交じっていて、根掛りが多発する。釣り場の近くに駐車場があるほか、トイレとコンビニも近くにあるので、周辺の施設は充実している。

  • 仙法志漁港は、利尻島の南側に位置している漁港だ。季節風の影響を受けやすいので、防波堤は何重にも敷設されている。海底は砂地、コンブが入り混じり、根掛りが多発する。釣り場の近くには駐車場とトイレがあるが、コンビニなどは離れたところにあるので、食べ物、飲み物の準備をしたうえで入釣しよう。

  • 南浜漁港は利尻島にある港である。形状がとてもシンプルなので、見た目は面白みにかけるが、地元の釣り人の間ではソイの好釣り場として長年親しまれてきた。以前ほどは釣れなくなってしまったが、最近は50センチを超えるカジカやアブラコ狙いでやってくる釣り人が多い。釣り場の周辺には釣り人向けに整備された駐車スペースが確保もなく、トイレもない。車を少し走らせるとコンビニがある。

  • 鬼脇港は利尻島の東側に位置している港である。秋にサケが回遊することで知られており、「サケ釣り大会」が開催されることでも有名。海底はおおむね砂地なので、根掛りが少なく釣りがしやすい。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 旭浜(鬼脇)漁港は、利尻島の東側に有る漁港である。規模としては小さめの漁港で、海底は変化に飛んでおり、ゴロ石、砂地、根が入り混じっている。この釣り場はルアー釣りでターゲットを狙う人が多いという特徴がある。投げ釣りの釣果はあまりきかれない。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 雄忠志内(おちゅうしない)漁港は利尻島の北側に位置している漁港である。規模としてはそこまで大きくないものの、大型船が往来するので、水深があるのが特徴。海底は砂地と岩礁帯が入り混じっており、根掛りすることがある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 船泊港は礼文島の北側に位置している港である。過去に記録に残るようなクロガシラガレイやアブラコが釣り上げられた実績が残っている。そのため島外から遠征してくる釣り人も少なくない。海底は変化に富んでいて、砂地、岩礁、根が入り組んでいる。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 浜中漁港は礼文島の北側に位置する漁港だ。観光名所として有名な「スコトン岬」に向かう途中にある。釣り場の近くに駐車場があるものの、コンビニ、トイレ、釣具店が近くにないので、必要なものはあらかじめ準備して入釣しよう。

  • 浜中(江戸屋)漁港は礼文島の北側に位置している漁港だ。「ドド島展望台」の真下に位置している。港の周囲は岩盤で囲まれていて、海底は砂地と岩礁帯が入り混じっている。根が掛かりが多いので仕掛けなどは多めに持参しよう。周辺施設には駐車場、コンビニなどがあり、充実しているが、釣り場の近くに公衆トイレがないので留意しておこう。

ジャンルから絞り込む

ターゲットから絞り込む

北海道の釣船

民宿オホーツク
北海道常呂郡佐呂間町字浜佐呂間254
苫小牧釣船協同組合
北海道苫小牧市字錦岡270−357
スターマリン株式会社
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
株式会社エルム
北海道室蘭市絵鞆町4丁目2−14
福沢正義つり船
北海道山越郡長万部町字静狩

北海道の釣船一覧 >

北海道の釣具店

マイロッホ
北海道札幌市北区北19条西2丁目1-41ヴィラN-19
フィッシュランド新川店
北海道札幌市北区新川五条1丁目
フィッシュランド太平店
北海道札幌市北区太平五条1丁目
フィッシュランド環状通北郷店
北海道札幌市白石区北郷三条1丁目
武美新さっぽろ店
北海道札幌市厚別区厚別東2条1丁目2番地26

北海道の釣具店一覧 >

▲PAGE TOP