"堤防"に該当する釣り場(1/5ページ)

  • 釣り場写真

    小木港の周辺は足元がよくて、とても釣りやすい。加えて潮通しがよく、水深もそこそこあるのでアーゲットにできる魚種も豊富である。能登半島全体で見ても屈指の人気釣り場である。ちなみに下記に紹介する地磯の先端はクロダイの好釣場であるが、こちらへ入釣するには駐車場の広場から回りこむようにして入るのが良い。渡船を利用するときは早めに連絡&予約することをおすすめする。

  • 釣り場写真

    多くの釣り人がこの橋を利用して「響灘埋立地」へ入釣する。しかしこの橋の下も一級ポイント。釣り場の近くには釣り人向けに整備された駐車スペースがない。道沿いに駐車することは可能なので、マナーを守って車を停めよう。徒歩圏内にコンビニがないが、公園内にトイレがある。飲食物を準備していこう。

  • 釣り場写真

    長大なテトラ堤だ。これがいい感じの漁礁になって、好釣り場となっている。魚影はかなり濃いが、足場がかなり悪いのでファミリーフィッシングには向かない。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースが整備されている。歩いて行ける距離にコンビニはないが、釣り場の中にトイレがあるので、子どもや女性を連れての釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    「響灘埋立地」という巨大な人口島の南東の角に作られた波止である。地元の釣り人には「軍艦波止」の名称で親しまれてきた。釣り場の近くには釣り人が利用できる駐車スペースが整備されている。歩いて行ける距離にコンビニはないが、釣り場の中にトイレがあるので、子どもや女性を連れての釣行も安心だ。

  • 釣り場写真

    旧日鉄桟橋跡は地元の釣り人の間では大物が狙えることで知られている。この釣り場は網が入っていることが多いので、キャストする際には十分に注意する必要がある。そもそも釣りにならない場合もあるので、釣り座を選定する前に状況をよく確認する必要がある。周辺施設には駐車スペースがあるくらいで、釣り場の中にトイレがなく、歩いていける距離にコンビニなどもない。必要な物はあらかじめ準備してのぞみたい。

  • 釣り場写真

    樫野は、堤防の外向き、内向きともに水深がある程度あるので、大型が期待できる。近くには駐車場、トイレ、食堂などの施設が充実しているので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。この釣り場は夜釣りが禁止されているので、注意すること。

  • 釣り場写真

    紀伊大島の白野港は近くに海水浴場があり、夏場は海水浴場客で賑わう。堤防の内向きと外向きのどちらから竿を出してもよい。この釣り場は夜釣りが禁止されており、また港内へ車を乗り入れる場合は夏に500円、それ以外に1000円を支払う必要がある。

  • 釣り場写真

    南部堺は、周辺の釣り場の中ではもっとも規模の大きい釣り場である。メインポイントは堤防の先端部分とその付け根。周辺施設には、駐車場、トイレ、コンビニ、釣具店などがあり、非常に充実しているが、駐車場から釣り座となる場所までの距離がけっこうあるので、キャリーがあるととても便利である。

  • 釣り場写真

    印南は、周囲が岩礁帯に囲まれているので堤防がメインの釣り場である。波止の沖に面している側は、テトラが乱雑に積まれているので、足元には注意する必要がある。堤防のほかには、その根元の埋立地も釣り場になる。ここは車を横付けできるので、ファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

  • 釣り場写真

    柏は規模の小さな港である。小規模ながら砂浜と波止、石積みの堤防などがあり、色々なポイントを釣り座にすることができる。周辺施設には駐車場、トイレなどが完備されていて、足場もよいのでファミリーフィッシング向けの釣り場としても人気が高い。

<前のページ12345

他のジャンルから絞り込み

▲PAGE TOP